« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

湖都古都おおつ電車DE落語&ビア運転④

湖都古都おおつ電車DE落語&ビア号ですが、
昨年までは夜の部1便だけでしたが、好評なので今年から昼・夜2部制になりました。

普段石坂線でしか走っていない700形が京津線に入るということで
昼の部は撮り鉄にまわりましたが、夜の部は実際に乗車してきました。

昼の部が終わり、一旦落語電車は錦織車庫へ帰っていきました。
1時間弱程時間があったので、図書館の資料室で時間をつぶし、
集合時間の少し前に浜大津駅に戻ってくると既に受付が始まっていました。

_MG_0274
列に並んでいると、今日落語を聞かせていただく2人の噺家さんが来られました。
噺家さんは車庫から乗車ではなく、私たちと同じく浜大津から乗車されました。

_MG_0275
ホームに下り、落語電車の入線を待っていると、反対ホームにちま吉がやって来ました。

_MG_0278
たけひろさんと再開し少しお話しをさせていただいていると、落語電車がやって来ました。
昼の部の送り込みは「臨時」幕で走っていましたが、
夜の部の送り込みは「回送」幕になっていました。

そして、標識灯。
今まであまり意識していませんでしたが、
先日のビールde電車の際に標識灯が点灯していることに気づき、
注意して見るようにしていました。
普段、石坂線では普通しか走っていないので、
標識灯が遠投しているのは珍しいのではないでしょうか。

_MG_0281
ホームの行先案内は「団体」です。

そして車内へ。

どこに座っていいかわからず、
とりあえず車いすスペースに置いてあった折りたたみ椅子に座ったところ、
そこが私の席となりました。
昔の京阪特急の補助椅子みたいですね。

_MG_0311
床にシートが置いてあったので、この先は立ち入り禁止かと思っていましたが、
この奥の座席もOKでしたし、このシートも着席OKでした。
ここは真正面に噺家さんが見えるので、特等席ですね。

それにしてもこのシート、入場中の車両からの借り物でしょうか。

車内の様子はというと

_MG_0284
100周年号ということで、歴代の車両のイラストが展示されており、
吊革が外され、提灯がぶら下がっていました。
窓の上段にはカーテンが掛けられています。

出発すると、愛する会会長さんの挨拶や、噺家さんの紹介などがありました。
私の乗った2号車は前半が笑福亭右喬さん。

_MG_0287
紹介のあと、高座に上がられ、噺を始めようとされましたが、
1号車の方からスケジュールなどの説明があり、待ったが掛かりました。

有名人なので写真はNGかと思いましたが、OKとのこと。
みなさん一斉に写真を撮り始めました。

チラシでは坂本・石山寺の停車中に落語を演じるということで、
移動時間はどうやって過ごすのだろうと興味津々でしたが、
さすがは噺家さん、坂本到着まで小話などであっという間に時間は過ぎます。

坂本到着の少し前から『ときそば』が始まりました。
興味津々で噺を聞いていましたが、こちらも気になるので・・・

_MG_0293
一旦退席してケーブル号との並びを撮らせていただきました。

坂本から浜大津に向かう道中は、扇子や手ぬぐいの使い方講座。
うどんの食べ方などを教えていただいたあと、子供さんが高座へ呼ばれ、
師匠の指導のもと、実際にうどんを食べて、鼻をかむ仕草を演じられました。

続いて、バルーンアート。

_MG_0296
バルーンアートの腕前もさることながら、さすがは噺家さん、間の取り方が絶妙でした。

そして、浜大津で1号車に乗っておられた笑福亭伯枝さんと交替。

_MG_0298
伯枝さんは、相撲界の裏話など、面白い小話を聞かせて下さり、
至る所でケラケラ笑っていたのは思えているのですが、いい感じに酔っ払っていたので、
はっきりとは話を覚えていません。(ごめんなさい)
          _MG_0304
石山寺にて。
 _MG_0305
臨時幕、「落語&ビア」の貼り紙、100周年のステッカーです。
  _MG_0306
落語電車の706と定期列車の710の並び。
ホームでは噺家さんがファンの方とお話しをされていました。
 _MG_0307
京阪唯一のパタパタ。
今回もビールde電車と同じく、「臨時 近江神宮前」となっていました。

  _MG_0312 
石山寺出発と同時に落語が始まり、あっという間に石場。

最後は伯枝さんが高座から下り、私たちの前で謎かけを披露して下さいました。

テレビで落語は見ることはあり、鶴瓶とざこばの「らくごのご」の公開録画にもよく足を運び、
落語は好きだと思っていましたが、生で古典落語を見るのは考えて見れば初めての体験。
また落語を見に繁昌亭に行きたくなりました。

電車も落語もビールも好きな私にとっては、たまらない企画でした。
来年もあれば、是非参加したいと思います。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の寝屋川車庫 ~10.09.29

今日のお昼前の寝屋川車庫の様子です。

車庫の奥には7001Fの大阪方と思われる編成が留置されていました。
来週週明けの試運転でしょうか。

一方、8001Fが工場内に移り、すっきりした工場前。
次に入場する編成は・・・?と毎日注目していますが、
2211Fの京都方4両が留置されていました。

_MG_9545
側面が補修されているように見えるのですが・・・?

_MG_9546
まだまだ検査期限ではないので、検査入場ではないと思いますが、
側面の補修?跡が気になります。

※夜には工場前から姿を消していました。
明日の動向が気になりますね。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖都古都おおつ電車DE落語&ビア運転③

年甲斐もなく、上栄町から浜大津まで全力疾走して息絶え絶えの私。

_MG_0231

明日都大津の前にたどり着くと、落語電車が引き上げ線で折り返し、
坂本に向かうべく、浜大津のホームに停車していました。

_MG_0232
そこへ先ほど追い越した回送の800系がやって来ました。

意外にも長く落語電車が停車しているので、
併用軌道の撮影スポットを探していると落語電車がやってきました。

_MG_0236
ちょうど石山寺行きの電車がやって来たので、
その離合を狙いましたが、電柱の影になってしまいました・・・

_MG_0237
落語電車を見送り、坂本まで追いかけようと三井寺の方へ歩き始めたところで、
たまごさんと再会、半ば強引に坂本まで一緒に落語電車を追いかけました。

やって来たのはちま吉電車。
浜大津での落語電車の荷物の積み卸しなどのせいでしょうか、
5分程遅れていると案内放送がありました。

_MG_0243
坂本駅では乗ってきたちま吉電車と落語電車が並びました。
電光掲示板は無表示のまま。
たまごさんによると臨時などが運転されると無表示になってしまうそうです。

たけひろさんとも再会できましたが、
発車時刻がわからず、お互い写真を撮るのに夢中であまりお話しできませんでした。

_MG_0244
今回の落語電車には100周年号が抜擢されており、
100周年のロゴや、歴代の車両のイラストが貼られていますが、
「大津京への道」のステッカーを剥がした跡もくっきり残っていました。

_MG_0247
ドアは半自動になっており、トイレに行くお客さんは手動でドアの開閉をされていました。
   _MG_0245
各車両の運転台の後ろにはこのような高座が組まれていて、
大入の提灯がぶら下がっていました。
提灯と干渉してしまうからか、車内のつり革はすべて撤去されていました。

運転台を覗くとスタフが置かれていましたので、発車時刻を確認。先回りすべく、松ノ馬場へ向かいました。

_MG_0252
撮影場所を探しているうちに落語電車がやって来てしまいました。

_MG_0254
結局、寶林寺の前で撮影しました。

その後、返却回送を撮るために再度併用軌道へ。

_MG_0261
坂本ケーブル号がやって来ました。
西陽を浴びてとても綺麗でした。

_MG_0264
そして、落語電車の返却回送です。
      _MG_0270
坂本ケーブル号の数分後なのに、もう日が沈んでしまったようです。
どんどん日が短くなっていきますね。

回送幕を見てもあまり何とも思っていませんでしたが、
たまごさんの話では石坂線では珍しいとのこと。
なるほど、石坂線の定期列車は近江神宮前から入出庫することが多いので、
回送されることは少ないのかもしれません。

普段から石坂線を利用されているたまごさんに色々教えていただいて
とても楽しい撮影になりました。有難うございました。

一緒に撮影させていただいたたまごさんと落語電車に乗車されていたたけひろさんの記事に
トラックバックを張らせていただいています。
よろしければ、そちらもご覧下さい。

たまごさん京阪大津線 「京阪亭湖都古都おおつ電車DE落語&ビア」の臨時列車運転②(2010/9/25)
たけひろさん「湖都古都おおつ電車DE落語・ビア~京阪大津線」

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖都古都おおつ電車DE落語&ビア運転②

25日土曜日に運転された湖都古都おおつ電車DE落語&ビア号。
錦織車庫で出庫準備をしているのを観察してから京津線に先回りしようと思っていましたが、
出遅れてしまったため、結局落語電車の続行の電車で追いかけることになりました。

_MG_0187
後続の電車で四宮に着くと、落語電車は3番線に止まっていました。
乗ってきた813Fとの並びをカメラに収め、3番線に向かいます。

同じ電車にいつもコメントを下さるたまごさんも乗っておられたようで、ホームで軽く会釈、
同じくたけひろさんは落語電車に乗っておられたので、窓越しに軽く挨拶を交わして、
早速、落語電車の撮影にかかりました。

_MG_0191
四宮車庫に留置されている800系と落語電車。
今となっては四宮まで800系以外の電車が入線するのはごく稀なこととなりました。
毎年、トーマス号のラストランでは乗り入れてましたが、
今年はトーマス号の設定がないので、次回乗り入れるのはこのような企画ものの電車でしょうか。

_MG_0194
2番線に浜大津行きの電車がやって来ました。
もっと写真を撮りたかったのですが、まわりにいらっしゃった同業者の方が
次々この浜大津行きに乗車されたので、私も思わず乗ってしまいました。

落語電車の発車時刻がわからなかったので、
深追いしすぎてまた先回りできなくなるのも、アレですし・・・

最初は併用軌道へ行こうかと思っていましたが、
蝉丸神社の前に誰もいないことを確認して、急遽蝉丸神社に行こうと思い立ち、
上栄町から歩いて蝉丸神社に向かいました。

_MG_0198
蝉丸神社にて。
警報機が鳴り、遮断機が下りだしたところへ、地元のお母さんがやって来られました。

_MG_0200
この電車を後追いで撮ってみたところ、
西陽の逆光とスプリンクラーの水が電車の風で巻き上げられ、
一風変わった写真が撮れました。

_MG_0206
落語電車の前にもう1本定期列車がやって来ました。
慌てて先行列車に飛び乗らなくても良かったみたいです・・・

_MG_0217
そして、落語電車が蝉丸神社前を通過。

_MG_0219
浜大津で折り返して、坂本へ向かう落語電車を撮ろうと
駆け足で電車通りを下っていくと、信号待ちをしている落語電車を捉えることができました。

_MG_0222
もっと近くまで駆けていきたかったのですが、
私自身も信号に引っかかってしまい、結局追いつけませんでした。

それでも浜大津-三井寺の併用軌道で撮ろうと駆け足で浜大津に向かうと
背後から聞き覚えのある警笛が聞こえました。

振り向くと・・・
 _MG_0225
回送の800系が下ってきていました。
    _MG_0227
浜大津近くで上りの800系とすれ違い。
・・・トラックが邪魔でした。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミュージアムトレイン最終日②

午前中、トレカをいただいて、一旦撤収。
午後からは子供たちを連れて、再度中書島へ向かいました。
午前中から子供たちを連れて行っても良かったのですが、
どうしても行動範囲が限られてしまうので、子供たちはお留守番。
子鉄の長男がどうしても!と言うので、中書島に舞い戻ってきました。

子供たちとミュートレを堪能し、退場すると15時40分をまわり、
入場が終了、後片付けが行われていました。
ミュートレに貼られた貼り紙などが剥がされ、
車体に残った糊?を綺麗に剥がされている様子を
おそらく寝屋川での展示が終われば廃車にされるのに
最後まで大事に扱われて幸せな電車だなぁ・・・と眺めていました。

_MG_9487
大阪方の副標はまだ裏返されていませんでしたが、
京都方の100周年の副標は早々に裏返され、「回送」表示になってました。

せっかくなので、返却回送を撮ろうと思いましたが、
ちょうど16時過ぎに8531Fが来るので、それを撮影してから帰ることにしました。

_MG_9503
_MG_9504
60周年のヘッドマーク掲出もあと少しになりました。

_MG_9508
8531Fを見送り、八幡市に向かおうとしますが、やって来たのは2601Fでした。

八幡市に到着。

_MG_9514
8008Fがやって来ました。

_MG_9515
新色2221Fと旧塗装2219Fが並びました。
2270は貫通扉が2400系と同様のものに交換されていますので、
他の2200系とは印象が違いますね。

_MG_9519
3004Fの快速急行。

今回の返却回送は淀で待避があるとは聞いていましたが、
具体的なスジがわからなかったので、今か今かとドキドキしながら待っていました。

_MG_9520
2634Fが新色で出場し、系列唯一の旧塗装となった2631Fです。

_MG_9522
混色編成の2614F。

_MG_9525
2614-2914は来年検査期限を迎えるので、塗装変更されなかったのでしょうが、
2914の側面にはこのような痛々しい傷がありました。

_MG_9526
_MG_9532
そして、ミュートレの返却回送が通過。

_MG_9535
ミュートレ、お疲れさまでした。
来月の寝屋川車庫一般公開で再開できるのを楽しみにしています。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミュージアムトレイン最終日①

今日は7月から始まったミュージアムトレインの最終日でした。
来月の寝屋川車庫公開でも公開されますが、
本線上を走るのは今日が最後かと思われます。

送り込み回送は色々考えた挙げ句、木津川の堤防へ行きました。
時間があれば橋を渡って北側まで行きたかったのですが、
出遅れてしまったので、木津川橋梁の八幡市寄りで狙いました。

_MG_9443
_MG_9446
堤防に上がって程なく、ミュートレが通過。

_MG_9455
_MG_9458
続行する特急には8531Fが充当されていました。

_MG_9462
堤防からは男山ケーブルも綺麗に見えます。
8531Fの通過がもう少し遅ければ、10時発のケーブルと絡めることができたのですが、
残念ながらケーブルカーが姿を見せる前に8531Fは鉄橋を渡ってしまいました。

8531Fを見送ったところで、中書島へ移動しました。
午後から子供たちの世話を頼まれており、中書島を11時過ぎには経たないといけなかったので、
駆け足で宇治線2600系とミュートレの並びの撮影、スタンプを押してトレカ交換と
駆け足でこなしてきました。

_MG_9468
先週金曜日の朝運用から10005Fが宇治線に入っているので、
10000系とミュートレの並びが中書島でも実現しました。

_MG_9471
10005Fが出発後、ミュートレだけを撮ってみました。
4番線に見えているのはスタンプを押すための行列です。

_MG_9473

2621Fとの並び。

この後、ミュートレに入場しましたが、
10時半頃には入場の列は3両目まで延びていて、入場に20分程かかりました。

トレカの配布もあるので、ある程度の混雑は覚悟していましたが、結構な行列で驚きました。

2621Fの後には2615Fが来ていたそうですが、
ミュートレの列に並んでいてカメラに収めることはできませんでした。

_MG_9474
駆け足でスタンプを押し、トレカをいただき、2623Fとの並びをカメラに収め、
一旦、中書島を後にしました。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖都古都おおつ電車DE落語&ビア運転①

本日9月25日(土)、京阪大津線にて
湖都古都おおつ電車DE落語&ビア号が運転されました。
今年で4回目となるこの企画ですが、
毎回大勢の申し込みがあるそうで、今年は昼・夜2部制で行われました。

今年新たに設定された昼の部は、現在石山坂本線でのみ運用されている電車が
久々に京津線に入線するということで、昼の部は撮り鉄に
夜の部は実際に落語電車に乗ってきました。

出撃の前に実家に寄り、母と話し込んでしまい、
危うく送り込みに間に合わなくなるところでしたが、
何とかギリギリ間に合いました。

_MG_0157
近江神宮前に着くと、車庫には出庫待ちの705-706編成がいました。

_MG_0162
私が乗ってきた坂本ケーブル号が出発すると、705Fが出庫してきました。

どの車両が抜擢されるのか楽しみにしていましたが、
何と100周年号が抜擢されていました。

_MG_0168
そして青空の下、浜大津に向けて出発です。

_MG_0173
後続の電車で追いかけようとホームに戻るとちま吉がやって来ました。

_MG_0174
ちま吉と709-710編成の並びです。

709Fに乗って浜大津に着くと落語電車がちょうど入線してくるところでした。

_MG_0180
706号のヘッドマークには笑福亭伯枝師匠の写真入り。

_MG_0181
ホームの電光掲示板は「団体」の表示です。

_MG_0183
そして落語電車は四宮に向けて出発していきました。      

_MG_0186
落語電車を追いかけるべく、京津線の電車が折り返すのを待っていると
マザーレーク号がやって来ました。

もう少し813Fが折り返し線に入ってくれると813Fと707Fが並んだのですが、残念・・・

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波橋コンコース拡張工事が完成

今年2月頃から工事が行われていた丹波橋駅コンコース拡幅工事ですが、
車窓から眺めていると線路周りが復旧されつつあるようなので、
様子を見に行ってきました。

_MG_6090

今年の2/25の写真です。
元々奈良電への渡り線として使われていたと思われる側線の末端が
アスファルトと木材で埋められ、工事用車両が入れるようになっていました。

_MG_6211 
2/27には下板橋踏切から丹波橋駅の方を見てみました。

_MG_6234

下りホームの大阪方には土嚢や木材など
工事用資材が置かれていました。

さて、今日の丹波橋の様子ですが、

_MG_0141
ホームの大阪方にフェンスで囲まれていた資材置き場は撤去され、
レールの間に敷かれていた木材は撤去されていましたが、
アスファルトはそのままでした。

_MG_0142
2番線と3番線の線路の間もアスファルトで舗装されたままでしたが、
よく見てみると枕木が木製のものとコンクリート製のものが混在しています。
工事が始まったときからこういう感じになっていました。
工事用の木材を固定するために一部を木製の枕木に変えていたのか、
元々混在していたのかわかりませんが、
京阪線で木製の枕木を見たのは新鮮な感じがしました。

_MG_0143
こちらがコンコースの増床した部分です。

_MG_0149
2番線側から側線の方を見てみました。
工事の後片付けは終わっているようにみえますが、
アスファルトはこのまま放置されるのでしょうか?
 _MG_0144
増床した部分にはマツモトキヨシ、CASCADE(パン屋さん)、京阪交通社、SWEETS BOXが
入っているようです。
ちょうど、今日オープンしたばかりのようで、多くのお客さんで賑わっていました。

_MG_0146
改札内から見るとこのような感じです。
天井の店のサインがおしゃれです。

_MG_0148
ちなみに、改札内には明日のミュートレの案内が置かれていました。
いよいよ、明日・明後日は中書島ですね。
日曜日の午前中に伺う予定です。

丹波橋駅の工事の様子は以下の記事で紹介しています。
よろしければ、こちらもご覧下さい。
丹波橋駅構内で何らかの工事はじまる
丹波橋駅改修工事の様子 その① ~停電によるダイヤ乱れも交えて
丹波橋駅改修工事の様子 その② ~停電によるダイヤ乱れも交えて 

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2634Fが運用復帰。

先週金曜日に出場試運転を行った2634F。
最短で日曜日の復帰かと思っていましたが、
日曜日は車庫でお昼寝をしていました。
月曜日は非鉄でしたので、運用に入っていたのかは不明ですが、
火曜日の夜には本線寄りの線に移っていたので、
少なくとも昨日から運用に復帰していたものと思われます。

今朝は、枚方市の5番線に止まっているのを見かけました。
運用を辿っていくと出町柳17時55分発の準急に充当されるはずです。
ちょうど仕事が定時に終わったので、出町柳まで写真を撮りに行ってきました。

_MG_0112
妻面のプレートには「平成22年9月17日」と記載されています。

_MG_0113
ホームに止まってますので、足回りはよくわかりませんが、
台車は綺麗に塗装されていました。

_MG_0119
正面から見るとこんな感じです。
スカートも綺麗に塗装されています。
   _MG_0120

8531Fは屋根裏の塗装は行われていませんでしたが、
2634Fは屋根裏も綺麗に再塗装されています。

気になっていたモケットは既に報告されているとおり、
従来のままでの出場でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カメラリュックを買いました。

何だかんだでほぼ毎日カメラを持ち歩く日々。
元々肩こりがひどい私ですが、最近ますますひどくなってきて
せっせと整体に通っているのですが、

肩こりの原因は
1.重いカバン
2.重い子供たち
3.仕事柄PCを使うことが多いこと などが考えられます。

2.と3.に関してはさしあたってはどうすることもできないので、
カバンをリュックに変えることにしました。

昨日、某カメラ屋さんで散々迷った挙げ句、ネットでの評判なども参考に
タウンユースにも使えそうな↓このカバンを買いました。

本日発送だそうなので、
この週末からはこのカバンを持って出撃することになると思います。

このカバンを見かけたら声をかけて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の寝屋川車庫 ~10.09.19

枚方市のミュージアムトレインを見に行った帰りに撮った
今日の寝屋川車庫の様子です。

金曜日に試運転を行った2634F、今日から復帰かと期待していましたが・・・

_MG_0105

寝屋川車庫でお休み中でした。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

枚方市にミュージアムトレインがやって来ました。

今日は、枚方市のミュージアムトレイン告知と
ミュートレと8531Fの並びを撮りに枚方市に行ってきました。

ミュートレの送り込みをどこで撮ろうかと思案しましたが、
途中駅は寝屋川市・香里園・光善寺・枚方公園のみで、
どの駅も混雑しそうなので、枚方市で5番線に入線するところを狙いました。

5番線は既に混雑しており、子連れでもあったので、
比較的空いていた3番線で狙いました。

_MG_0016
_MG_0020
5両を収めるのは無理でした・・・
普段撮らないアングルは難しいですね。

_MG_0026
そして5番線に入線。

ミュートレのオープンまでに精算がてら、ミュートレの告知を探しに改札口へ。

_MG_0034
改札口にこのような告知がありました。
電飾まで飾られて、力の入れようがスゴイです。

_MG_0031
改札の外にはこのようなメッセージボードがありました。
ミュートレがアンパンマンに見えてしまうのは私だけでしょうか。

再度、4番線に戻り、ミュートレを撮ります。

_MG_0036

中之島では川側は見ることができなかったので、
川側をじっくり見るのは初めてです。

_MG_0040
2番線・3番線に新旧2600系が並びました。
新色の0番台2604Fと旧色の30番台2631Fの並びです。

_MG_0042
5番線に移り、ミュートレと8000系の並びを撮りました。
8531Fが来ると思って狙っていましたが、スジを読み間違え、8006Fでした。

改めて8531Fのスジを確認し、まだ少し時間があるので、
その間にミュートレの見学に・・・と入場しましたが、
展示に夢中になり、気がつけば

_MG_0066
8531Fが4番線に来てしまいました。
(写真はミュートレ内から)

_MG_0067
5号車で子供を遊ばせていると、
いつもブログにコメントを寄せて下さるたまごさんからメールが来ました。
枚方市に来られているということで、しばし歓談をさせていただきました。

8531Fとの並びを逃したので、次のチャンスまで粘りたかったのですが、
子供を習い事に連れて行かないと行けないので、
一旦、枚方市を後にしました。

子供がDD車の1階席に乗りたいというので、
久しぶりに1階席に乗りました。

_MG_0076
ちょうど目の前にはミュートレの台車が見えました。

_MG_0077
ミュートレの窓から見える乗客の方を見上げてみました。

さて、京橋で子供を教室に送り届け、再度特急で枚方市に向かいます。
その道中、twitterを確認していると、kissyさんが同じ特急に乗車されていると。
先頭でかぶりつかれているとのことなので、先頭まで車内を移動し、
枚方市まで少しでしたが、一緒にかぶりつかせていただきました。

枚方市ではkissyさんのご紹介で、京阪特急さんともご面会。
お二人とも何度かすれ違っていて、一度お会いしたいと思っていましたので、
わずかな時間でしたが、楽しく過ごさせていただきました。

_MG_0085
そして、念願のミュートレと8531Fの並び。
よく考えてみれば、中之島では並びませんし、中書島も4番線での展示なので並びません。
やはり、今日、枚方市に来た甲斐がありました。

_MG_0090         _MG_0098
停車中にもう1枚並びを撮りたかったのですが、5番線は人が多く、
なかなかミュートレの顔が拝めませんでした・・・

8531F出発後、今日お会いした方々とお話しをしたかったのですが、
子供のお迎えの時間があったので、泣く泣く枚方市を後にしました。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (8) | トラックバック (0)

京橋駅にちま吉がやって来た!

今日、京橋駅構内、ホテル京阪前にて大津祭のPRが行われました。
ちま吉もやってくるということで、子供たちを連れて京橋へ・・・

K PRESSには12時~14時と書かれていましたが、
私が着いた13時頃は休憩時間だったようで、
構内放送で「13時30分からおおつさいのPRイベントを行います」と流れていたので、
ひとまず携帯電話の充電をするためにドコモショップで時間をつぶしました。
最初は読み間違えたのかと思いましたが、
何度も「おおつさい」と放送されるので、それが耳について仕方ありませんでした。

13時半前に会場に戻ると軽快な音楽が流れていました。
歌詞をよくよく聴いてみると、ちま吉くんのうた。
イメージソングがあったんですね。

さて、PRイベントが始まり、ちま吉くんの登場です。

_MG_9998
_MG_0001
ちま吉くんが私たちの方へやって来てくれましたが、
うちの子はリアルちま吉に恐れおののき、退散してしまいました。
去年のお祭りでは追いかけて行っていたのに・・・

_MG_0005
そして、西行桜狸山の方たちによるお囃子の演奏が始まりました。

_MG_0006
舞台の横にはからくり人形がありました。
お祭りの時は曳山の上で行われ、お客さんも多くて、なかなか間近で見ることができない
からくり時計の実演を間近で見たかったのですが、
子供が眠くてぐずったので、一旦会場を離れ、戻ってきたときにちょうど実演が始まりました。

_MG_0011
戻ってきた際には人だかりができていて、遠巻きに見るのがやっと。
でもからくり人形の細かい動きに改めて感動しました。

そして、大阪エリア統括駅長のご挨拶。
挨拶のなかで脇取締役にしっかりPRしてくるように言われたというようなことをおっしゃっていましたが、
脇取締役が大津観光協会の会長をされているとは知りませんでした。

_MG_0012
お囃子の演奏も一通り終わり、ふたたびちま吉くんが出てきました。

_MG_0013
うちの子のところにも来てくれました。
次男は喜んでるんですが、長男はまた大脱走・・・
かわいいと思うんですけどね。 

今年の大津祭は10月9日(土)が宵宮、
10月10日(日)が本祭です。

今年も是非見に行きたいと思っています。     

| | コメント (7) | トラックバック (1)

いよいよ試運転間近2634F

今日のお昼休みの2634Fです。
寝屋川車庫の検車庫の中に試運転幕で留置されていました。

_MG_0036

黄緑のラインは貼り付けられていますが、
車番やKEIHANロゴのステッカーはまだのようです。

いよいよ試運転ですね。
モケットが変更されているのか、注目です。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7202F試運転実施!

一昨日、昨日と6003F 、3001Fが立て続けに試運転を行っていたようです。
2634Fの出場試運転は明日でしょうが、撮影には行けないので、
一目2634Fの様子を見に行こうと寝屋川車庫へ行ってきました。
(2634Fについては別記事を起こすことにします)

検車庫の中に2634Fがいたので、検車庫の斜め前から中の様子を伺っていると
左手に白い幕の電車が止まっていることに気づきました。

_MG_0038
試運転幕の7202Fでした。

写真を撮っていると動き出したので、自転車で下木田踏切へ先回り。

_MG_0043
架線柱で顔が半分隠れてますが、出発待ちの7202Fの姿が見えます。

_MG_0050
そして、寝屋川信号所から坂道を駆け上がり、本線へ。

_MG_0055
このあと、8001Fの様子も観察したかったのですが、
7202Fの試運転が気になるので、自転車を返しに帰り、
そのまま今日は古川橋へ向かいました。

_MG_0136
試運転1本目の復路です。

7202の車輪に何やら噴射されているのがわかります。

_MG_0139
別角度から撮りました。
ドアからホースがぶら下がり、車輪の前にホースが来ていました。

どうやら7202Fの試運転もセラジェットの試験だったようです。

_MG_0141
後追いです。
先頭の車輪に霧状のものが当たっているのがわかります。

2往復目の試運転はスルーしようかと思いましたが、
昨日の試運転がB線で行われていたのも気になっていたので、
滝井へ移動しました。

_MG_0165 
先行する普通列車が滝井駅を発車した直後、
土居駅を今にも止まりそうな位の徐行で7202Fが通過。

_MG_0172
7252をよく見ると・・・

_MG_0173
7252にはセラジェットはついていませんでした。

_MG_0178
7202Fが滝井を通過したとき、先行する普通は千林を出たところ。
B線を走る試運転列車が新鮮です。

_MG_0179
そして、7202Fは滝井-千林間で9003Fとすれ違いました。

今日の試運転、往路の滝井付近はB線を走行、
復路の古川橋付近はA線を走行していました。
他の区間は確認していないので、わかりませんが、
何故B線で試運転を実施しているのでしょうか?

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京阪ミュージアムトレインが中書島駅にやってくる!!

いつも楽しみにしている中書島駅3番線の掲示板ですが、
ミュージアムトレインの告知に代わっていました。

_MG_0006 
中書島のこの掲示板に掲出されるものはセンスが良く、親しみが持てるので、
毎回ひそかに楽しみにしています。

しばらくお休みだったミュートレですが、今週末から再開ですね。
26日はトレカをもらうため、中書島へ参戦する予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9002Fが日中の快速急行運用を代走

今日も9002Fが3000系の運用を代走していましたが、
寝屋川車庫の様子を観察したかったので、
とりあえず淀屋橋から8000系のDD車に乗車しました。

中書島で宇治線の運用を観察しながら、
9002Fがやってくるのを待ちました。

_MG_0013
D1402Zの運用に就いていた9002Fです。

3000系(京阪特急さんのブログによると3001Fだったようです)が
試運転を行っていた関係でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3000系試運転

今日仕事に行く前にtwitterを確認すると
今日も快速急行運用を9000系が代走しているという情報が上がっていました。

少し早めに出かけて撮影するには時間がなかったので、
駅撮り&乗り鉄しようと1本前の特急で中書島に向かいました。

淀屋橋で特急に乗って、twitterを確認すると
何と3000系が試運転を行っているとのこと!
ただ、私の知っているスジではおそらく遭遇しないだろうと
半ば諦めていましたが…

京橋の4番線に「回送」表示が出ていました。
こんな時間に回送なんてあったっけ??と思いつつも、
試運転なら3番線のはず、差し替えでもあるのかな…と思っていました。

関目でB線を行く普通とすれ違い、
まさか来るわけないよね…と思いつつも、一応カメラを向けたその時、

3000系の試運転が通過しました。

一瞬のことなので、前半は撮れていませんが、
後半だけ、動画を撮ることができました。
関目-森小路間のB線ですれ違いました。
最後にちらっと写っているのが森小路のホームです。

B線を走行する試運転って、はじめて見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天保山で一日遊ぼう! みなと秋まつり

9月15日付けで発行された港区の広報に
みなと秋まつりの情報が載っていました。

10月2日(土)11時30分~16時30分の間、
天保山の築港赤レンガ倉庫が特別開放されるそうです。
30分毎にミニツアーも開催されるとか。

大阪臨港線があった頃は、このレンガ倉庫の前に線路が敷かれ、
貨物の積み卸しを行っていたそうです。

当時の懐かしい写真を紹介されているブログがありましたので
紹介させていただきます。
昭和50年代の大阪港・大阪臨港線(浪速貨物線)風景 阿房列車ピクトリアル

今回の特別開放は残念ながら倉庫の中には入れないそうですが、
普段フェンスに囲まれて近づけないレンガ倉庫に近づける
またとないチャンスです。
子供たちの運動会の日ですが、何とか昼休みとかに行きたいです。

ちなみに広報には新幹線の陸送の写真も載っていました。
N700系新幹線、港区を走る!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の寝屋川車庫~10.09.14

今日のお昼前の寝屋川車庫の様子です。

_MG_9995
車庫の奥には2634Fの大阪方が出てきていました。
夜には京都方も出てきているようにも見えましたが、
暗くてよくわかりませんでした。

いずれにせよ、今週後半に試運転が行われるようです。 

一方、工場前には8001Fと集塵装置内に8007Fの大阪方が確認できました。
リニューアル工事が一段落し、この後1両ずつバラされて、
検査、塗装工程に入っていくのでしょうか。

8010F以降のリニューアル編成のスケジュールをまとめてみました。

 

8010F

8004F

8007F

8001F

入場

10月20日

1月26日

5月19日

9月3日

大阪方が集塵装置内に移動

6月1日

9月14日

 
出場試運転

3月19日

7月7日

   

私が車窓から確認した情報なので、多少前後するかもしれませんが、
ご了承下さい。

こうしてみると、入場からおおよそ4ヶ月で一旦工場から出され、
その後約1ヶ月(入場から約5ヶ月)で出場というスケジュールが見えてきました。

この図式を当てはめると8007Fの出場は10月半ばくらいのようですね。
明日は8007Fの様子をカメラに収めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3000系の時計

先日、話題になりました3000系の時計です。
実家に飾ってあるのを写真に撮って来ました。

3000系の時計

開業70周年の記念品です。
針が折れていて、もう時計としては機能しませんが、
子供の頃からの宝物です。

今はなき、地上時代の鴨川べりを行く3000系。
当時はそんなに本線に乗ることもありませんでしたが、
毎日、この時計を見て育ったので私の中での京阪特急といえば
このイメージが強烈に焼き付いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

From AQUA

   関東に行くたびにせっせとSuicaペンギングッズを買っていますが、
大阪に住んでいるとなかなか限定ものは手に入りません。

今年もFrom AQUAにペンギンのフィギュアがついていましたが、
夏に関東に行く機会がなかったので、すっかり買いそびれてしまいました。

たまたま楽天を覗いているとフィギュア付き、送料無料、ポイント10倍で
From AQUAのケース売りがあったので、思わず衝動買い。
ダイエット中でせっせと水を飲んでいるので、ちょうど良いと言い聞かせて・・・

DCIM0018
そしてやって来たのがこの箱。

開封すると・・・

DCIM0019
24本のうち、6本にオマケがついています。

DCIM0021

今年のフィギュアは谷川山系からFrom AQUAになるまでがテーマだそうです。

余談ですが、From AQUAの前身って「大清水」だったんですね。
学生の頃18きっぷで東京に行っては「大清水」と書かれた自販機を見た記憶があります。

西日本のマスコットももう少しかわいいキャラクターだったらなぁ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

皇子が丘公園散策 ~早尾神社と交通公園

先週、大津市歴史博物館の戦争と市民展と皇子山ハイツの遺構探しに行きましたが、
その帰り、京阪の情報誌『K PRESS 9月号』の皇子山駅特集に誘発され、
早尾神社へ行って来ました。

_MG_1305
皇子が丘公園の奥に早尾神社に繋がる階段があります。

_MG_1306
階段を上っていくと、朱塗りの橋が見えてきました。

この橋はいつも西大津バイパスを走るときに車道から見上げていた橋です。
この橋の先に神社があったとは知りませんでした。

_MG_1307
橋の上から南を見てみました。

長等山?のトンネルは4車線化の工事の真っ最中です。
現在は対面通行になっていますが、工事が完成すれば、
この道路が京都方面行きの2車線の道路、
奥に工事車両が止まっているところが敦賀方面行きの2車線の道路となります。

一方、北を向くと・・・

_MG_1308
これが、いずれ北行きの2車線の道路となる道路です。
現在は皇子山ランプの出口への車路として使われていますが、
9月21日からこの道路が北行きの本線に切り替わるそうです。

先日、皇子山ランプから北行きの道路を走った際、
皇子山ランプから乗ると新しい宇佐山トンネルを通るように
一足先に道路が付け替えられていたので、その様子が見えるかなと思ったのですが、
残念ながらカーブの先でその様子は見えませんでした。
(新しい宇佐山トンネルは8月23日から暫定供用されています)

_MG_1313
また、この橋の上から琵琶湖を望むと・・
遠くに琵琶湖大橋や今は使われていない観覧車・イーゴスや、沖島まで望めます。

西大津バイパスを越え、さらに少し上ると早尾神社がありました。

_MG_1311
境内の一部で改修工事が行われていて、雰囲気が少し台無しでしたが、
森の中に佇む、厳かな感じのする神社でした。
K PRESSによると三井寺の守護神として開かれたそうです。

_MG_1310
境内はとても綺麗に手入れがされていました。

帰り道は皇子が丘公園の北の方を通ってみました。
確か、この辺りにあったはず・・・と足を運んで見ると、ありました。

_MG_1315
大津市交通公園。

そんなに広くない公園ですが、
色んな標識や信号、踏切などがあり、子供心にはとてもワクワクしたのを覚えています。

子供の頃はゴーカートなどを貸し出してもらえたように記憶しているのですが、
残念ながら、管理事務所は閉鎖されているようで、乗り物の貸し出しなどはされていないようでした。
   _MG_1317

少し高い位置に移動し、全体を見下ろしてみます。

信号の明かりがついていないのと、人影がないこと以外は子供の頃のまま。
タイムスリップしたような錯覚に陥りました。

交通ルールを学ぶのには絶好の施設だと思うので、
週末だけでも何とか再開してくれないですかね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HMつき8000系のFZ運用を撮りに・・・②

前回の続きです。

そろそろF0600Zがやってくるかと大阪方に注目していると
背後から2600系の急行がやってきました。

_MG_1466
F0501A充当される2605F。
全くの不意打ちでした。

_MG_1475
そしてF0600Zには8004Fが充当。
だいぶ明るくなってきました。

_MG_1482
1番線に普通運用の3000系がやってきました。
休日の朝に萱島-淀屋橋を往復する3000系の運用があったとは知りませんでした。
 _MG_1487
1番線の3002Fと入れ替わりで、2番線に混色編成がやって来ました。

_MG_1488
混色編成の2614-2826、普通中之島行き。

_MG_1495
F0602Zに充当された8006Fです。

_MG_1502
こちらは下りの8連急行、F0503Aの6003Fです。

_MG_1510
快速急行運用の3000系の送り込みでしょうか、
中之島行きの普通に3000系が充当されていました。

_MG_1515
下りの初発の特急がやってきました。

_MG_1521
一方、上りの初発の特急は3000系運用です。

 _MG_1526
そして、5本目のFZ、F0604Zに8531Fが充当されていました。

_MG_1528
思い切り逆光ですが・・・

出場したての綺麗な8531Fのヘッドマークつきの急行幕が撮れ、
大満足で帰ってきました。       

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HMつき8000系のFZ運用を撮りに・・・①

60周年ヘッドマークつきの急行を撮ろうと今朝、大和田へ出かけてきました。

1本目の急行は寝屋川市発出町柳行きなので、
淀屋橋5:04発の普通で寝屋川市へ向かいました。

1本目の急行に充当される8009Fが信号待ちをしている横を通過し、寝屋川市へ。


_MG_1408
寝屋川市に到着後、振り返り8009Fを撮りました。

_MG_1412
Q0502Zが出発後、寝屋川市発の始発の急行F0500Zがやって来ました。

光善寺辺りまで北上しようかと思っていましたが、
日がだいぶ短くなってきたので、光善寺では厳しいかと思い、寝屋川市で狙いました。

_MG_1421
M0503Aには8004Fが充当されていました。
この準急の存在を忘れていて、コレに乗って大和田まで戻るつもりでしたが、
電光掲示板に2扉車とあったので、慌てて1番線に戻って写真を撮りました。

_MG_1425
後続の普通で大和田へ。
乗ってきた普通が出発した直後にF0502Zがやって来ました。
普通の萱島発が6:01、急行の守口市発が5:59なので、
本当にギリギリのタイミングでした。

_MG_1428
8003Fが通過。
そこへ下りA線を8006Fが回送で下ってきました。

_MG_1433
8006Fの回送は全くの想定外だったので、シャッターチャンスを逃しました・・・

_MG_1439
朝日をあびる8006Fの後追いです。

_MG_1444
そして、待ってました。
8531Fが普通淀屋橋行きとしてやって来ました。

_MG_1452
_MG_1455
LEDが切れていますが、3000系の準急淀屋橋行き。
    _MG_1458
8002Fも普通淀屋橋行きとしてやって来ました。

_MG_1463 
②へ続きます。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日8531Fに乗りました。

一昨日9月9日木曜日、仕事帰りに8531Fに乗ろうと
朝の運用から予想される時間に三条に行きましたが、
やって来たのは6008F・・・
午後、どこかで差し替えられてしまったようです。

寝屋川車庫の真ん中辺りに留置されているのを確認。

昨日の朝、いつもは天満橋から快速急行に乗りますが、
8531Fの運用が気になるので、淀屋橋から乗車。
淀屋橋の運用表を確認すると淀屋橋11時発の特急から運用に入るとのこと。

_MG_1390
昨日の朝、寝屋川車庫に留置されている8531F。
おそらく前夜の位置から変わっていませんでした。

その後、8531Fは淀屋橋の運用表通りの運用に入ったようで、
twitterでも確認情報を寄せていただいていたので、
自信を持って出町柳に行きました。

昨日はDD車に乗車しました。

_MG_1393
入場前からエアコンの吹き出し口の周りのクロスのシワが気になっていましたが、
出場後もシワが残っていました。
エレサル化が見送られたので、期待はしていませんでしたが、
クロスの張り替えなどは行われていませんでした。
 
_MG_1395
2階席の大阪方の壁です。
こちらも天井との境界部分に継ぎ足したクロスが貼られていましたが、
こちらも出場後もそのまま・・・

_MG_1399
8531の車番、鳩マーク、60周年ヘッドマーク。
 _MG_1402
_MG_1404 
ダブルデッカー車の時代祭行列図。
車庫見学に行った際は確かに剥がしますと説明を受けましたが、
結局、そのまま残されていました。

塗装後、新たに張り替えるのかと思っていましたが、
端っこを見るとけっこう汚れていますので、
張り替えも行っていないのでしょうか?
ラッピング部分をマスキングして塗装を行っているのでしょうか?

・・・そもそも今まで入場の際は張り替えていなかったのでしょうか??

_MG_1406

テレビカーのロゴの上に銀色のペンキの跡がありました。

屋根裏の塗装が行われる出場車が多いなか、
8531Fは塗装をされていませんが、ここだけ塗装がされています。
ペンキがついてしまったのか、ここだけ修繕したのか・・・謎です。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖都古都・おおつ1dayきっぷ ちま吉バージョン発売中

今週から大津線の各駅で「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」の
ちま吉バーションが発売されています。

詳しくはちま吉ウェブサイトの
京阪電車「湖都古都・おおつ1dayきっぷ/大津祭バージョン」限定発売をご覧ください。

「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」は一般500円、学生400円、小児250円で
石山坂本線・京津線(京都市交乗り入れ区間はのぞく)が乗り放題の切符です。
年中発売されているので、大津線で撮影するときには重宝します。

火曜日、ちま吉電車の撮影に行ったついでに
早速、ちま吉バージョンの「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」を買ってきました。

chimakichi

ちま吉のイラストが描かれ、左上にはちま吉電車の写真が載っています。

regular
一方、こちらは通常版の「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」。
中央には大津絵が描かれ、左上には通常の700形の写真が載っています。

aisurukai
ちなみにこちらは大津の京阪電車の愛する会の会員に配られるものです。
載っているのは公募で選ばれた作品だそうです。

beer
最後にこちらは先日ビールde電車に乗った際にいただいた硬券の乗車券です。
コストはかかると思いますが、こういう硬券の一日乗車券もステキですよね。

・・・ということで、今回は大津線の一日乗車券を紹介しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇子山ハイツの遺構探し

最近、軍都大津の遺構探しにも興味を持っている私ですが、
昨日は皇子山ハイツの痕跡を探しに行ってきました。

別所の陸上競技場辺りに米軍キャンプが置かれたことはご存知の方も多いかと思いますが、
現在の皇子が丘公園一帯には占領軍の家族住宅「皇子山ハイツ」があったそうです。

皇子山ハイツについては大津市歴史博物館のサイト
皇子山ハイツ上空より南を望む」に写真が紹介されています。
皇子が丘公園に行ったことのある方ならわかるかと思いますが、
この写真、住宅がたくさん並んでいますが、
主要な道路の配置は現在とほとんど変わっていません。

皇子山ハイツの多くは取り壊され、公園として整備されたそうですが、
一部はユースホステルの施設として最近まで利用されていたそうです。
(恥ずかしながらユースホステルが取り壊されたことも最近まで知りませんでした)

ユースホステルと一緒に取り壊されている可能性は高いですが、
何か痕跡が残っていないか、現地に足を運んでみました。

江若鉄道の廃線跡を歩いた私は、歴史博物館に行きました。
ちょうど今週末まで「第85回ミニ企画展 大津・戦争・市民」が開催されていたので、
拝見してきましたが、意外と期待はずれで常設展示の方が興味を持ちました。

地図を片手に曲がる交差点を探しました。

_MG_1296
曲がった交差点には「弘文天皇御陵参拝道」の石碑が建っていました。

これまた恥ずかしながら、歴史にさほど興味のなかった私は
弘文天皇と聞いてもピンと来ませんし、市役所の裏に御陵があったとは
まったく知りませんでした。

結構な急坂を上っていくと展望が開けてきます。
斜め後ろを振り返ってみると民家の向こうに大津京駅が見えました。

_MG_1298
ちょうどこの下辺りが長等山トンネルになるようです。

_MG_1299
さらに上っていくとテニスコートがありました。
最初はピンと来なかったのですが、この光景どこかで見たような・・・

そう、中学校の時テニスをしていた私はよく試合でこのコートに足を運んでいました。
皇子山ハイツのことを考えていたら、つい最近夢の中にこのコートが出てきました。
まさに既視感な感じです。

・・・が、私の記憶?既視感?もここまで。

ユースホステルの場所が記憶にありません。

_MG_1300
テニスコートの反対側にはグランドがありました。
何やら色々ものが置かれていて、使われていない感じでした。

_MG_1302
テニスコートの上にはマンションが建っていました。

マンションの左奥には看護学校などもできていましたが、
この辺りに古そうな建物は見当たりません。

_MG_1304
マンションの北側には更地になっていました。
ここに住宅が建つようです。

この周囲にも古い建物がないか探してみましたが、見当たらず。
更地の上に建物は見えますが、最近建ったような感じでした。

マンションかこの更地がユースホステル跡だと思われるのですが、
記憶が戻ってこず、現地では判断がつきませんでした。
帰宅後、調べてみると更地の方がユースホステル跡だったようで、
この辺りに皇子山ハイツの生き残りが最近まであったものと思われます。

昨日、歴史博物館で購入した「戦争と市民」という本には
「近年まで大津ユースホステルセンターの一部施設として残されていた」と
記載がありましたので、残念ながら、皇子山ハイツは完全に取り壊されたようです。

現存しているうちにぜひ一度目に焼き付けておきたかったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

江若鉄道の遺構探し

いつも更新を楽しみにさせていただいているたけひろさんのブログの
大津 町で見かけたもの 電信柱/境界杭」という記事で
江若鉄道の境界杭と江若と書かれた傾いた電柱の話題が紹介されています。

境界杭については「新廃線跡を歩く」でも紹介されており、
存在が気になっていたのですが、昨日歴史博物館に行く途中、
大津絵の道を歩いて探してきました。

浜大津で電車を降り、OPAの裏から早速大津絵の道を歩きます。
今回は大津絵の道については紹介しませんが、
興味をお持ちの方は弊ブログの「廃線跡探訪~江若鉄道其の二」をご覧下さい。

浜大津から三井寺の大津絵橋まで足下に注意を払いながら歩きますが、
それらしいものは見当たらず。
境界を示すものなので、道ばたの茂みにも注意を払いつつ、
OPAの裏まで戻りますが、まったく見つかりません。

半ば諦めつつ、大津絵橋を渡り、長等市民センターの方へ向かいます。

水場?を過ぎ、大津絵の道も終わりに近づいたところで、
ついに見つけました。

_MG_1283
民家の植木鉢の横にちょこんと境界杭が立っていました。

_MG_1285
ひとつ見つかると立て続けに3つ境界杭が見つかりました。

_MG_1284
程なくして、大津絵の道は出口に至ります。

出口には大津絵の道の成り立ちが紹介された看板が立っています。
(看板があるので、こちらが入り口かな・・・)

_MG_1286
江若鉄道の廃線跡に作られた道なのに、
江若鉄道についてはまったく触れられていません。

さて、歴史博物館へ向かうため針路を西に変更します。

_MG_1288
そこには傾いた木製の電柱があります。
何度も見た光景。
エライ傾いた電柱があるなぁ程度で特に気にも留めていませんでしたが・・・
 _MG_1287
たけひろさんが紹介されていたように「江若」と書かれています。

この辺りに車庫があったことは確かですが、
いまいち場所がつかめていません。

現在の長等市民センターやキリン堂のあたりが車庫の跡地と思われますが、
電柱の「江若」と書かれているということで、江若と何らかの関わりのある電柱なのでしょう。

この電柱は地図のマークの辺り。
江若の廃線跡・大津絵の道はその右の交差点から右下に延びている道です。

車庫はこのマークの南側の一角だと思いますが、
長等市民センターの西側には古い民家が建っていますので、
この一角の左上を省いた部分に扇形に広がっていたのでしょうか。

また古地図を探しに行かないといけませんね・・・と思いつつ、
試しに国土交通省の国土変遷アーカイブの航空写真を見てみると
1946年10月米軍撮影の航空写真に載っていました。
この地図の駐車場の辺り(現在はキリン堂が建っています)が
車庫で間違いないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もちま吉電車が走リ始めました。

大津市歴史博物館から皇子が丘公園に向かう途中、
たまたま「ちま吉電車」に遭遇しました。

_MG_1289
とっさのことで撮影地を考える余裕もなく、
ちょうど旧・別所駅跡の横を通っていたので、
別所駅跡を写し込みました。

左手前に移っているのが、別所駅端っこの柵です。

_MG_1294
手前に写っているのが旧・別所駅のプラットホームと
ホームに生えている桜(?)の木です。

彼が帰ってくるのを待っている間に皇子が丘公園を散策し、
皇子山に戻ってきたところにやって来たのは
先週出場したばかりの坂本ケーブル号でした。

_MG_1334
出場したばかりなので、本当にピカピカですね。

_MG_1345
坂本ケーブル号は別所駅でちま吉とすれ違い、
ちま吉がまた私の前に戻ってきました。

_MG_1349
今年のちま吉号には603Fが抜擢され、豪華にちま吉のヘッドマークが2枚。

大津祭まであと1ヶ月と少し。
今年もちま吉に会えて良かったです。
もうすっかり秋口の風物詩になった感じがしますね。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

113系C13編成地域色編成

かねがね噂には聞いていましたが、
コスト削減のため、京都の地域色深緑色一色に塗り替えられた
113系C13編成にとうとう遭遇してしまいました。

皇子が丘公園を歩いていると大津京に入線する深緑色の電車を見つけてしまったので、
折り返して来るのを待って写真を撮りました。

_MG_1371
大津京にて。

_MG_1380

コスト削減・・・だそうですが、
ここまでコスト削減しないといけないのでしょうか・・・

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日8531Fに乗りました。

  先週、運用に復帰した8531Fですが、
なかなか乗車するチャンスに恵まれていませんでした。

昨日、仕事前に運用板を確認すると、
いつも乗る特急のスジにに充当されていたので、
少し早めに出かけて先頭車に乗りました。

_MG_1271
淀屋橋4番線に入線するところです。

京都方先頭車では、車両課の方が2名、床にノートパソコンを広げて
車内整備中に何やら作業をされていました。

さて、今月は京阪特急60周年ということで、記念ヘッドマークが掲出されていますが、
昨日はCM撮影のため、一部の編成ではヘッドマークなしで運行されていました。

_MG_1274
京橋を出発したところで、HMなしの8002Fとすれ違い、

_MG_1279
門真市-古川橋間でもHMなしの8008Fとすれ違いました。

_MG_1281

三条にて。

京阪間をかぶりつき席で前面展望を満喫しつつ、
乗務員室をじっくり観察させていただきましたが、
私の目では入場前と変わったところはないように見えました。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日の錦織車庫 ~10.09.01

先週水曜日、9月1日のお昼過ぎの錦織車庫の様子です。

_MG_1075
気になる坂本ケーブル号の動向ですが、
愛する会感謝祭の際に検査銘板に9月2日と書かれているのを確認しました。
順当にいけば試運転は9月2日なのでしょうが、仕事で行けません・・・
もしかしたら・・・と一縷の望みで、車庫に行ってみましたが、
試運転の時刻になっても彼はピットの中・・・

検査中の札がつけられており、
作業員さんが天井裏や車体裏を行ったり来たり、
まだまだ忙しそうな雰囲気でしたので、今日は試運転はなしと判断。
車庫の様子を観察して帰ることにしました。

(試運転は9月2日だったようです)
 _MG_1078
611Fの様子を窺っていると613Fがピットから出てきました。
信号所?とのやりとりが聞こえてきましたが、車庫内の入れ替えのよう。

_MG_1081
一旦、石山寺方面行きホームの裏の線にはいり・・・

_MG_1084
折り返して行きます。

_MG_1085
洗車機のある線に入って行きました。

_MG_1090
613Fは洗車機の中を通ります。
その左には同じく「浜大津」幕の文化財号。

まだ帰るには早いので、少し駅前で写真を撮りました。


_MG_1086
605F。
600形1次車です。

奥に見えている701F、ふれあい号が折り返してきます。

_MG_1093
再度、車庫の奥を覗いてみると・・・

_MG_1096

ビールde電車が「近江神宮前」幕で止まっていました。
パンタグラフが上がっていますが、この日は朝の運用に入っていたとのことですので、
内装などを戻されていたのでしょうか。

_MG_1101

617Fと100周年号に抜擢中の705Fです。

大津線はラッピング電車も多いですが、
.淡緑と濃緑のツートンカラーの電車がまだまだ健在です!

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津の京阪電車を愛する会感謝祭のあと・・・

大津の京阪電車を愛する会感謝祭の帰り道・・・
撮り漏らしていた写真を慌てて撮りました。

_MG_0834
やはり、彼の写真を撮らずにはいられませんでした。
81号のカットモデルです。

_MG_0835
側面から。

結婚するまで坂本に住んでおり、あまり京都にも出ることのなかった私ですが、
高校3年生の1年間だけ、京都の予備校に通っていました。
その時の一番の楽しみは80型に乗れること。
坂本ですから、もちろん準急に乗った方が断然早いのですが、
80型に乗ってモーターの頑張る音を聞きながら併用軌道を行くのが大好きでした。

一方、1両ほぼそのままの状態で静態保存されている82号ですが、
彼の脇に「暑いなぁ・・・」と腰かけたときに偶然見つけました。

_MG_0836
運転台の下、車幅灯の横に電源コードがぶら下がっていました。

そうそう、これも忘れていました。

_MG_0837
浜大津幕の710号。
車庫では浜大津幕を掲出していることも多いですが、せっかくなので。

_MG_0838
車庫を出ようとしたところで走り去っていったのは、
ふれあい号。

_MG_0840
さて、帰ろうかと坂本行きのホームにやってくると、
すぐそこまで800系が出てきていました。

日曜日のこんな時間に回送があるとは知らず、
せっかくなので見届けて帰ることにしました。

_MG_0843
811Fはここで待機しています。

_MG_0846
そして、折り返し待ちの601F龍馬電車と、
出庫待ちの811Fの間を617Fが颯爽と駆け抜けていきました。

_MG_0854
617Fの石山寺行きが発車した後、811Fの回送が出庫してきました。

三井寺辺りの併用軌道で800系を見たことはありますが、
近江神宮前で見たのは初めてです。

_MG_0858


4両の停止目標は踏切の向こうのはず・・・と錦織踏切まで足を運ぶと
案の定、遮断機が下りたまま、踏切を塞いだ状態で811Fが停車していました。

最後にもう1枚。

_MG_0866


82号と、その向こうに京阪100周年のパネルと
擬人化された600形、700形、800系のイラストのパネルが展示されていました。
(会場内でパネルを撮るのを忘れたのです)

今年も大変楽しい感謝祭でした。
来年もぜひ参加させていただきたいと思っています。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大津の京阪電車を愛する会感謝祭に行ってきました③

先週、錦織車庫にて開催された大津の京阪電車を愛する会感謝祭のレポート、
第3回目の今回は「ビールde電車」の見学です。

一昨日にビールde電車に乗車してきましたが、
営業運転中はテーブルもあり、お客さんも多く、あまり写真が撮れませんでした。

_MG_0780
車庫の奥に留置されたビールde電車へ、階段を上って乗せていただきます。

_MG_0781
車内の様子はこのような感じです。
この日は乗務員室も開放され、子供たちが制服を着て写真を撮れるようにして下さっていたので、
乗務員室の後ろの席には制服やネクタイ、制帽などが置かれていました。

_MG_0782
レトロな看板やポスター、ブリキ?のトラックのおもちゃ、オランウータン?のぬいぐるみ、
どれをとってもレトロな感じです。

_MG_0783
運転席の後ろ、車内プレートの下の広告枠にはビールde電車のイラスト、
その下には延長コードが這わされていました。

_MG_0784
車内には木目調のシートが貼られ、つり革はこのように茶色くされていて、
徹底的なこだわりを感じました。

_MG_0785
車いすスペースには懐かしい丸い郵便ポスト。
その奥のすだれにはお面やおもちゃが飾られ、駄菓子屋を彷彿とさせます。

_MG_0786
ダイヤル式の公衆電話です。

_MG_0787
オロナイン軟膏。
昔は古い民家の壁に貼られているのをよく見かけましたが、
最近はとんと見なくなったような・・・

_MG_0788
車内広告は撤去され、広告を吊るところに電球がぶら下がっていました。

_MG_0790
鬼太郎などのお面やおもちゃが掛かったすだれの前に流しがありました。
私が乗ったときはこのすだれの前に郵便ポストがありましたので、
レイアウトが変わっているようです。

先週は一般の運用にも入っていたそうですので、
その都度小物を片付けていらっしゃったのでしょうね。

_MG_0792
黒電話。
うちの息子はダイヤルを回すのに夢中でした。
実家も十数年前までダイヤル式の電話を使ってましたが・・・

_MG_0793
非常用ドアコックの下には明治クリームキャラメルの看板がありました。

_MG_0794
オロナミンCの看板と仮面ライダー!
ベルトがくるくる回るのに大興奮でしたが、これは私物だそうです。
 _MG_0795
出入り口にはビールde電車の暖簾が掛かり、ガラスにも格子状にシールが貼られていました。
 _MG_0796
ドアの上にあった広告は淀屋橋延伸の1900系のポスター。
 _MG_0797
ドライブウェイの開通は昭和33年だそうです。

_MG_0798
車内に装飾されているものはオークションで落札されたそうですが、
そのなかでも一番高価だったのはこの「猪木vsアリ」のポスターだったそうです。

運行期間中もオークションで落札して装飾物が追加されたそうですので、
運行終了直前に乗った私はラッキーだったのかもしれません。

_MG_0799
牛乳入れと鬼太郎のメンコ。
どちらも懐かしい代物です。
 _MG_0802
ひらかた大菊人形のポスターです。
今年は菊人形が復活するそうで、楽しみですね。

_MG_0806

最後に正面から写真を撮って、ビールde電車とお別れしました。

残念ながら、ビールde電車は今日で運行終了。
このラッピングも剥がされるのでしょうね。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールde電車に乗ってきました。

昨日、念願のビールde電車に乗車してきました。
元々7月に乗る予定でしたが、沿線火災でまさかの運休。
何とかみんなの都合を合わせて、昨日リベンジを果たしてきました。

18時18分頃、ビールde電車が浜大津駅に送り込まれます。

_MG_1222
2番線の電光掲示板は「回送」表示。

_MG_1225
そこへ、ビールde電車が「臨時」幕を掲出してやって来ました。
片側の標識灯を点灯させている姿が、新鮮に見えました。

そして、一旦、島ノ関側の引き上げ線に引き上げ、
折り返して1番線に入線します。

折り返しを待っている間に、木曜日に試運転をしたと思われ、
昨日から運用に復帰している坂本ケーブル号がやって来ました。

_MG_1232
まさか、こんなタイミングで彼と再会できるとは思っていなかったので、
非常に興奮しました。

引き上げ線で坂本行きの電車を1本退避した後、
ビールde電車が2番線に入線してきました。

_MG_1236
ゆっくり写真を撮りたかったのですが、停車時間はわずか。
急いで電車に乗り込みました。

_MG_1239 
電車に乗ると通路にテーブルが置かれており、お弁当と駄菓子が置かれていました。
ビールはちょうど注いでいる途中、順次回されてきました。

お弁当の包装はこんな感じでしたが、肝心の中身を撮るのを忘れました。
巻き寿司や、フライドポテト、エビフライ、枝豆、生ハムなど、
結構ボリューム満点なお弁当でした。

_MG_1247
車内の様子はこんな感じです。

内装は木目調、つり革も茶色く加工されています。
天井から電球がぶら下がり、キリンビールの提灯がぶら下がっています。

テーブルが置かれているため、車内をうろうろすることはできず、
坂本駅と石山寺駅ののトイレ休憩中に他の車両へお邪魔しました。

  _MG_1258
このような懐かしの公衆電話があったり、 

_MG_1260
郵便ポストがあったり・・・

後ろの紙風船や竹とんぼなどのおもちゃは、
最後にお土産にグループに1個ご好意で下さいました。
有難うございました。
 _MG_1242
坂本駅での折り返し時に703号の正面から撮ってみました。

坂本駅に着いた頃にはもうとっぷり日も暮れ、
折り返し後の穴太辺りでは、びわ湖の夜景も少しですが鑑賞できました。
高校時代、毎日通った道のりですが、
ほろ酔い気分でびわ湖の夜景を楽しみながら電車に乗るなど
まったく想像していませんでした。

_MG_1250
一方、こちらは石山寺駅にて。
  _MG_1252
石山寺駅には京阪電車で唯一現存するパタパタがありますが、
ビールde電車はどのように表示されるのか楽しみにしていると・・・
 _MG_1255 
「臨時 近江神宮前」と表示されていました。
確かに浜大津で私たちを下ろした後、近江神宮前まで回送はされますが・・・

石山寺を出発すると、終点浜大津まではもうすぐ。
浜大津へ向かう道中ではお楽しみ抽選会が行われました。

ちなみに景品は、
A賞…一番搾りのTシャツ(1名/1両)
B賞…ひらパーの招待券(4名/1両)
C賞…キリンビールのボールペン
D賞…ビールde電車のペーパークラフト
残念賞…大津ボールの2ゲーム無料券 or カラオケ割引券 でした。

私は見事D賞が当たりましたが、感謝祭で既にもらっていましたので、
同僚にプレゼントしました。

京阪膳所を過ぎた辺りでラストオーダー。
ビールを最後にもう1杯注文し、ビール片手にアンケートを記入していると、
島ノ関辺りで蛍光灯が点灯し、レトロな雰囲気に終止符が打たれました。

往復1時間40分の旅。
楽しい時間はあっという間に過ぎました。

まだ決定はしていないそうですが、おそらく冬には「おでんde電車」を運行するそうです。
また冬には「おでんde電車」に是非乗りたいと思います。

この日も満員御礼で車内を移動することもままならず、
停車中に写真を撮るにも限界があり、車内の様子をあまりお伝えできなかったのが残念ですが、
先日の感謝祭の際にじっくり見せてもらいましたので、
また追ってそちらも紹介したいと思います。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

原色8001F の最終快速特急

昨日、最後まで原色のまま残っていた8001Fが原色での運行を終了しました。
帰宅の時間を調整してB1901Aのかぶりつき席でサヨナラ乗車をしてきました。

出町柳で待ち伏せしていた人はほとんどいませんでしたが、
A1802Zが到着すると大勢のファンが降りてきました。
8001Fとともに大阪方面からやってこられたのでしょう。

私は出町柳での撮影はあきらめ、列の先頭に並んでいたので、
先頭の席を確保できましたが、あれよあれよという間に
見事に鉄な方々に取り囲まれてしまいました。

ホームでは思い思いに写真を撮っておられました。
ただ、もちろん全員ではありませんが、なかには
電車に向かってフラッシュを炊く人、
走行中の車内を動き回り、いろんな場所で写真を撮る人など、
目に余る行為に及ぶ人もいて、撮り鉄のマナー云々といわれる昨今、
鉄道事業者や一般の乗客に迷惑のかかるような行為は慎んでほしいと思うと同時に、
彼らの行為を他山の石として、私はこういう鉄にはならないようにと堅く誓いました。

最終日の先頭の席に座っている時点で、
十分葬式鉄ですし、人のことを偉そうには言えませんが・・・

途中、丹波橋の手前で缶コーヒーをこぼすというアクシデントもありましたが、
(以前にもあのカーブで缶コーヒーこぼしたことがあるんです・・・)
8001Fでの時間はあっという間に過ぎ、京橋に到着しました。

京橋駅の京都方は思ったほどの混雑ではなかったので、
8001Fの最後の快速特急の姿をカメラに納めました。

下りホームで・・・と思っていましたが、下りの特急に被られても悲しいし、
「朝靄の京橋で乗り換え」の流れる中出発する8001Fを撮りたい!と、
上りホームに移動し、動画を撮影することにしました。

快速特急の発メロはいつもドアが開くか開かないか位のタイミングで流れはじめ、
今まで何度かチャレンジしているものの、頭が切れてしまっていたので、
昨日は少し早めに録画を開始。

発メロは頭から入っていますが、
下りの特急の警笛や走行音でほとんど聞き取れませんでした・・・

これで、8001Fが原色で走る姿の見納めとなりました。

もっと淋しくなるかと思っていましたが、意外とそうでもありませんでした。
8531Fが原色で出てきてくれたおかげでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

8531Fが運用復帰です。

一昨日8月31日、出場試運転を行った8531Fですが、
順当に今日から運用復帰しました。

ちなみに今日の運用は寝屋川市発の上り急行から始まり、
夕方早々に寝屋川車庫に入庫してしまう運用でした。

一方、今日で旧色での運行が終了した8001Fは淀出庫後B0903Aからの運用、
順当に行けば丹波橋と門真市付近で離合が見られるはずですが、
今日は生憎仕事のため、出撃できませんでした。

_MG_1211

写真はB0603Aに充当される8531Fです。
D0600Zの車内から撮りました。
8531Fにも60周年のヘッドマークが掲出されています。

本線上を元気に走る姿を見ると嬉しくなりますね。
60年の京阪特急の歴史のうち、約2/3を現役として走り抜けた8531F、
これからも元気で頑張って下さい。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60周年記念のHM つき8001F

昨日9月1日、京阪特急が運転を開始して60周年を迎えました。
それを記念して、昨日から8000系に60周年記念のヘッドマークが掲出されています。

詳しくは京阪特急が運転開始して60周年を迎えます!のニュースリリースをご覧ください。

一方、8000系0番台で最後まで旧塗装のまま残っていた8001Fは
9月2日をもって旧塗装での運用は終了と言うことで、
旧塗装の8000系0番台にヘッドマークが掲出されるのは、
昨日・今日の2日間ということになります。

今日は日中追いかけるのは困難なので、
昨日、8001Fを追いかけてきました。

twitterで情報をいただいていたので、狙いを定め、
まずは鳥羽街道へ向かいました。

_MG_1047

奈良線の線路をオーバークロスして8001Fが来ました。
ちょうど奈良線にはうぐいす色の103系が走っていました。

_MG_1056

そして急カーブの坂道を駆け下り、8001Fがやってきました。

鳥羽街道では4名カメラを構えていましたが、
私の前にいた方がこのあと私のファインダーに入ってきて、
この後の写真は散々でした。
この写真にも右下に少し頭が写っていますが・・・

_MG_1062

この後、大津線の611F坂本ケーブル号の動向が気になるため、
本線をいったん離脱し、また14時半頃三条に戻ってきました。

ちょうど8001Fも同時刻に淀屋橋を出発し、こちらに向かっています。
八幡市位までは下れそうな気がしましたが、
深追いしすぎてすれ違ってしまうと元も子もないので、
2度目のチャンスは中書島で狙うことにしました。

_MG_1174

・・・が下りの特急に被られて、これまた撃沈。

_MG_1176

中書島に停車するところです。

_MG_1180

停車中に車番・鳩マーク・60周年ヘッドマークを撮ってみました。
車番がステッカー化されているのが残念です。

次のチャンスは八幡市で狙いました。
八幡市って結構好きなポイントなんですが、この日も私のほかに1名だけ。
意外と穴場なポイントなのでしょうか。

_MG_1204

鉄橋を渡り、坂道を駆け下りてくる8001F。

_MG_1207
_MG_1209

もっと彼を追いたかったのですが、保育園のお迎えの時間もあるので、
これにて撤収。
8531F試運転、HM付8001Fと連日の撮り鉄でおなかいっぱいです。

今日は朝の時点で淀車庫に留置されていましたので、
B0903Aからのスタート、淀屋橋偶数時20分発の運用のようです。

仕事の終わる時間を調整して帰りにもう一度8001Fに乗りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑い夏はまだまだ終わらない・・・

私の今年の夏はこれで始まり、これで終わったといっても過言ではありません。

DCIM0013
京阪電車トレーディングカード。

DCIM0014
平日開催の1日だけどうしても都合がつかず、母に代理で行ってもらいましたが、
いかなる用事があろうとも、ミュートレの時間帯は必ず中之島へ向かいました。

おかげさまで、無事に何とかコンプリートできました。

さて、中之島での展示最終日、手渡されたパンフレットが変わっていました。

DCIM0008
上が8月22日までのもの、下が29日までのもの。
イラストだったミュートレが実車の写真に変わっています。

受け取った時は色が濃いような・・・位の印象で、気にも留めていませんでしたが、
記念スタンプを押した際の乾き方が明らかに違いました。

以前のものは、インクのなじみが悪く、
途中からインクを吸わせるための紙がスタンプ台に置かれるようになりましたが、
新しいものはすぐにインクが乾きます。

他にも何か変わった点は・・・と探してみると、
 DCIM0010
夏休み限定企画のトレカ&スタンプラリーの告知が、

DCIM0011
噂の10枚目のカードのプレゼントの告知に変わっていました。

しかも!これまでの9枚からランダムに2枚いただけるそうです。
16時前に引換所に行っても結構山積みになっていて、
この残ったカードどうするんだろう・・・と気になっていました。

ファミリーレールフェアでコンプリートセットとして販売されるのでは?と
邪推していましたが、  9月26日に中書島での展示の際にプレゼントされるそうです。

たとえ有償であっても一括で入手できたら、
毎週せっせと中之島に通った私の立つ瀬がないですから・・・

いずれにせよ、9月26日は送り込み回送の撮影を兼ねて
中書島への出撃が決定ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8531F旧色のまま出場試運転!

8月31日、入場していた8531Fの出場試運転が行われました。
リニューアル対象外ということで、去就が気になりましたが、
旧塗装のまま、テレビカーや時代祭のステッカーも現存していました。

8531Fの試運転ということで、平日の昼間にもかかわらず、
沿線各駅にはカメラを構えた方が大勢出撃されていました。

私は京橋で龍馬めぐりチケットを購入し、まずは西三荘へ。

_MG_0955


作業員さんが手を挙げて合図をされるところへ8531Fがやってきました。

_MG_0958

_MG_0964
塗装は旧塗装のままですが、綺麗に補修され、塗りなおされているので、
ピカピカです。

_MG_0966
ダブルデッカー車の側面です。

先日、工場見学に行った際、入場中の8531Fを前に
「時代祭の絵は剥がし、先程説明した色に塗り替える」と聞いたので、
まさかの新色化?とドキドキしていましたが、
時代祭の絵も健在のようです。

_MG_0968
そして、8531Fは中之島に向けて走り去って行きました。

私は後続の区間急行で中之島まで追いかけます。
私のほかにも中之島を目指す方は多く、
さながら1号車は撮り鉄さん専用車の様相です。

_MG_1002
中之島に到着すると8531Fは3番線に止まっていました。
8081号の運転室には人影がなく、静かな感じでした。

_MG_1004
快速急行で先回りしたかったのですが、
夢中で写真を撮っていると、非常にも快急は発車してしまいましたので、
次の区間急行で大和田に先回りしました。

_MG_1007
大和田で8531Fの帰りを待つ間、マンションの向こうに見える入道雲を撮ってみました。
今日も暑かったですね・・・

そして・・・

_MG_1012
8531Fが帰ってきましたが、9000系に被られました・・・

_MG_1014
_MG_1020
_MG_1023
時間が許せば2本目も撮影したいところですが、
仕事の時間が迫っていたので、これにて撤収。

順当にいけば、9月2日から復帰ですね。
原色8001Fの最後の日、この2本が並ぶのを撮りたいですが、
日中は仕事の為、叶わぬ夢になりそうです・・・       

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »