« 有給休暇前半戦~京阪新塗色篇 | トップページ | 夏モデル »

有給休暇後半戦~廃線跡紀行篇

京阪の撮り鉄の後は、またしても一休へ行こうと思っていたのですが、
酔っぱらいに絡まれ、守口市で予定外の途中下車をしてしまったため、
送迎バスにタッチの差で乗れませんでした。
次のバスまで40分弱。
本屋で立ち読みをしましたが、まだまだ時間が残ってます。

ふと思い出しました。
以前から気になっていた、野田の廃線跡。
野田の駅の貨物線のさらに外側に地上へ降りる線路があったと思われる
スロープ?の名残があります。

Wikipediaによると昭和54年まで大阪市中央卸売市場への貨物線が
ここから分岐していたそうです。
いつも車窓観光していましたが、30分あれば西九条→野田歩けそうと
この廃線跡を探訪してみることにしました。

野田の駅で貨物線から分岐した線路はこのスロープを降りてきます。

画像
ここまでは現存しています。 野田駅に向かうと民家の隙間からこの高架が残っていることも確認できました。 フェンスで封鎖をされていますが、フェンスの内側にマネキン?銅像?が立っています。 なぜ??

この写真の背中側は廃線の名残はなく、民家が建ち並んでいました。

しばらく環状線と平行して地上を走った後、
某病院前で環状線のこうかをアンダークロスします。

画像

高架の下の線路跡はタイムズになっていました。

このあとは病院の右を緩やかに左カーブしつつ、市場へ向かっていくようです。

画像
この先の廃線跡は遊歩道?として整備されているようで、 地図で確認すると緩やかな弧を描きながらこの小道が市場へ続いています。 そういえば、京阪京津線の御陵付近の廃線跡と同じような感じです。 大阪市場線は単線だったのか、径が細いですが。

もう30年も前のことになりますが、
ここをディーゼル機関車が走っていたのかと思うと、なんだか感傷的になりますね。
また時間のあるときにこの先も訪ねてみたいと思います。

その後、無事に送迎バスに乗り、3時間弱スーパー銭湯を満喫した有休の一日でした(爆)

|

« 有給休暇前半戦~京阪新塗色篇 | トップページ | 夏モデル »

鉄道」カテゴリの記事

JR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有給休暇後半戦~廃線跡紀行篇:

« 有給休暇前半戦~京阪新塗色篇 | トップページ | 夏モデル »