« 京阪正月ダイヤのおさらい(前編) | トップページ | HYBRID W-ZERO3 内覧会 »

寝屋川の休車たちの現状 ~10.01.06

2602Fの動向も気になっていましたので、
今日のお昼前に寝屋川車庫へ行ってきました。

まずは萱島へ向かう区間急行の車内からです。

_MG_4380
2612と2607がぽつんと留置されていました。
昨日の夕方には2707の姿もありましたが、2707は確認できず。

_MG_4381
別角度から見てみると、入場線に2351と2909の姿が見えました。

_MG_4383
萱島で下車し、車庫に向かう途中、7203Fと会いました。

車庫に着いて真っ先に目に飛び込んできたのが
現役5連車2624Fと2628Fの並びです。

_MG_4385
その左には2602-2702-2802と2712-2812が分割されて並んで留置されていました。

_MG_4386
そしてその左には、現役5連車2609Fと唯一の半端車となる6551が並んでいました。

_MG_4387
6551は2812のいるところに留置されていましたが、
本線よりのこの位置(2909がいたところ)に移されたようです。

_MG_4390
2800系を3両並べて撮ってみました。
奥から2809、2802、2812です。

_MG_4388
2602-2812の中間車として組み込まれていたので、
2802の顔を正面から見るのは初めてです。

_MG_4389
こちらは2812です。
分割されたということで、ドキドキしていましたが、
車番や社章は外されておらず、ほっと一安心です。

が、

_MG_4393
2712の側面にひび割れ発見。
痛々しいです・・・

_MG_4395   
2712とその奥が2602です。

車庫の東側に回れば、2909の姿が見えるはず!と勇んで向かいましたが、

_MG_4396
そこに2909の姿はなく、構内入替車と奥に2612が見えました。
萱島から車庫へ戻ってくる間に工場内に移されてしまったのでしょうか。

車庫の正面に回ると・・・

   _MG_4399
左側に2612と右側に2607が並んでいました。
その奥では重機が頻繁に動き、片付けをしているようでした。

_MG_4400 
そこへ2621Fがやって来ました。

_MG_4401 
2621Fが引き返していくところで、2612、2607、2621の並びを撮りました。

車庫の西側に回るとちょうど2601Fが車庫に戻ってきたところでした。

_MG_4403 
2612、2607、2601(顔半分だけ)の並びです。

_MG_4407
今日も訪問した時間が悪く、入れ替り立ち替り折り返しの電車がやって来て、
なかなかいい写真が撮れません。
2612と2607の並びの写真だけ撮って泣く泣く帰ってきました。

帰りの区間急行の車内からです。

_MG_4410
1時間前には確認できた2351と2909の姿が確認できませんでした。

_MG_4411
そして2607の後ろにはシートが詰まれていました。

今日のお昼までのまとめです。

2807 解体済み(01/05)
2707 解体済み(01/06)
2607 解体線に留置中
2612 解体線の向こうの線に留置中
2909 入場線→工場内に移動?
2351 入場線→工場内に移動?
2602-2702-2802 新定位置?、解体に向けた作業はされてない模様
2712-2812 新定位置?、解体に向けた作業はされてない模様

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

|

« 京阪正月ダイヤのおさらい(前編) | トップページ | HYBRID W-ZERO3 内覧会 »

京阪」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

2600系」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。いつもご苦労さまです。

順番的にはとっくに解体されていてもおかしくない2612ですが、ガラスや正面方向幕のHゴムまで撤去されているんですね。予備品確保のためなんでしょうか。

投稿: 倶楽部2600(企画係) | 2010年1月 7日 (木) 23時12分

企画係さん、明けましておめでとうございます。

昨日も2612は解体されずでした。
使えそうな部品は取り外されて準備万端っぽいですが、
結局最後まで生き延びそうな感じですね。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: かずゆき | 2010年1月10日 (日) 01時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝屋川の休車たちの現状 ~10.01.06:

« 京阪正月ダイヤのおさらい(前編) | トップページ | HYBRID W-ZERO3 内覧会 »