« 近江湖の辺の道は江若鉄道廃線跡 | トップページ | 京阪京津線旧線の廃線跡をゆく① ~古川町から白川まで »

乙女ヶ池をバックに489系

今日は489系の団臨を撮るため、近江高島へ行ってきました。

京都で廃線跡を巡っていたときはピーカンの良いお天気でしたが、
トンネルを越えるごとにみるみる天気が悪くなり、
生憎の雨模様となってしまいました。

撮影地を探していると、サンダーバードがやって来ました。

_MG_6710
この奥に乙女ヶ池と琵琶湖があるのですが、
もう少し上の方まで登らないと写らなさそうです。

河川の改修工事が行われており、上流にダムがあったのですが、
ダムの手前まで登ってみました。


_MG_6715
棚田を見下ろし、サンダーバードの向こうに乙女ヶ池、
その向こうに集落があり、その奥に琵琶湖が広がります。

天気がよければ、対岸が見えるのでしょうが、この天気ですから・・・

雨がひどくなってきたので、線路の下で雨宿り。

電車が近づく音が聞こえたので、外に出てみると

_MG_6718
113系の8連(湘南4連+N30-湘南-湘南-N30)でした。

_MG_6724
そして489系がやってきました。

_MG_6728
背景が白く飛んでしまっていますが、ここには琵琶湖があるのです。

_MG_6731
金沢方のヘッドマークは白地でしたが、大阪方のヘッドマークは黄色でした。

H03編成は解体されるそうですが、舞浜行きの臨時にも充当されるようですし、
今すぐボンネット車が見られなくなるということはなさそうですが、
あと何度この勇姿を見ることができるのでしょうか・・・

↓応援のクリックよろしくお願いします! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 近江湖の辺の道は江若鉄道廃線跡 | トップページ | 京阪京津線旧線の廃線跡をゆく① ~古川町から白川まで »

鉄道」カテゴリの記事

JR」カテゴリの記事

489系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙女ヶ池をバックに489系:

« 近江湖の辺の道は江若鉄道廃線跡 | トップページ | 京阪京津線旧線の廃線跡をゆく① ~古川町から白川まで »