« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

葬式鉄ってねぇ・・・

2週間ほど前、ミヤネ屋で「鉄」の特集をしていたそうで、
現在育休中の妻が見ていました。

私が帰宅すると、番組の内容を解説してくれたのですが、
「撮り鉄、乗り鉄、録り鉄、駅鉄、収集鉄、葬式鉄・・・
駅鉄以外全部該当するんとちゃうん?」と。
なるほど、駅の構造とかにはあまり興味はありませんが、
写真を撮ったり、鉄道唱歌などのオルゴールを録音したり、
電車に乗って出かけるのも好きですし、
記念カードやグッズ、部品なんかもせっせと集めています。

ただ、葬式鉄ってねぇ。
確かに廃止直前の列車は名残惜しく、
写真を撮ったり、乗りに行ったりいろんなところに駆けつけてますが、
このネーミングは何とかならないのですかね。
2chなどから出てきた言葉でしょうが、縁起の悪い言葉です。
惜別鉄、名残鉄、・・・なんか良い呼び名はないのでしょうか。
(まぁ、無理に●●鉄と呼ばなくてもいいのでしょうが・・・)

4月の惜別鉄は、400系つばさです。
本当は4月18日のラストランに行きたかったのですが、
えきねっとの先行予約で外れてしまったので、
1週間前の「福島地平ホームからラストラン」ツアーに申し込みました。
福島駅では400系と583系が並ぶそうなので、
それが何よりも楽しみです。

桜の季節には大井川鉄道に行きたかったのですが、
さすがに今年は無理そうです。
来年の楽しみにしておくことにします。

このあとも夏には中央線の201系が引退ですし、
今年は名残惜しい別れが目白押しですね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8010Fとのめぐりあわせ

昨日・今日と立て続けに8010Fに乗りました。

昨日は偶数時00分に出町柳を出る特急に充当されていましたが、
ちょうどいい時間に仕事が終わったので、
出町柳で1本快速急行を見送りながら、
B2201A、22時ちょうど出町柳発の特急に乗りました。

昨日は臨時特急で乗れなかったDD車に乗ってみました。
展示会でシートの手すりは更新されているのに気づきましたが、
DD部分の照明カバーが平屋部分と異なっていることに昨日気づきました。

_MG_7129
B2200Aは淀屋橋到着後、寝屋川車庫に引き揚げます。
下車後、先頭車までたどり着くと、すでに正面の幕は黒くなっていました。

こうしてみると正面非常扉の下に水垢がついています。
下半分が黄色や白色だとこういった汚れが目立ちますね・・・

_MG_7131 
4番線の特急が23時に出発するため、
8010Fはほどなく萱島へと出発していきました。

そして今日。
いつも乗るB1410Zに運よく8010Fが充当されていました。
淀屋橋で運転手さん同士が8010Fの運転席について
スイッチの色が変わったり、色々細々と変わっていると雑談をされていました。

_MG_7136 
運転席も客室と同じように木目調のクロスが貼られていましたが、
運転席の機器類で変更された点についてはわかりませんでした。

_MG_7132
ふと見上げると、防護無線が取り付けられていました。

他の8000系もここに取り付けられていましたっけ?
先日、車庫の外から8010Fを観察した際、
運転席上部に違和感を覚えたのですが、原因は防護無線だったようです。

_MG_7138
三条にて。

新しい電車に乗るのは快適ですが、
新車の匂いに今日は少し気分が悪くなりました・・・  

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ターコイズグリーン最後の夜②〜私市→京橋

前回に続き、私市での折り返しからひこぼし送り込み区急までの様子です。

_MG_6940

私が乗ってきた10006Fは2番線に到着。
降車されるお客さんがいらっしゃったので、
まずは1番線に回り、全体を撮りました。

_MG_6941

2番線に戻り正面から撮りました。

この後、一旦改札を出て精算。
まだ少し時間があったので、1番線の先まで走って写真を撮りました。

_MG_6944

写真ではよくわかりませんが、ホームの屋根の向こうに桜が咲いていました。

_MG_6945

10006号越しに桜を入れてみましたが、如何せん暗いのです。

前回撮影した際、この運用の行き先幕は『枚方市』なのか疑問がわきましたが、
この日は『枚方市←→私市』のままでした。

_MG_6946

枚方市到着後、すぐに萱島へ回送されます。
交野線内はワンマン運転ですが、萱島からは区間急行になりますので、
枚方市から車掌さんが乗務されました。

_MG_6951

10006Fが発車後、例のごとく後続の急行で追いかけます。
4番線に上がると、2番線に6001Fの回送が止まっていました。
この日はトップナンバーとよく会う日でした。

_MG_6954

そして京橋まではこれまたトップナンバーの3001Fに乗車。

_MG_6956

そして10006Fの区間急行がやって来ました。
京橋は撮り鉄さん多いかなと思っていましたが、
上りホームに数名いらっしゃっただけで、
普段と特に変わった様子はありませんでした。
ターコイズ10000系って世間では名残惜しく思われてないのでしょうか。

P1050132

念のため、回数券の履歴を貼っておきます。
(行きは別の回数券使用)

次回は中之島駅での様子を紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日・今日の寝屋川車庫 ~10.03.27-28

先週木曜日、ひこぼしの運用に就いた後、
金曜日の朝には工場の横に留置されていた10006Fですが、
金曜日の夕方には入場線に移され、いよいよ検査に入るようです。

_MG_7080
写真は今日、3月28日お昼前の工場前の様子です。

_MG_7083
ピンぼけですが、アップで。

交野線の満開の桜と絡めて撮る夢はかないませんでした。

また、昨日3月27日午前中には8006Fがバラされており、
大阪方が先日8009Fの大阪方が留置されていた場所にいました。

_MG_7039 
ちなみに今日は運用に復帰していました。

さらに、工場のいちばん奥には6014Fと思われる編成。

_MG_7085
こちらもピンぼけの写真で申し訳ありませんが、
2本の8000系の奥に中間車の妻面が見えます。
現在入場しているのは8004Fと6014Fだけだと思うので、
おそらく6014Fの大阪方でしょう。

次に入場するのは・・・?
宇治線の2600系も早めに撮っておかないといけませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時特急『さくらEXPRESS』

今日から春の風物詩『さくらEXPRESS』が運転されました。
今日は1本のみですが、今度の週末は3本ずつ運転されるそうです。

今週末は撮影に行けるかどうか微妙なので、
今朝、古川橋へ撮影に行ってきました。

運がよければ、8010Fとのすれ違いが撮れるかも・・・と
古川橋を選択しましたが、枚方で線路内立ち入り?のため、
下り列車が軒並み遅れ、夢は叶わずでした。

_MG_7053
リニューアルの顔見世興行で8010Fかなとも思っていましたが、
やはり順当に3000系が運用に就いていました。

_MG_7056
_MG_7057
さくらExp.3005Fの姿が見えなくなるやいなや、
遅れていた下りの快速急行がやって来ました。

_MG_7060   
このタイミングなら、大和田ですれ違いが撮れたかもしれないです・・・

_MG_7061
せっかくなので、このあと
今日から定期運用に復帰した8010Fを撮って帰りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8010Fリニューアル車展示会 後編

前回の続き、今回は4号車から京都寄りの様子です。

_MG_7007
4号車はダブルデッカー車。
ダブルデッカー部の内装などは8805号と同様でした。

4号車のみ蛍光灯が電球色になっており、
シートの手すりも4号車のみ丸みを帯びたものに交換されていました。

4号車も車端部がロングシート化されていましたが、
人の多さに写真を取り損ねました・・・

_MG_7009
3号車の様子です。
照明は従来と同様の蛍光灯ですが、
カバーが更新されています。

シートの手すりは色がついているものの、
形状は従来のものと同じです。

気になるつり革は、車端部、ロングシートのところと出入り口の部分に設置、
中央のクロスシートのところにはつり革はありません。

出入り口および京都方ロングシート部分はつり革が高めですが、
大阪方ロングシート、優先座席付近は低めに設定されていました。

座席定員もほとんど変化がなく、個人的に懸念していた吊り広告も設置されず、
個人的には大満足のリニューアルです。

_MG_7011
車端部に設置されたつり革。
白ではないところにエレガントさを感じます。

車内プレートは8805と同じように
3000系のステッカーと同様のものに更新されていました。

_MG_7018
そして、8010の顔を撮りにホームの端へ。
かなり混雑していましたが、発車まで時間があったので、
順番に撮らせていただきました。

_MG_7016
副標は「RENEWAL DESIGN」と「臨」の2枚看板。
  _MG_7021
「臨」の副標です。

_MG_7026
車体側面の様子を撮ってみました。
さすがは出場したばかりで、塗装がピカピカです。

そして、このあと西三荘か大和田辺りへ先回りして写真を・・・と思っていたのですが、
同行していた長男の強い希望で、乗り鉄することにしました。

枚方市で下車。

_MG_7031
5号車、元テレビカーの様子です。
アンテナが撤去され、屋根の上がすっきりしています。
 _MG_7035          
そして、臨時特急は出町柳へと走っていきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8010Fリニューアル車展示会 前編

昨年10月中旬から入場していた8010Fがリニューアル第1号として出場し、
昨日、中之島駅にて展示会が開かれました。

展示会の開かれる3番線に8010Fがやって来ました。
早めに場所取りをしたつもりでしたが、
入線してくるところはうまく撮れませんでした。

_MG_6995
大阪方先頭車の前は人だかりでなかなか近寄れなかったので、
落ち着いてから撮ろうと先に車内に入りました。
(が、後で撮るのを忘れました)

_MG_6996
8010号車の車内。
運転席後ろの通称かぶりつき席はロングシート化されず、
そのままクロスシートで残っていました。

_MG_6997
ドアの上には3000系と同様の液晶が設置され、
停車駅や天気予報、ニュースなどが流されていました。
ちなみにニュースなどの配信にはFOMA網を利用しているそうです。

といったリニューアルの概要を車内放送で説明されていました。
録音しておけばよかったと後悔・・・

_MG_7000
7号車の車端部のロングシートです。
噂のハイバックタイプのロングシート。
ヘッドレストまでついており、
うとうとしても隣の人にもたれかかることはなさそうです。

貫通部のドアは8805号と同じようになっていました。

_MG_7001

車いすスペースは1~7号車は大阪方のロングシート部分、
山側に設置されています。
もたれやすいようにおしりと腰のところにクッションがついていました。

_MG_7024
車庫外から覗いたときに気になっていた戸袋部ですが、
近くから見るとこんな感じです。

_MG_7025
戸袋部は内側から窓が開けられるようになっているので、
その関係で、隣の窓より小さい窓になっているようです。

 _MG_7030
5号車の座席に座って京都方を見ました。

リニューアル前はドアの上にテレビがあり、
ドア手前右側には電話室がありました。

_MG_7005
電話室のあった場所に設置されたロングシート。

_MG_7029
電話室の名残でしょうか、ここだけ壁が太くなっています。

_MG_7027 
外側から見るとこんな感じです。
リニューアル前と外観は同じですね。

4号車から先は記事を改めたいと思います。 

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターコイズグリーン最後の夜① ~枚方市にて

昨晩、ひこぼしの運用に入った10006Fですが、
今日は工場の前に留置されていました。
満開の桜の下でターコイズグリーンを撮りたかったのですが、
このまま入場のようですね・・・

さて、運用板のみなさんのおかげで、
昨日ひこぼしの運用に入ることが読めましたので、
昨晩10006Fの追っかけをしてきました。

仕事帰り、まずは枚方市へ。

_MG_6924

枚方市までは幸先良く8531Fに乗れました。

_MG_6926
8531Fと連絡していた準急は7202F。
その向こうには2601Fの普通出町柳行きが止まっていました。

そして・・・

_MG_6929
10006Fが枚方市に到着。

このあと交野線を1往復した後、萱島へ回送されます。

_MG_6933
5番線へ移動し、大阪方から撮ってみます。

_MG_6934
ミラー越しに見るターコイズグリーン。

_MG_6935
私市側の先頭車、10006。

_MG_6937
切り文字の車番、Kマークも見納めです。

_MG_6938
ヘッドライトの点検をされる運転手さん。

せっかくなので、このあと私市まで往復してきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大津線の昔の写真②

前回はびわこ号を中心にモノクロの写真を紹介しましたが、
今回は私にも馴染みのある電車たちのカラー写真です。

2

80形のポール単行運転時代の写真です。
・・・と言うことは1960年代だと思われます。

併用軌道がクロスしていて、左奥にワリショーの看板が見えます。
ワリショーということは商工中金、その前が石坂線の浜大津東口駅、
石坂線の線路を超え、京津線の浜大津駅に入ろうとしているところです。

6
ほぼ同じアングルでの260形です。
特急色の260形は何となく記憶に残っていますが、
ポール時代の写真は本でしか見たことがありません。

手前は277号で両開き、片運転台の3次車ですが、
奥は両開き、両運転台の2次車ですね。

私の記憶の中では大津線の電車は連番でペアを組んでいましたが、
当時はそうではなかったみたいですね。

もう1点、驚いたのが、正面の貫通扉の窓が開いているように見えます。
この窓って開閉可能だったのですか・・・

7
さらに同じようなアングルでもう1枚。
2次車の273号です。
急行のヘッドマークが新鮮に思えました。

1
こちらは1次車、266号、2両とも1次車です。
側面に広告が掲示されているのも新鮮ですし、
窓に保護棒がついているのが懐かしいです。

駅前の民家には覚えはありませんが、
奥の土手の様子、手前にポイントが見えることから
近江神宮前だと思われます。

4
こちらも近江神宮前。
奥が皇子山の方向ですが、湖西線開通前だからか、
非常にすっきりした印象を受けました。

駅前のナショナルの看板、この電気屋さんは健在ですね。

8
これは錦織車庫の中ですね。
手前が2次車270号。、奥は1次車のようです。

3
車庫内部の様子です。
特急色の260形と通勤色の350形?、左端にはびわこ号が見えます。

右端の「15」の制限表示。
これは今も車庫にあるような気がします・・・

5
これは本線の写真ですが、
2扉で特急運用に就いていた頃の写真のようです。

地上時代の四条駅も懐かしいですね・・・

4月号のK-PRESSによると、4月14日から三条駅のコンコースで
地上時代の写真のパネル展が開かれるそうです。
これも非常に楽しみです。    

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中之島線の紹介放送

帰りの特急の車内放送で中之島線の紹介をしていました。

中之島線各駅から北新地や福島は徒歩圏内です。
乗り換えると運賃が高くつくこともあるので、
中之島線の利用を考えて下さいと行った内容です。

4月の定期券の切り替え需要を取り込もうという作戦ですね。

私も梅田へは大江橋から歩きますし、福島へも中之島から歩きます。
全然アリな選択肢だと思いますが、
チラシやポスター等で地図や料金例を示したら
もっと効果があるのでは?と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大津線の昔の写真① (追記あり)

山科の鉄ちゃんさんからフォローしていただきましたので、
記事に追記をさせていただきました。
追記分は青字で記載しています。(2010.03.26)


昨日まで大津パルコにて大津線ミニミュージアムが開催されていました。
(開催期間を間違えていたので、修正しました。2010.03.25 12:30)
3月28日(日)まで大津パルコにて大津線ミニミュージアムが開催されています。
ミニミュージアムについては懇意にさせていただいているたけひろさんが
詳細にレポートして下さっているのでそちらをご覧下さい。

私も3月13日に行ったのですが、もう一度じっくり写真を見たかったのと
同時開催されている鉄道模型マーケットに行きたかったので、
21日(日)に再度行ってきました。

鉄道模型マーケット・・・とはいっても模型はやっていないので、
Bトレやグッズがあれば・・・と覗いてみたのですが、
大津線や江若鉄道の写真を見つけて、大興奮。
予算の都合で、江若鉄道は諦め、大津線の写真を買ってきました。

9
併用軌道を行くびわこ号61号。
右端にバス停らしいものが写っていますが、
どこか同定はできませんでした。

→『三条通りでは有りませんか、パンタグラフの位置から割り出した向きと、
行き先看板が「四宮」となっている事から推測。』

私も行き先が「四宮」なので、京都市内かなぁ・・・と思っていましたが、
パンタグラフの位置から向きを割り出すとは思いつきませんでした。

1 
こちらも61号。
蹴上駅だと思います。

8
82号とすれ違うびわこ号63号。
奥に中央信用金庫と滋賀銀行が見えますので、
東山三条駅だと思います。
 
7 
こちらも63号。
奥に見えるのは東山の山々でしょうか。
よく見ると線路や架線が直角に交わっているようにも見えます。
東山三条辺りの市電との平面交差でしょうか。

6 
この写真はどこなのか見当もつかないのですが、
63号は専用軌道を走っているように見えます。
一方、反対側の線路は併用軌道のようにも見えます。

→『専用軌道ではなく軌道敷のアソファルトの更新工事をしている時の写真です、
写真の右端の歩道に洛東自動車教習所の看板が有る、東山三条~蹴上間なのでは?』

なるほどそうだったのですね。
片側だけ専用軌道というのも変ですし、専用軌道と言い切るのも・・・?と思っていました。
これだけの情報で場所が特定できるなんてすごいですね。
 
5
このカーブの具合・・・蹴上か三条かと思うのですが、
蹴上なら奥に蹴上発電所があるはずなのに奥がごちゃごちゃしています。
三条だと奥はすぐに三条大橋のはず、民家はないはず・・・
となるといずれも外れなのでしょうか。
 
→『三条京阪なのでは?電車の行き先看板の行き先からして向かって
左に旧カーブするところ、ほかに無い。


やはり、三条京阪ですか・・・
背景の民家のように見える建物は望遠の関係で
背景のものが近くに見えているのでしょうか。

2
この写真もまったく見当もつきません・・・

→『浜大津から上栄町へ向かっているところ。』

昔の浜大津ってこんな感じだったのですね。
 
4
四宮車庫の火災後、阪急から転入した18号。
背後に見える写真屋さん『森野写真館』と読めます。
・・・ということは浜大津、現・明日都浜大津の西側あたりです。

何だか鉄腕DASHの歴史探偵みたいな企画になってきました。
 
3     
50形の55号。
これもいまいちどこかわからない写真なのですが・・・
50形って他の電車よりも縦長に見えますねぇ。

→『東山三条から蹴上へ向かって登っているか、
浜大津から上栄町へ向かっているところ。どちらか・・・。』

なるほど、緩やかに右にカーブして登っているので、いずれかっぽいですね。
大津なら札の辻あたりになると思うのですが、
保険屋さんがこの場所にあったかですね。
今度実家に帰ったら母にも聞いてみようと思います。

貴重な情報有難うございました。

自分の好きなことを好きなように書き綴っている弊ブログですが、
気がつけば、前のブログからの通算で100000カウントを超えました。
コメントをつけてくださったり、フォローしてくださったり、
応援してくださっている皆さん、いつも本当に有難うございます。
今回も私の力だけではここまで謎は解けませんでした。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。


(元記事投稿日時 2010.03.23 01:05)

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

臨時特急さくらEXPRESS

臨時特急さくらEXPRESS
タコぼしを撮りに行った中之島で張り紙を発見しました。
そういえば、もう彼の季節でしたね。

ニュースリリースによると
今度の日曜日は1本だけですが、
来週末は3本だそうです。
3000系と9000系と…9000系でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8009Fが修復?

朝8009Fの京都方がいた場所にその姿はありませんでした。
無事に組み戻されたようです。

それより気になったのは工場前のトラック。
暗くてよくわからなかったのですが、
工事現場にある簡易トイレのようにも見えました。

100周年関連のイベントに使うんでしょうか。
それともミュージアムトレインの資材とか?
明日、明るい時に要観察ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も3000 系が代走

今日も8009Fの大阪方は姿が見えません。
よって、淀屋橋奇数時50分発の特急は3000系で代走されています。

昨日の運用からある程度予想できましたが、
都合がつかず、撮影には赴けず、
すれ違う快速急行から車窓観光しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ開業100周年まであと3週間ほど。

今日、ホームページにニュースリリースが3本アップされました。

すでに鉄道ダイヤ情報などで紹介されていますが、
1900系の鉄道コレクションの発売について。
http://www.keihan.co.jp/news/data_h22/2010-03-24-03.pdf

さらに『京阪100年のあゆみ展』
http://www.keihan.co.jp/news/data_h22/2010-03-24.pdf

幸い、開催初日の午前中には足を運べそうです。
オリジナルグッズがもらえると嬉しいのですが・・・

「甦る京阪電車の昭和時代」の上映会もあるそうで・・・
お気に入りのビデオ作品です。
押し入れに眠っていますが、ビデオデッキが壊れていて
我が家では見ることができないので、久しぶりに見てみたいです。

特急停車駅にスタンプを設置。
http://www.keihan.co.jp/news/data_h22/2010-03-24-02.pdf

スタンプ集めも日課になりそうな気配ですね・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の寝屋川車庫 ~10.03.24

今朝の寝屋川車庫ですが、朝の記事でもお伝えしたとおり、
8009Fの京都方4両が留置されていました。

_MG_6921
8000系の妻面が見えているのが8809、
その向こうに見えている8000系は8056です。
手前の方には3000系も留置されていました。

この時間は全編成が出払っているはずですが、
今日は1編成が残っていました。

運用板によると、3000系が8000系を代走していたとのことですので、
この編成が特急の運用に入ったものと思われます。

8009Fは夕方もこのまま留置されていましたが、
明日はどうなるのでしょうか?
そういえば、明日は10006Fがひこぼしに入りそうです。
ちょうど居残りで遅くなりそうなので、
どこかで狙いたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8009Fの大阪方の姿が見えず

昨日の夕方、寝屋川車庫にDD車の妻面と大阪方先頭車が並んで留置されていたので、
てっきり同一編成が分割されているのかと思ってましたが、
8009Fの京都方4両と8006Fの並びでした。
(昨日見えたのは8809の妻面と8056の先頭部)

やはり先日の事故に絡む動きでしょうか。
今週いっぱい予備編成なくなってしまうので長引かないことを祈るのみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8000系が分割

今日仕事帰り18時頃寝屋川車庫を通った際、
2600系の溜まり場(笑)付近に分割された8000系を確認しました。
とっさのことで車番は確認できず。

運用板から今日の動きが確認できないのは8006F、8009F。
8010Fも奥には姿がなく、手前に移されたようなので、
これらのいずれかだと思うのですが、
8009Fの人身事故に絡むものなのか、
車庫ツアーに関係する動きなのか、
明日以降に注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3000系代走が2本

出勤時、いつもトーマスとは神宮丸太町か、大和田辺りですれ違うのですが、
今日はいきなり京橋ですれ違いました。
中書島ですれ違う通勤快急もいつもは3000系ですが、今日は旧色6000系。

昨日のトラブルを引きずっているのかは定かではありませんが、
いつもとは違う運用が気になり、仕事帰り京橋で観察してみました。

_MG_6883
B1800S 快速急行三条行きには6011Fが充当。

_MG_6884
P1800N 区間急行萱島行きには2631Fが充当。

_MG_6886
K1701A 準急淀屋橋行きには2601Fが充当。

_MG_6887
2601Fと旧色8000系が並びそうでしたが・・・
8000系到着前に2601Fが発車してしまい、
こんなアングルになってしまいました。

_MG_6889
A1802Z 快速特急出町柳行き。
残り少なくなった旧色の8000系。
切り文字の8000系もこの8007Fだけになってしまいました。
8010Fが出場したら、次は彼でしょうか。

_MG_6891
B1801A 特急淀屋橋行きには7201Fが充当。
本日、最後の枚方市発の特急です。

_MG_6894
F1802R 急行樟葉行きの6008Fと
P1805B 区間急行中之島行きの6007Fが並びました。

_MG_6901
D1703B 快速急行中之島行きには6005Fが充当。
普段は3000系が充当される運用です。
朝に中書島ですれ違った通勤快急も6005Fでした。

_MG_6909
B1802Z 特急三条行きには9005Fが充当。
この運用も普段は3000系が充当される運用です。
さらにB1709A 特急淀屋橋行きには9003Fが充当されており、
京橋で9000系の特急が並びました。

_MG_6917
D1802S 快速急行三条行きはいつも通り3000系が充当され、
3004Fが運用に就いていました。

朝晩だけの運用、B1802Zが代走されることは以前からしばしばありましたが、
最近、日中の運用にも代走が走ることが多くなってきています。
やはり3000系の運用は予備編成がなく、タイトなんでしょうね・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の寝屋川車庫 ~10.03.22

今日、8010Fの様子を見に行ってきましたが、
その際、いつものように本線側の様子を見てきました。

_MG_6810
今日も2600系がたくさん並んでいました。

_MG_6811
まず目についたのは2400系。
2451Fと2454F、1次車と2次車が並んでいました。
正面からは区別がつきません。

_MG_6812
2454Fの隣は2632Fでした。
0番台と違い、貫通幌がなく、ヘッドライトが2400系と同じタイプなので、
0番台の2600系とは違う印象を受けます。

_MG_6813
その隣には6008Fと7201Fがいました。
6000系と7200系の新塗装1本目コンビです。

_MG_6824
2609-2809の5連と2621-2821の4連が並んでいました。

_MG_6826
一方こちらは休車中の2602-1812。

_MG_6814
2712-2812を斜めから見てみます。

2712を拡大してみると・・・

_MG_6832
前回訪れたときも側面の塗装が剥げていましたが、
さらに剥離が進んでいる印象が・・・
何とも哀れな姿です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下木田踏切にて


今日、寝屋川車庫に向かう途中の下木田踏切にて。

踏切にさしかかる直前に先日出場したばかりの5553Fが
出庫していきましたが、高架橋が邪魔で写真は撮れませんでした。

踏切を渡ると、遮断機が下りてきたので、
何が来たのかと戻ってみると7001Fトーマス号でした。

_MG_6795
踏切を渡ったところで、信号待ち。
正面から写真を撮ることができました。

_MG_6798
先日紹介したように、『ソドー島ツアー』の告知と
トーマス生誕65周年のWヘッドマーク仕様です。

_MG_6800
トーマスと入れ替わりで出庫していったのは1503Fでした。

_MG_6803
下木田踏切は幕まわしが見られたり、入庫待ちの電車を正面から撮れたり、
出庫する電車が加速していく様を間近で見られたり、
結構楽しいポイントです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末の展示会を待つ8010F

車端部ロングシート化第1号となった8010Fですが、
先週末に試運転を行い、後は今週末の展示会&臨時特急を待つのみ。

展示会および臨時特急に関しては↓公式サイトをご覧下さい。
http://www.keihan.co.jp/news/data_h22/2010-03-18.pdf

このニュースリリースに車内の写真が掲載されていますが、
今日、車庫に様子を見に行きました。
 _MG_6809
8010Fは検車庫の裏にいました。

残念ながら両サイドに電車が留置されているので、
先頭部しか確認できませんでした。

_MG_6806
足回りもピカピカですね。

_MG_6807

すぐ横には8009Fが留置されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪京津線旧線の廃線跡をゆく② ~白川から神宮道まで

前回は古川町から白川まで歩いてきました。
今回は白川から神宮道までを紹介します。

まず、この周囲の様子ですが、下の地図を参考にして下さい。

ちなみにこの地図を左右に走る破線は左京区と東山区の区界です。
廃線跡が町の堺になっていることはよくあることですが、
白川から東、建物の真ん中を境界線が走っているのが気になります。
小川の北側に線路があり、廃線後、道路または空き地になっていたが、
建物を建てるにあたり、北側の土地と併合したのではないでしょうか。
(昔の地図に道は載っているのですが、小川がなく、
  この部分の小川と廃線跡の位置関係がわかりません)

さて、白川は地図の上中央から左下にかけて、南西の方角に流れています。
この地図の中央あたりで東から流れてきた小川と合流します。

_MG_6669
地図の左の方、枡富寮の下、
白川に南北にかかっている堀池橋から撮りました。

左に曲がって言っているのが白川の本流、
正面右手に水路が見え、その奥に民家が建っていますが、
その手前ガレージの下を小川が流れているものと思われます。

今度は振り返り、廃線跡を撮ってみます。

_MG_6670
左奥に斜めに延びているのが、廃線跡の路地。
右端に用水路?と空き地のフェンスが見えます。

話は変わりますが、地元のおばさんが川の水を汲んでいらっしゃいました。
白川は街中とは思えない綺麗な川で、
地元の方の生活と密接していることが覗えました。

_MG_6671
そして、先ほどの写真に写っているフェンスの向こうには空き地。
その左には用水路がありました。
右側の川が白川です。

意味深な三角形の空き地。
用水路の石垣なども見てみましたが、
特に鉄道が走っていた遺構などはなさそうでした。

次に、この先の廃線跡は・・・と東側の小川の方を見てみます。

_MG_6672
小川との合流地点には水路がありました。
ぱっと見た感じ、民家が建っていてこの先に川があるとは到底思えません。

_MG_6673

白川に人用の細い橋が架かっていましたので、
その橋の上から北の方を撮ってみました。

何やら堰のようなものが見えますが、
位置的、形状的に鉄道の遺構ではなさそうです。

奥に平安神宮の鳥居が見え、桜もたくさん植えられていますので、
桜の季節は綺麗でしょうね。

_MG_6674
橋を渡り、東側の小川の上にやってきました。

河原?にごちゃごちゃ植物が自生しており、
川の様子はいまいちわかりません。

その奥に白川と並行に用水路が見えます。

_MG_6675
この地点から対岸の廃線跡を望むとこんな感じです。

お宮さんの前の鳥居の右側から、
この小川の右側に線路があったと考えるのが自然でしょうか。

・・・と現地調査はここまでなのですが、
家に帰ってきて色々調べてみると、

『車両発達史シリーズ1 京阪電気鉄道』(1991年2月刊行)に
『白川とその西側の用水路には現在も石積の橋台が認められる』とあり、
日本ナショナルトラスト 鉄道サークル会報 第78号』(1996年2月)にも
『殊に、『白川』に架かる鉄橋の橋脚が片方だけ残っているのは印象的だ』
とも書かれていました。

少なくとも1990年代半ばまでは橋台があったようですが、
今は残っていないのか、私が見落としただけなのか・・・
東側の用水路の辺りが怪しいとも思いますが、
上の写真の右端をよく見ると、途中から石垣の形状が新しくなっています。
最近、護岸工事が行われて、撤去された可能性もあるかもしれません。

また桜の季節にでも伺いたいと思います。

さて、この先は道がありませんので、南側の路地を通って迂回しました。

_MG_6676
大通りに出ると、そこは神宮道です。

東側を見ると、建物と建物の間に怪しい小屋があります。
どうやらこの下に先ほどの小川が流れているようなのですが、
ここが廃線跡と判断して間違いなさそうです。

_MG_6677
一方、西側は、マンションの駐車場へ向かう通路になっています。
この左手には小川が流れています。

昔の地図によると神宮道の西側に駅があったとのことなので、
ここが神宮道の駅跡と判断して間違いないでしょう。

_MG_6678

ちなみに神宮道はバス停の名称として残っています。

神宮道バス停と平安神宮の鳥居を撮ってみました。

次回はさらに東へ、広道駅跡を探しに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8010F営業運転開始日

昨日付けで公式に発表されています。

http://www.keihan.co.jp/news/data_h22/2010-03-18.pdf

3月28日(日)から営業運転に復帰するようで、
3月27日(土)には中之島で展示会をするそうです。

1編成目とはいえ、丸5ヶ月かかったことになりますね。

↑のニュースリリースには車内の写真が載ってますが、
内装は8805と同じように豪華な感じになってます。
つり革の設置は車端部だけのようですし、
従来通り車内広告はなさそうです。
ロングシート部の手すりも弧を描いておしゃれな感じ。
テレビカーがなくなるのは寂しいですが、
大きくイメージを損うことはなさそうで、一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪京津線旧線の廃線跡をゆく① ~古川町から白川まで

今日は以前から気になっていた京津線の旧線の廃線跡を歩いてきました。

京津電気軌道によって敷設された当時の京津線は三条通が狭かったため、
東山三条-蹴上で晩年の三条通の併用軌道より北側に線路が曳かれていました。

今回は古川町(後の東山三条)から白川までを紹介します。
こちらの地図と照らし合わせながらご覧下さい。

_MG_6706
三条から古川町までは三条通に線路が曳かれていたものと思われます。

東大路通りを超え、古川町の商店街の前あたりに東山三条駅がありました。

_MG_6659
商店街の前から北東を望むと、交差点の向こうに斜めに駐車場があります(A地点)。

_MG_6658
駐車場の奥に見えるのが、京都文教短大附属小学校だと思われます。

この裏側にまわるべく、北側の路地(B地点)に移動しました。

_MG_6662
この路地を東に歩いて行くと、北東に斜めに傾いた倉庫を発見。

_MG_6660
その反対側には斜めに傾いた白い家があります。

路地に沿って直角に家が建ち並んでいるのに、
この2つの建物だけが斜めに建っているのは不自然です。

この一角を航空写真で見てみると・・・


左下の駐車場から、この斜めの白い家、倉庫と一直線に並んでいます。
おそらく廃線跡の空き地に後から建てられた建物なのでしょう。

先ほどの倉庫の少し東に駐車場があります。

_MG_6661
古地図と現在の地図を照合すると、
この先の廃線跡はもう1本北の路地だと思われます。

・・・となると緩やかに接続させるためには、
この駐車場の奥の方を斜めに横切っていたと考えるのが妥当です。

そこでもう1本北の路地に移動してみます。

_MG_6663
路地の入り口(C地点)です。
左側は京都文教学園の敷地です。
この写真の奥の方で、廃線跡と合流すると思われます。

_MG_6664
D地点で路地は左にカーブします。
この先の路地をまっすぐ伸ばし、緩やかに南にカーブさせると
ちょうど先ほどの駐車場を通り斜めの倉庫と繋がりそうです。

_MG_6665
この路地は緩やかに左にカーブしながら東へ向かいます。

_MG_6666
この路地から横にそれたところにお地蔵さんがありました。
何か手がかりになるかと思いましたが、残念ながら手がかりはありません。

さらに進むとやがて目の前に白川が見えてきました。

    _MG_6667
そこで振り向くとこんな感じです。
緩やかに右にカーブしています。
 _MG_6668
廃線跡と思われる路地は白川の河原に出ました。
ここから白川を渡り、神宮道駅に至るのですが、
この先は次回にさせていただきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

乙女ヶ池をバックに489系

今日は489系の団臨を撮るため、近江高島へ行ってきました。

京都で廃線跡を巡っていたときはピーカンの良いお天気でしたが、
トンネルを越えるごとにみるみる天気が悪くなり、
生憎の雨模様となってしまいました。

撮影地を探していると、サンダーバードがやって来ました。

_MG_6710
この奥に乙女ヶ池と琵琶湖があるのですが、
もう少し上の方まで登らないと写らなさそうです。

河川の改修工事が行われており、上流にダムがあったのですが、
ダムの手前まで登ってみました。


_MG_6715
棚田を見下ろし、サンダーバードの向こうに乙女ヶ池、
その向こうに集落があり、その奥に琵琶湖が広がります。

天気がよければ、対岸が見えるのでしょうが、この天気ですから・・・

雨がひどくなってきたので、線路の下で雨宿り。

電車が近づく音が聞こえたので、外に出てみると

_MG_6718
113系の8連(湘南4連+N30-湘南-湘南-N30)でした。

_MG_6724
そして489系がやってきました。

_MG_6728
背景が白く飛んでしまっていますが、ここには琵琶湖があるのです。

_MG_6731
金沢方のヘッドマークは白地でしたが、大阪方のヘッドマークは黄色でした。

H03編成は解体されるそうですが、舞浜行きの臨時にも充当されるようですし、
今すぐボンネット車が見られなくなるということはなさそうですが、
あと何度この勇姿を見ることができるのでしょうか・・・

↓応援のクリックよろしくお願いします! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近江湖の辺の道は江若鉄道廃線跡

今日は489系団臨を撮りに近江高島へ行ってきました。

雨がかなり激しくなってきたので、湖西線の線路の下で雨宿り。
ちなみに琵琶湖側はどうなっているのかな・・・と線路をくぐり抜けると

_MG_6719
どこかでみた景色。

JTBキャンブックス「鉄道廃線跡を歩く」の江若鉄道の項に載っていたポイントでした。

右側の湖西線の築堤は高島トンネルを通り、北小松へショートカットしていますが、
江若鉄道はここから山すそを迂回するように琵琶湖沿いを走ります。
この先は白鬚神社の前を通り、景色のよい路線だったのでしょう。

_MG_6720

近江高島の駅の方はこんな感じです。

湖西線の築堤に沿って側道が続いていますが、
駅までの間に廃線跡であることを示す遺構は残っていませんでした。

↓応援のクリックよろしくお願いします! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道コレクション 京阪1900系発売!

今月号のDJに1900系の鉄コレの発売情報が載ってますが、
鉄道ファンのサイトに写真を見つけました。

DJ誌によると先頭車2両組で2,000円で、
4月17日(土)発売だそうです。

今まで鉄コレを出してこなかった京阪ですが、
これを機にシリーズ化してくれると嬉しいのですが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

先週の489系団臨返却回送

今週も489系の団臨が運転されていますが、
こちらは先週水曜日の団臨の返却回送です。

スジを読み違え、まだ余裕があると山科へ向かったのですが、
山科のホームに降りたところへ
東山トンネルを抜けた489系のヘッドライトが見えました。

_MG_6536

慌ててホームの端へ行きますが、
先客が多く、良い場所は残っていませんでした。

_MG_6541

_MG_6550

山科駅を通過する489系。

_MG_6554

そして489系は音羽山のトンネルへと姿を消しました。

明日も団臨が運転されます。
撮影に行く予定ですが、天気が気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩の中書島にて

昨晩、中書島にてトーマスを待っている間に
こちらも気になる宇治線の運用を確認しました。

_MG_6610
まず3番線に停まっていたのは2620-2820でした。

_MG_6612
1番線に7203Fがやって来ました。
8連の7200系も9000系もシティコミューター化されてしまったので、
先頭部が丸みを帯びたこの形状で旧色で残っているのは
早くも7203Fのみとなってしまいました。

_MG_6617
次の宇治線は2621-2821でした。

_MG_6621
1番線には3000系の特急がやってきました。
LEDだけ浮き上がって幻想的です。

_MG_6625
中書島停車中に2226Fと並びました。
 
ここまで宇治線に5連車は来ず。
そういえば時刻表は・・・と確認すると

_MG_6645

昨日は『一部列車を5両編成で』の貼り紙はありませんでした。
昨日の夜の運用はすべて4連だったようです。

_MG_6646
次の宇治線は2617-2817でした。
 _MG_6650
宇治方先頭車の2617。

あと1つ運用を確認できていないのですが、
時間がなかったので、ここで帰ることにしました。
 _MG_6653
特急を待っている間に来た快速特急です。

そして特急に乗って淀屋橋へ。
この時間の特急は折り返し、寝屋川車庫に入庫となるので、
1番線に到着、改札に向かって歩いていると
 _MG_6656
2605Fが出発するところでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二枚看板

先週末からひらかたパークにてトーマスのイベントが始まり、
それに伴い、トーマス号にヘッドマークが2枚掲出されています。

週末は撮影に行けず、
月曜日はいつもと違う運用に入っており、スジが読めなかったため断念。
昨日はいつも通りのスジに入っていましたので、
仕事帰り、中書島で待ち構えました。

_MG_6629
中書島の駅に入ってくるところです。

_MG_6635

大阪方の様子。

_MG_6638

向かって右側にひらパーの『ソドー島ツアー』の告知副標、
左側にトーマス65周年の副標が掲出されています。

_MG_6642

側面にも『ソドー島ツアー』の告知ステッカーが貼られていました。

昨日は日中の特急に乗ったので、トーマスの声の
ひらパーPR放送が聞けるかなと期待していましたが、
昨日は休園日で聞くことができませんでした。残念・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラサク

今日は関東地方では夏日を記録したそうで、
日中はぽかぽかと暖かい一日でしたが、
昨日、職場の前の桜が咲き始めました。

昨日の時点ではまだ数輪だったのですが、
今日は結構たくさん咲いていました。

昼間のうちに写真をと思っていましたが、
すっかり撮り損ね、仕事帰りに夜桜を撮ってみました。

_MG_6608
手持ちで、風も結構強く、なかなか上手には撮れませんでした。

いよいよ 春本番って感じですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の寝屋川車庫 ~10.03.16

今日のお昼前、仕事に行く際に通りかかった寝屋川車庫の様子です。

_MG_6602
昨晩は暗くて車番が確認できませんでしたが、
やはり1504Fが入場するようです。

そういえば、8010Fの姿がないなぁ・・・と仕事帰りに探してみると、
車庫の奥に8000系の妻面が見えました。

5553Fの試運転が終わったので、
試運転待ちの定位置に移されたようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇治線に2600系5連が入っていました。

週末から2600系5連車が宇治線に入っていたようですが、
実家に帰省していたり、確定申告で忙しかったりで、
全く知りませんでした。

_MG_6577

今日も宇治線に入っているのかな・・・と楽しみに出かけたところ、
帰り道、中書島の電光掲示板に「5両」の表記を見つけ、途中下車しました。


_MG_6576


駅の時刻表には『一部列車を5両編成で運転』と
貼り紙がありました。

_MG_6578
まず3番線に停まっていたのは2617-2817でした。

2617Fが宇治へ向かい、代わりに・・・

_MG_6584
2624-2806の5連がやって来ました。
宇治線で5連車を見るのは、ダイヤ改正以来、ほぼ半年ぶり。

_MG_6590
宇治側先頭車の2624。

この時間の下り快速急行はロングシートなので見送り、
次の特急が来るまでの間に写真をさらに撮りました。
  _MG_6597
3000系の回送が通過。
LEDがやはり切れてしまいます・・・

この回送がもったいないので是非客扱いして欲しいものです。

_MG_6599
6053Fの特急出町柳行き。
6000系も着々とシティコミューター化され、
旧色の特急ももうすぐ珍しくなるのでしょうね・・・

_MG_6601
次の宇治線は2621-2821でした。
車番が黒インレタ化されているのが印象的です。

さて、宇治線に5連が入っているのは、
2623-2823が離脱しているからだそうですが、
寝屋川車庫には姿を見つけられず。
工場の中にいるのでしょうか。入場??

2600系4連のなかでは、順番的には次は2623Fだと思うのですが、
春から夏にかけてだと思っていました。 
いずれにせよ、宇治線の写真も撮っておかないといけないですね。

一方、工場前には1000系が留置されていました。
5553Fが出場したようなので、次は1000系が入場のようです。
車番は暗くて判読できませんでしたが、
順番的には1504Fでしょうか・・・
   
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大津飛行場と水耕農場に関する研究

先日からお送りしています水耕農場前駅についてですが、
「水耕農場」前というからには、「水耕農場」があったはず・・・と
調べてみると現在のJR唐崎駅一帯に米軍キャンプがあったことがわかりました。

隣町に住んでいながら、基地があったことは知っていたものの、
米軍が駐留していたとは知りませんでした。
市立図書館に足を運んだものの、該当期間の地図もなく、
特に資料も見当たらず、現地に赴きました。

まず、唐崎駅から東側を見ました。

_MG_6468
北東側には自衛隊基地があります。
その手前の一角も、基地の跡地だと思っていましたが、
ここは水耕農場跡だったようです。

1957年まで米軍に接収され、その後自衛隊の演習地として使用されていましたが、
数年前、再開発しようとしたところ、産廃のドラム缶が発掘され、
土壌汚染が発覚した場所です。

この東のブロックも水耕農場跡地で、
数年前に全国町村国際文化研修所が建設されています。

_MG_6469
一方、南東側にはマンションと、
その東のブロックには唐崎中学校が建っています。

_MG_6470
駅前の地図です。

全国町村国際文化研修所がもう1ブロック東だと思うのですが、
それはさておき、注目すべきは・・・

自衛隊の教習所の東に
「大津航空無線標識所」があることです。

空港となじみのないこの地に、航空関連施設があるのは
やはり飛行場があった名残りでしょうか。

_MG_6471
市民センターへ行こうとロータリーを歩いていると
ロータリー中央の植え込みに「滋賀海軍航空隊跡」の碑がありました。
海軍の航空隊というのがピンとこないですが、
大津には他にも膳所の辺りに飛行場があったようです。

市民センターに行き、図書室に資料はないかと探してみましたが、
やはり適当な資料は見当たりませんでしたが、

航空写真!

_MG_6476
平成5年頃?(正式な年は失念・・・)の航空写真です。

支所の方に写真を撮って良いか尋ねたところ、
市役所の担当の方などに確認を取って下さり、
年月が経っており、著作権の所在が定かではないこと、
夜間は無人で住民が自由に出入りできる場所に掲示されていること等から、
営利目的に使用しないこと、写真を改変しないことを条件に
写真撮影を許可していただきました。
親切に対応して下さった担当者の方、有難うございまいました。

詳しくは後ほど説明しますが、
右の方に大きなブロックが5つあり、
うち1つは自衛隊の教習所、残り4つにはマンションや中学校が建っていますが、
4つの大きなブロックが確認できます。
これが水耕農場跡です。

そして、写真の中央から左手にかけて、
横一直線に学校、グラウンド、学校などが並び、これらをなぞっていくと
飛行場の跡地がうっすらと見えてきます。

が、この写真は開発が進んでいて、わかりにくいので、もう1枚の写真です。

_MG_6480
昭和52年か53年の撮影。
宅地開発もさほど進んでおらず、
国鉄湖西線が開通して間もない頃、江若鉄道の廃線跡も確認できます。
     _MG_6472
北の端です。

右端に移っているのが自衛隊の教習所、
左右に走っているのが、国鉄湖西線、
その上に緩やかに弧を描いているのが江若鉄道の廃線跡です。

この頃はまだ民家は少なく、
左上・旧国道沿いと下中央・穴太辺りにの旧家が立ち並んでおり、
上中央・寺田団地の造成が始まっているようです。

西大津バイパス・湖西道路はまだできていませんが、
左中央から、右下に向け緩やかに弧が描けます。
用地買収が進み、ぼちぼち・・・といったところなのでしょうか。
 _MG_6473
国鉄唐崎駅前のようす。
唐崎中学校はできていますが、
水耕農場跡残り3ブロックは未開発のように見えます。

・・・と思っていたのですが、
ちょうどこの場に居合わせた地元の方が色々教えて下さいました。
手元の資料ではこの4ブロックが水耕農場跡だとされていましたが、
実際は唐崎神社の手前(国道161号線のあたり)まで
水耕農場だったそうです。
そう言われてみれば、大きな4ブロックの東(写真では上、琵琶湖寄り)が
綺麗に直線で区画整理されているのがわかります。

左下(駅の北西)の田んぼと比較していただくと
農道?畦道?がいかに直線的かわかっていただけるかと思います。

さて、飛行場跡ですが、
 _MG_6474
この写真の中央に左右に伸びているのですが、
わかっていただけるでしょうか。

左端、唐崎小学校から始まり、少し幅が狭くなって唐崎幼稚園、
その先は開発されておらず、滑走路がそのままのように見えます。
(今では養護学校などができ、空き地は少なくなっています)
滑走路の先端部には自衛隊の宿舎が建っているようです。

ここでまた地元のおじさんが教えてくれました。
「江若鉄道の引き込み線が滑走路を横切っていた」と。

よくよく見ると唐崎幼稚園の下の田んぼに右上がりの線が入っています。
これが廃線跡ですか?と確認したところ、
ちょうど写真のつぎはぎのようにも見え、違うのでは?と言われましたが、
帰宅後、他の航空写真で確認したところ、どうやら間違いなさそうです。

国土交通省の航空写真のアーカイブです↓
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewPhotoServlet?workname=MKK682&courseno=C4&photono=5

1968年撮影だそうですが、引き込み線跡がより顕著に描かれています。
滑走路を横切った後は・・・?
際川の現・自衛隊駐屯地まで伸びていたと考えるのが妥当なのでしょうが、
それを示唆する資料は全く見つかりません。

さらにこの写真の下を緩やかに弧を描いているのが国鉄湖西線ですが、
湖西線の左下に江若鉄道の廃線跡が見えます。

この辺りの廃線跡は湖西線の高架に利用され、
側道が廃線跡だと思っていましたが、
線形をよくするためにショートカットさせたのでしょうか。

この廃線跡と先ほどの引き込み線を脳内で繋ぐと
緩やかに接続されるようにも見えてきます。
  _MG_6477

その廃線跡を拡大してみます。

左上に写っているのは毎日牛乳の工場。
国鉄の線路の下に民家が写っており、
その裏側に廃線跡が走っているように見えます。

次回は今の地図と比較していきたいと思います。
文章が多く、読みづらくて申し訳ありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水耕農場前駅の痕跡を探して~追記

昨日、実家に帰った際、母に話を聞いてみました。

水耕農場前駅の坂本行きホームの場所は
先日の記事の場所で間違いないということでしたが、
石山寺行きホームの場所は記憶が曖昧とのこと。

_MG_6478
唐崎市民センターにあった航空写真。
昭和52年撮影だそうです。

駅舎の跡があるようなないような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくやくおでん電車を撮影できました。

昨日、錦織車庫から石山寺までおでん電車を追っかけてきました。
本当はこの週末にでも乗りたかったのですが、
申し込み前に満員御礼、札止めとなってしまいました。

_MG_6565
近江神宮前では607Fのおでん電車と613Fのトーマスが並びました。

_MG_6566
近江神宮前に停車中に車内の様子を撮ってみました。 

チラシによると、1人あたり、1人用おでん(簡易鍋)、おつまみ弁当、
アサヒ缶ビール×2本、カップ酒×1本ということでしたが、
それらが、テーブルの上に並べられていました。
  _MG_6567 
ロングシートでおでんって食べにくそう・・・と思っていましたが、
テーブルがあるとそんな感じでもなさそうですね。

_MG_6568 
列車は臨時幕で参加者の待つ浜大津へと回送されていきました。

私は後続の電車で石山寺へ向かいました。

_MG_6569
石山寺1番線におでん電車が止まっていました。

_MG_6570
京阪最後のぱたぱたとなった石山寺駅の行先表示器。
おでん電車は「臨時 坂本」と表示されています。
  _MG_6571

私が乗ってきた601Fとおでん電車607F。
どちらも300形を種車とした600形の1次車です。

_MG_6572 
トイレ休憩中のおでん電車。
ドアは手動で開閉されていました。

_MG_6573 
601Fと入れ違いで、605F「湖都古都御都n石坂線号Ⅱ」がやってきました。
こちらも600形1次車です。
前面が曲面ガラスではないので少し古い感じがしますが、
思い入れのある300形の生まれ変わりなので、
600形の中でも思い入れのあるグループです。

_MG_6574 
前回見たときは気がつかなかったのですが、
ドアの上を見ると、前回の「湖都古都御都n石坂線号」の
ラッピングを剥がした跡が残っていました。

605Fのラッピングをまじまじと見ているうちにおでん電車は
出発してしまいました。

今年のおでん電車の運行は3/13(日)まで。
来年も是非企画して下さることを期待しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の車両基地

今日の夕方、出庫するおでん電車を撮影するため、
錦織車庫へ行ってきました。

日が長くなり、18時頃でも明るくなってきましたが、
出庫を待っているうちにみるみる暗くなっていきます。

_MG_6556
夕方のラッシュで電車は出払い、車庫はガラガラです。
ポイントが照明で照らされ、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

車庫の奥の方で、何度かプシュープシューと音がして、
いよいよおでん電車の出庫です。
 _MG_6558
検車庫の奥からおでん電車が姿を見せました。
 _MG_6559
おでん電車は車庫の出口で一旦停止。
  _MG_6560
定期の石山寺行きが出発した後の、出庫です。

_MG_6562
ヘッドライトが消され、車両の様子がよく見えました。
右手には保存中の80型の姿も。

このあと、石山寺までおでん電車を追っかけてきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水耕農場前駅の痕跡を探して②

前回の続きです。

水耕農場前駅があったと思われる滋賀里4丁目の交差点を後にした私は
電車に乗るため、現・滋賀里駅に向かいました。

滋賀里駅の手前から駅の様子を撮りました。 

_MG_6499
千鳥式のホームになっており、手前に石山寺行きホーム、
右奥の信号の向こうに坂本行きのホームがあります。

_MG_6500

坂本方面行きのホームの様子です。
ホームをよけるように併走する県道がカーブしているのがわかります。

何となく、水耕農場前駅があったと思われる
滋賀里4丁目の交差点と似ている感じがするのは気のせいでしょうか。

_MG_6502
坂本方面行きのホームです。
ホームの向こう、南滋賀方向には
滋賀里4丁目の交差点手前まで張り巡らされている
ブロックとフェンスが張り巡らされていました。

駅以外はこのフェンスが張られていることから、
フェンスのない滋賀里4丁目の交差点手前が廃駅跡だと強く思えてきました。

_MG_6506
石山寺行きの電車を待っていると
坂本行きの縁号・福号がやって来ました。

_MG_6513

縁号・福号が走っていく姿を追いかけました。

おそらく電車が走っているこの辺りに水耕農場前駅があったと思われます。

このあと、穴太駅に向けての登り坂を力強く登っていきました。

_MG_6518
しばらくすると、石山寺行きの電車がやって来ました。

同様に今電車が写っている辺りが廃駅跡かと思いますが、
こちらは示唆するものはあまりありませんので、自信はありません。

_MG_6521
滋賀里に向けて、坂道を登ってきます。

帰宅後、ネットの地図を調べてみると、mapionnにのみバス停が書かれていました。

Map
現地では気づかなかったのですが、
確かに比叡山坂本から伊香立浜大津線(京阪と併走している県道)を経て
大津市街に行くバスがありました。
(現在は廃止されているようです)

バス停が現在の滋賀里駅ではなく、
あえてこの地点を滋賀里バス停と名乗っているというのも、
ここが旧・滋賀里駅であった名残でしょうか。

バスの路線に関しては、実家に帰って際に昔の時刻表で調べてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水耕農場前駅の痕跡を探して①

京阪石山坂本線の滋賀里-穴太間に水耕農場前駅がありました。

厳密には滋賀里駅が戦時中、400m穴太方に移転、
2代目滋賀里駅を名乗っていましたが、
昭和30年、元の場所に滋賀里駅が復活し、
それにあわせて水耕農場前と改称されたそうです。
昭和31年に休止、昭和49年に正式に廃止されています。

ちなみに水耕農場とは、現在のJR唐崎駅の東側に米軍キャンプがあり、
そのなかに水耕農場があったこと由来するようです。

水耕農場前駅の存在は以前から知っていたものの、
当時は廃線跡巡りの趣味はなかったので、気にも留めていませんでした。

が、先日購入した日本鉄道旅行地図帳を眺めていると、
水耕農場前駅が気になり、色々調べていると、
米軍キャンプ、水耕農場、飛行場など・・・
隣町なのに知らなかった事実がたくさん判明し、
今日は水耕農場駅跡と、大津飛行場跡について調べてきました。

まずは、大津市立図書館へ行き、古地図を見たのですが、
肝心の戦時中~戦後の地図は見当たらず、地図では確認できませんでした。

となれば、現地調査です。
気になる水耕農場駅の場所ですが・・・


現・滋賀里駅から北へ400m、滋賀里4丁目交差点、
この北東には京阪電鉄の社有地があり、資材置き場として使われています。
おそらくこの交差点に水耕農場前駅があったのではないかと推測されます。

西大津バイパスの工事に際して作られた資材置き場かと思っていましたが、
廃駅跡だった可能性があると思います。

JR唐崎駅で下車、大津飛行場跡の調査で唐崎支所を訪れ、
その後、滋賀里4丁目の交差点を目指しました。

_MG_6485
東から滋賀里4丁目交差点を目指します。

踏切の道路標識がありました。
この先の赤信号が滋賀里4丁目交差点です。

滋賀里4丁目交差点の手前には、唐崎道踏切があります。
水耕農場前の名前がどこかにないかと探しましたが、
残念ながら見つけることができず。

_MG_6488
唐崎道踏切から穴太駅の方を望みます。

現在、京阪電鉄の社有地、資材置き場として使われています。
この先は西大津バイパスの立体交差工事で大きく変わってしまっており、
昔の面影を探すのは難しそうです。

一方、踏切の南西側を見てみると・・・

_MG_6489
現・滋賀里駅からずっとブロックの上にフェンスが張られ、
その外にガードレールが設置されているのですが、
唐崎道踏切から現・滋賀里駅の方へ、数十mだけ
ブロック+フェンスがなく、ガードレールのみが設置されています。

ブロック+フェンスがいつ設置されたものかわかりませんが、
この部分だけフェンスがないのはホームがあった名残でしょうか?

_MG_6495
踏切を渡り、滋賀里4丁目交差点から、現・滋賀里駅方面を望みます。

子供の頃から不自然に思っていましたが、
交差点の南西側だけ、道路が膨らんでいます。
特に交通量が多いわけでもないのに左折レーンがあります。

ただ、この交差点の北西角には昔ながらの簡易郵便局があり、
北西側の道幅は昔からぎりぎり片側1車線の細い道でした。
  _MG_6496
唐崎道踏切の南東側には線路沿いに三角形の土地がありますが、
形状からしてここに駅があったと考えるのは無理がありそうです。

_MG_6497
別角度から(南西から北東を向いています)です。

交差点の南側は片側1車線+西に曲がる左折レーン、
北側は片側1車線であまり余裕がありません。
ガードレールのところに駅があり、
少し道が左にそれていたと考えるのが妥当かと思います。


航空写真で見てみると、交差点の南西部が膨らんでいるのが
一目瞭然ですね。

_MG_6498
さらに南から撮ってみました。

途中までガードレールの向こうにブロック+フェンスがありますが、
踏切寄りは一段高くなっているものの、ガードレールしかなく、
やはり、ここが限りなく怪しいという印象を受けました。

次回は現・滋賀里駅を訪れます。 

 にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖西線の築堤をゆく489系団体列車

今日は489系による団体列車が運転されました。

北陸地方は雪景色のようなので、新疋田あたりまで遠征したかったのですが、
仕事の都合で、時間的に無理でした・・・

そこで、雪景色の比良山系と絡めて撮ろうと、
小野-和邇間の築堤をゆく489系を撮りました。
(ここって江若鉄道の廃線跡なんでしょうか??)

午前中は晴れ間ものぞき、よしイケる!と思っていたのですが、
撮影地に着くなり、結構激しい雨。
幸い489系がやってくるときには雨は上がっていましたが、
比良山系にかかったガスは晴れませんでした・・・

_MG_6437
「臨時」のヘッドマークを掲出して489系がやってきました。

_MG_6438
_MG_6443
山はガスがかかっていていまいちだったので、構図を下にずらし、
手前の畑の大根や菜の花と絡めてみました。

_MG_6448
そして彼は大阪に向けて走り抜けて行きました。

返却回送は撮らずに帰るつもりでしたが、
色々寄り道をしていたら、すっかり遅くなり、山科でまた489系と遭遇。
それに関しては記事を改めて紹介したいと思います。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山手線E231系の6ドア車が引退

2月18日、東京へ行きましたが、
この日は山手線の6ドア車の座席収納最終日でした。

ホームドア設置の為ということでしょうが、
ラッシュ時の混雑が以前ほどではなくなってきたというのも
理由のひとつでしょうか。

が、東京に着いたのはお昼過ぎだったので、
座席が収納された様子をカメラに収めることはできませんでした。

_MG_5758
が、上野駅の告知によると、
翌週週明け早々から6扉車から4扉車に置き換えていくとのこと。
意外と早くに置き換えが完了するタイムテーブルのようなので、
慌てて写真を撮りました。

_MG_5756
6ドアの7号車です。
 

_MG_5757
一方、こちらは4ドアの8号車。

夜遅くに撮ったのですが、結構乗客がいらっしゃって、
車内の様子を記録できなかったのが、残念です。

4ドア車への置き換えは着々と進んでいるようで、
ホームドアはまず恵比寿駅に設置、6月26日から供用開始とのことです。
ホームドア設置も急ピッチで進むようで、
次に山手線に乗る際にはまた風景が違いそうです。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日から「大津線ミニミュージアム」開催

開業100周年企画のひとつとして、
明日3/6から3/28まで「大津線ミニミュージアム」が開催されます。

ちょうど明日は489系団体臨時列車が運転されるので、
湖西線のどこかへ写真を撮りに行こうと思っており、
大津市立図書館で調べたいこともあるので、
湖西線→浜大津→京阪膳所とハシゴしようと思います。

大津の空模様も気になるのですが、
北陸の雪の具合も非常に気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5553Fの大阪方が出てます。

車庫の奥に5553Fと思われる編成の大阪方が留置されていました。

8010Fの京都方はやはりまだ時間がかかるのでしょうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8060の車椅子スペース

先日の8010Fの記事に対し、ご指摘をいただきました。
『8060の乗務員室後ろにあった車椅子スペースが移設されているのでは?』

元画像のドア部分をトリーミングしてみました。

_MG_6416

確かに乗務員室後ろにはクロスシートが2列確認できます。

先頭部のクロスシートが残っていることが嬉しくて
車椅子スペースの存在まで考えが及んでいませんでした。

…となるとご指摘の通り、
車椅子スペースは中央寄りに移設されているのでしょうか。

ご指摘有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日も8531F が差し替え

昨日、寝屋川車庫へ行った際、
あわよくば旧色の並びを撮ろうと旧色の動向をチェックしていました。

8531FはB1010Zで折り返して来るはず。
そろそろかな…と萱島の方に目をやると
地上を走る8531Fの姿が目に飛び込んできました。

_MG_6395


急いで市道を走り、8531Fの元へ。

_MG_6396

ちょうど出庫する電車があり、
下木田踏切を過ぎたところ、車庫の手前で信号待ちをしてました。

そしてこの上をエレサルが通過。どうやらここから差し替えられたようです。

_MG_6406
出庫する2200系とすれ違い、車庫に入って行きます。

_MG_6409

ちょうどその時、下りの特急がやって来ました。
 _MG_6411 
上下に並びを撮ろうと思いましたが、
1000系に被られ、シャッターチャンスを逃しました。

_MG_6420

8531Fは折り返し車庫に帰って行きました。

最近、8531Fが差し替えられて車庫に帰って行く姿をよく目にしますが、
調子が悪いのか、予備車が少なくタイトな運用なので休ませているのか、
気になるところです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8010Fの様子を見てきました。

3月4日に工場の外へ出てきた8010Fの大阪方4両ですが、
車窓からの観察ではいまいちよくわからなかったので、
今朝、寝屋川車庫へ様子を見に行ってきました。


_MG_6374
まずは車庫の正面から。
5号車、元テレビカーの妻面よ山側側面が見えますが、
この距離では元電話室の様子など、詳細はわかりません。

西側の市道に回ってみました。

_MG_6382
5号車、8760号車の全貌です。
屋根の上が非常にすっきりしています。
テレビが撤去された証拠ですね・・・
 _MG_6391
8760号の京都方。

_MG_6381
8760号の大阪方。

カーテンは綺麗に閉められてきて、内部の様子はわかりません。
本線上を走る車内から見たときは、
中途半端にロールカーテンが下ろされているのかと思っていましたが、
高さがキチッと並んでいます。

ロングシート部はハイバックということですが、
窓の下1/3位のところまで背もたれがあるのでしょうか。

また、戸袋のところだけ、カーテンの形状が違います。
窓の中にさらに小窓が空いているように見えるのですが・・・?

_MG_6416 
一方、大阪方先頭車の8060号です。

乗務員室の後ろは、中間車の車端部と形状が違い、
ドアの向こうにもクロスシートらしきものも見えますので、
乗務員室の後ろはクロスシートのままのようです。
(京阪に電話で確認されたブロガーさんがいらっしゃるようです)

金のラインや車番はまだ貼り付けられていませんし、
京都方の動向もわかりません。
試運転はまだまだという話もありますが、
早くお目にかかるのが楽しみです。

4月5日の車庫ツアーに申し込んでいるのですが、
気になるので、早めの日程で申し込めばよかったと少し後悔です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (5) | トラックバック (1)

489系ホームライナー②

前回の続きです。

_MG_5734
発車まで時間があり、9番線の電車もいなくなっていたので、
9番線からボンネットの反対側を撮ってみました。

_MG_5736
9番線から斜めに撮ってみました。

そして、車内へ。

_MG_5737
3号車は「クハ489-22」でしたが、
車内のプレートはなく、このようなシールが貼られていました。

_MG_5738
6号車は半室ラウンジカーです。
このような椅子やソファーが配置されています。

窓の上には北陸の名所の写真が飾られていました。

_MG_5745
「雨晴し海岸と立山連峰」だそうです。
 _MG_5746
「黒部峡谷とトロッコ電車」

_MG_5741
ラウンジカーの長岡寄りには自動販売機と
今は使われていないカウンターがありました。

_MG_5742
7号車。
青いひじ掛けが印象的でした。

_MG_5744
9号車。
この先は乗務員室になっています。

このままホームライナーに乗車し、古河まで行きたかったのですが、
翌朝の能登を撮りたかったので、大宮でホームライナーとはお別れしました。
  _MG_5748
大宮にて。
長岡方先頭車(9号車)です。

_MG_5750
スカートの隙間から見える協調運転用ジャンパ栓。
碓氷峠を越えていた頃の名残です。
      _MG_5751
ヘッドマークはこんな感じです。
上から鉄板?をかぶせただけ?の簡単なつくりのようです。

次回は翌朝の上野駅の様子を紹介します。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パタパタ

鉄道部品に散財してしまいました。
予算オーバーだったのですが、
「初詣準急」の種別に惹かれてつい・・・


↓購入したパタパタの内容です。
回送
通過
臨時
当駅止り
留置
特急三条
臨時特急三条
急行三条
臨時急行三条
普通三条
三条
特急出町柳
臨時特急出町柳
急行出町柳
臨時急行出町柳
普通出町柳
出町柳
臨時特急大阪天満橋
急行寝屋川市
初詣準急大阪淀屋橋
準急寝屋川市
準急樟葉
準急淀
特急大阪淀屋橋
臨時特急大阪淀屋橋
急行大阪淀屋橋
臨時急行大阪天満橋
臨時急行寝屋川市
急行宇治
準急大阪淀屋橋
準急大阪天満橋
普通大阪淀屋橋
普通大阪天満橋
普通守口市
普通寝屋川市
普通樟葉
普通淀
普通宇治
普通中書島
普通深草

どこの駅で使用されていたのか不明とのことでしたが、

①出町柳が入っているので、鴨東線開通後のもの
②萱島行きが入っていないので、京都方の駅のもの?
③特急が入っているので、特急停車駅?
④K特急が入っていないので、2003年以前のもの?

・・・となると、特急が停まらない駅に特急は入っていないでしょうから
四条・七条・丹波橋あたりでしょうか・・・?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

489系ホームライナー①

2/19にホームライナーを撮るために上野駅に行った際のレポートです。
489系の1本目には間に合わず、2本目には早すぎたので、
高崎線・常磐線の特急を見に行きました。

_MG_5697

185系あかぎ。
当時は子供心に『485系 is 特急』と思っていたので
117系に瓜二つの電車で特急を運転するなんて!と衝撃を受けました。

_MG_5698

651系スーパーひたち。
そしてホームライナーの到着する8番線へ。

_MG_5701

185系が回送幕でやってきました。
幕回しを撮影。

_MG_5702
特急幕。
至ってシンプルです。
 _MG_5703

湘南ライナー。

_MG_5704

そして、ホームライナー。

_MG_5705

隣のホームが空いていたので、全体を写してみました。
185系が出発したのち、ホームライナー古河3号の整理券を買い、
489系の入線を待ちました。

_MG_5707

489系がやって来ました。

_MG_5714

停止位置で停車。

_MG_5717

一瞬、ヘッドライトとテールランプ両方が点灯しました。

_MG_5727

先頭車のボンネットを横から撮ってみました。
子供の頃、雷鳥や白鳥で当たり前のように見ていたこの姿も
もうすぐ見納めかと思うと寂しいです…

次回は車内の様子を紹介したいと思います。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8010Fの大阪方が出てきました。

例のごとく準急に被られ写真は撮れませんでしたが、
ドアを開けて掃除をしているように見えました。

肝心のロングシート部分はカーテンが閉まっていて見えませんでした…

約4ヶ月半かかりましたが、どんな仕上がりになっているか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10003Fが復帰、ターコイズもあと1編成

2月上旬から入場していた10003Fが本日から営業運転に復帰しました。

_MG_6366
_MG_6368 
枚方市にて。

これで1次車のシティコミューター化は完了。
ターコイズグリーンのまま残るのは10006Fのみとなりました。

タコぼしも撮りに行きたいのですが、
なかなか都合がつきません・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

房総半島の横須賀色113系

蘇我駅で撮った113系です。

横須賀色の113系は横須賀線・総武快速線で活躍していましたが、
今では房総半島で活躍しています。

_MG_5677

S69編成。
更新工事が行われており、運用番号が電光表示になっています。

_MG_5681

側面の方向幕です。

京都でもまだかろうじて湘南色原色の113系を見ることができますが、
いつの間にか方向幕がLED化され、幕式のものが懐かしく思えました。

_MG_5680

号車札です。
西日本の113系で号車札が入っているのは見たことがありません。

_MG_5684

S69編成を反対側から撮ってみました。

_MG_5690

208編成がやってきました。
運用番号が電光表示になっていないので、
よりオリジナルに近い印象を受けます。

_MG_5687

同じ編成を前から撮ってみました。

30分ほどの間に2編成113系を見ることができ、
まだまだ房総半島では頑張っている印象を受けますが、
房総の113系も来年には209系に置き換えられるそうで・・・

横須賀色の113系・・・
私が子供のころは湖西線内を新快速として走っていたので、
新快速と言えばスカ色の113系というイメージが
強烈に焼き付いています。

そのスカ色の113系もあと少しで見納めかと思うと・・・
寂しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9005Fが3000系を代走

今日も9005Fが3000系運用を代走していました。
最近、3000系運用に代走が入ることが多いですね。

10時台の下り優等はガラガラですので、
丹波橋から乗っても余裕でかぶりつけました。

_MG_6306
ロングシート化されたのは残念ですが、
やっぱり9000系も大好きです。
特にM車の加減速時の音(VVVFの音?)が好きなので、
M車に好んで乗っています。

_MG_6308
そして、門真市に向かうため、香里園で区間急行に乗り換えました。

以前は3000系の代走といえば、金曜日や朝晩の運用が多かったですが、
最近は日中の運用も代走されていますね。
9000系なら大歓迎ですが!

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1502Fが復帰

2/27(土)の停電事故の当該車両とされる1502F。
土曜日の夕方、淀区の検車庫に収容されていたのは
他のブロガーさんなどの目撃情報などから、おそらく1502Fだと思います。

昨日、3/1(月)の夕方、寝屋川の営業線の近いところに留置されており、
床下から煙を吐いたとの話も耳にしていたので、
修理に時間がかかるのかな・・・と思っていましたが、
今日お昼頃、区急運用に入っているのを見かけました。

_MG_6337
_MG_6341
大事に至らなかったみたいで良かったですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「489系特急とき」運転

能登の運転終了まであと10日あまり。

最終の上りの能登は上野到着後、
金沢まで回送されるのかな・・・と思っていたら、
こんなものを見つけました。

toki
回送がてらリバイバル列車の運転だそうです。
詳細はこちら↓ 
http://jreast.eki-net.com/oshirase/pdf/toki20100301.pdf

最終能登の空き状況、えきねっとでちょくちょくチェックしているものの、
先日一応能登に乗ってきましたし、
先日オークションで散財してしまい、金欠気味なので、
もう最終能登は諦めようかと思っていた矢先のこの案内。

かなり惹かれるものの、上野発着・・・
これ+東京までの往復交通費+前日のホテル代。
やっぱり厳しいものがあります。

先程試しに予約してみたところ、最後まで進めたので、
まだ空席はあるようです。
興味のあるかたはどうぞ参加してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

209系と113系の巣窟 蘇我駅にて

2月19日に東京に行った際の写真です。

水道橋で201系を撮ったのち、ホームライナーの撮影に備え、
東京駅近くのホテルにチェックインし、休憩を・・・と思ったのですが、
ただ普通に東京駅に向かったのでは面白くない!と
水道橋→総武緩行線→総武快速線→蘇我→京葉線→東京と
大回り乗車をしてきました。

・・・と言いますのも、今後の動向が気になる113系と
房総半島への転属が進んでいる209系に会うためです。
 

_MG_5669


錦糸町→蘇我でお世話になったE217系です。
横須賀色のラインが113系を彷彿とさせるデザインだと思います。

蘇我駅は外房線と内房線・京葉線の連絡する駅です。

_MG_5670
蘇我駅に降り立った際に止まっていた京葉線の電車は209系でした。

_MG_5672 
内房線の211系3000番台。

211系自体は東海道線でよく見かけますが、
房総の211系はシングルアームのパンタグラフが増設されているのが印象的です。
奥に従来の菱形のパンタグラフも見えます。

_MG_5673
京葉線の快速がやってきました。
205系の初期車でした。
京葉線には209系のように白いマスクの後期車も投入されていますが、
この日はお目にかかれませんでした。
 _MG_5675
205系と209系の並びです。

京葉線にもこの夏からE233系が投入され、
201系と205系の駆逐が始まるそうなので、早いうちに撮っておかないと・・・

_MG_5685 
しばらく電車の到着がなかったので、
側線に止まっていたE257形500番台を撮ってみました。
幌つきの顔が妙に親近感を覚えます。

_MG_5691

続いては外房線の211系。
種別幕が内房線は黒、外房線は赤になっています。

_MG_5693 
そしてお待ちかねの房総に転属してきた209系2100番台。
C608編成ということは、元ウラ45編成ですね。
セミクロス化されていますが、この顔つきは紛れもなく209系!
新天地でも頑張ってください。

113系に関しては記事を改め、明晩にでも更新したいと思います。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波橋駅改修工事の様子 その② ~停電によるダイヤ乱れも交えて

丹波橋駅の工事の様子レポート、今回は駅舎の内部の様子です。

西側の改札口から階段を上ろうとすると、
階段の手すりのところに工事の概要?が書かれていました。 
 

_MG_6232


写真では非常に見づらくなってしまいました。
近いうちにもう一度確認してこようと思っていますが、
昨年11月中旬から今年5月中旬にかけて
駅舎(店舗)の工事を行っているとのことです。

ホームに降りると2614Fが止まっていました。
   _MG_6233
電光掲示板には「ダイヤが乱れています」と表示されていました。

_MG_6234
ホームの端から伏見桃山の方を眺めてみると、
ホームの先がフェンスで囲まれており、木材や土嚢が置かれていました。

_MG_6235
ホーム大阪方、屋根を支えている柱の周りはフェンスが張られ、
柱の周りが掘り返されています。

_MG_6236
そのフェンスには工事のお知らせが貼ってありました。
4月下旬にかけて、コンコースの増床工事を行うとありました。

_MG_6238
4番線に止まっていた2614Fが出発すると
4番線の向こうにフェンスで囲まれた足場が組まれていました。

ひとしきり写真を撮ったので、
最後に「ダイヤが乱れています」を撮ろうと電光掲示板を見ると

_MG_6240
通常の表示に戻っていました。
私が丹波橋のホームで写真を撮っているうちに概ね復旧したようです。

そして昨日の記事の追記ですが、今日(3/1)の午後に丹波橋駅を通った際、
その①で紹介した車止めと線路が撤去された枕木が残されていた箇所も
アスファルトで固められていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波橋駅改修工事の様子 その① ~停電によるダイヤ乱れも交えて

昨日、勉強会の帰り、丹波橋で近鉄から京阪に乗り換えました。
その際、下板橋踏切まで足を伸ばして、工事の様子を見てきました。

下板橋踏切から伏見桃山方を見た様子です。
ちょうど1年前、2009年2月20日に撮った写真がありましたので、
比較をしていきたいと思います。

_MG_6209
↑2010年2月27日 / 2009年2月20日↓

 
資材が置かれているのと、プレハブ小屋ができていること以外は
特に大きな変化はなさそうです。

_MG_6210

車内から看板が見えたので、工事の概要でも書かれているのかと思いましたが、
車両限界・建築限界などが描かれていただけでした。

_MG_6214
仮設トイレの前には「無災害記録表」がありました。
これによると2月1日から工事が始まったのでしょうか??
連続無災害日数は21日だそうです。
無事に工事が終わることを期待しています。

奥に工事中の看板が寝かされていたので、見てみましたが、
奈良県内の別の工事の看板でした。

今度は丹波橋の駅の方を見てみました。
 
_MG_6211

↑2010年2月27日 / 2009年2月20日↓

 
車止めが撤去され、枕木が積まれ、簡易の車止め?ができています。

さらにアスファルトと木材で作業用車両の進入路と思われる通路が
2番線に向かって伸びています。

_MG_6212
縦位置で手前の方も写してみると、線路が撤去された枕木が3本ありました。
奈良電と繋がっていた名残の側線ですが、若干線路が撤去されたようです。

_MG_6216
踏切を渡り、別角度から丹波橋駅を撮りました。
この角度だと4番線の線路の横にもフェンスがあるのが
おわかりいただけるでしょうか。

時刻はもう17時半になろうとしていましたが、
停電事故のダイヤ乱れをまだ引きずっていたらしく、
2601Fがまだ丹波橋駅構内にいるにもかかわらず、遮断機が下り、
2601Fが出発するやいなや2604Fがやってきました。
さらに続いて8003Fが到着。

_MG_6230
この先、京都方では数珠つなぎでえらいことになってそうでした。

次回は駅構内の様子などを紹介したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »