« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

京女も百年 京阪も百年号運転

今日は台風接近のため、菊人形臨時急行は運休となりましたが、
団体貸切列車「京女も百年 京阪も百年号」は予定通り運転されました。

今日は光善寺で撮ろうと、天満橋から京阪入り。

_MG_9666

今日もギリギリの行動でしたので、
天満橋のホームに降りると既に京女臨の通過が告知されていました。

10:07発の快速急行、香里園から区間急行に乗り継いで香里園入り。

中之島10:05発、七条11:20着ということで、
京橋からはK1000Zに先行し、樟葉・深草で後続の特急を待避と予想していました。
P0906Zで香里園に到着し、次は京女臨!と思っていたところにやって来たのは・・・

_MG_9670
K1000Zの1504Fでした。

_MG_9672
続いてB1004Zの8008Fが通過。

そして・・・

_MG_9677
「京女も百年 京阪も百年号」がやって来ました。
ヘッドライト点灯、京阪100周年と京女100周年のW副標の豪華な列車です。

後続の準急に乗り、枚方市から特急に乗って京女臨を追いかけます。
てっきり樟葉で特急を待避するものと思い、樟葉で副標などをじっくり撮ろうと思っていましたが、
樟葉に3004Fの姿はありません。

ミュージアムトレインの送り込みのように一旦淀に入庫??など色々考えましたが、
八幡市に待避線が残っていたのをすっかり忘れていました。
八幡市で京女臨を追い越したので、丹波橋で準急に乗り換え、
墨染-東福寺間で再度狙おうかとも思いましたが、
ヘッドマークなどもじっくり撮りたいので、そのまま七条へ向かいました。

_MG_9686
七条の行先表示は「通過」
「団体」もしくは「回送」が正しいような気がしますが・・・

そして京女臨が到着しました。

_MG_9695
_MG_9691
側面のLEDは「回送」「Charter Train」が繰り返し表示されていました。

_MG_9701
京都女子学園のヘッドマーク。

このあと三条まで回送されていきましたので、折り返しの回送を狙い、三条へ移動。

_MG_9705
このとき乗ったのは光善寺で見送った1504Fでした。
ちょうど4番線には旧色で菊人形HMをつけた1501Fが止まっていました。

下りの特急が発車した後、3004Fが回送されてきました。

_MG_9711
京女100周年のヘッドマークは既に外されていました。

京阪100周年のヘッドマークだけでも・・・と思っていると、

_MG_9712
あっという間にヘッドマークが外されてしまいました。
残念。

ちなみに、三条駅の改札外では「京女も百年 京阪も百年」展が開かれています。

_MG_9718  

今日はあまり時間がなかったので、チラッとしか見ていないのですが、
12月5日まで開催中なので、またゆっくり見に行きたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

7002Fがラッピングを剥がされ、運用復帰

10月28日朝まで100周年号として運用されていた7002F編成ですが、
twitterのフォロワーさんの情報では、
28日夜運用からラッピングを剥がされ運用に復帰していたそうです。 

確かにこの日は三条留置→日中寝屋川→淀入庫という運用ですが、
夜からの運用は差し替えられると思っていました。
日中にラッピングを剥がし、夜から運用復帰させるとは、何とも早業。

そして昨日29日、夜勤明けで神宮丸太町から電車に乗ろうとすると
この7002F編成がやって来ました。

_MG_9653 
昨日はまっすぐ帰ろうと思っていたのですが、
せっかく7002Fに遭遇したので、三条から快速急行で先回りし、
八幡市で再度狙ってみました。

_MG_9664
ドア横に貼られていた歴代車両のイラストは剥がされていましたが、
よく見ると糊が残っていたり、100周年ロゴの跡がうっすらと残っているところもありました。

糊は洗車すると落ちそうですが、ステッカーの跡は塗り替えるまで残りそうですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8007F出場試運転実施

5月中旬からリニューアル工事の為、寝屋川工場に入場していた8007Fが
本日、寝屋川信号所-中之島駅間で出場試運転を行いました。

原色の8000系として最後まで残ったのは8001Fですが、
8001Fは車番がステッカー化されていたため、
原形に近い形で最後まで残っていたのは8007Fでした。
今年に入ってから、原色で残っていた8001Fや8004Fとの並びを撮ろうと右往左往、
追いかけていた編成だけに8000系の中でも思い入れのある編成です。

日々の車庫観察から試運転は昨日と思い、諦めていたのですが、
嬉しい誤算で昨日は試運転はなかったようです。
それならば今日に違いない!と出撃したものの、
出遅れてしまったため、京橋で迎え撃つのが精いっぱいでした。

_MG_9598
試運転幕の8007Fが京橋駅3番線を通過。

折り返してくるまで時間があるため、中之島まで追いかけます。

_MG_9606
中之島に到着すると3番線に8007Fが停車中。
いつもは試運転ともなると数名集まっていらっしゃいますが、
今日は同業者さんは1名しか見かけませんでした。

_MG_9610
中之島駅1番線には3004Fが停車中。

_MG_9611
2番線には6007Fが停車中。
原色の6000系もだいぶ少なくなってきました。

_MG_9615
名残惜しいのですが、復路を撮影するため、中之島駅を後にしました。

復路はさんざん悩んだ挙句、大和田で。
天満橋から地上に出たところで8531Fとすれ違い、
京橋駅では私の乗っている区急と2601Fの普通が並びました。
効率よく、これらの編成を撮ることができそうです。

大和田への移動中、各駅の状況を確認しますが、
今日はあいにくの天気のせいか、沿線各駅全くカメラを構える人を見かけませんでした。

大和田につくと、細かい雨が結構激しく降っていたので、
ホームの屋根のあるギリギリのところで狙いました。

_MG_9630
_MG_9632

_MG_9635

8007Fが通過した時が一番雨がきつかったです・・・

私はこの後、仕事なので次の区急に乗らないといけないのですが、
ギリギリまで粘ってみました。

_MG_9636
8007Fと入れ替わりで、8003Fが下ってきました。

_MG_9639
そして、先程京橋で並んだ2601Fが追いつきました。
このタイミングなら、古川橋辺りで8007Fと並んでいたかもしれません・・・
 _MG_9645
そして程なく、8531Fが通過。
 _MG_9649
最近の8531Fの運用、お休みだったり、早々に車庫に引き上げる運用だったり、
あまりヘビーな運用にはついていないような気がするのですが、気のせいでしょうか。

何はともあれ、無事に8007Fが出場試運転を行いました。
順当に行くと土曜日から復帰でしょうか。
そしてそろそろ8008Fが入場するのでしょうか。
8000系の動向にも目が離せません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Wヘッドマークのひこぼし

更新が遅くなり、タイムリーなネタではありませんが、
10月26日(火)の夜、菊人形HM掲出中の10001Fがひこぼしの運用に入りました。

この日が来るのを心待ちにしていましたが、なかなか枚方市お泊り運用には入らず。
よく見てみると10001Fの菊人形の副標が川側に掲出されているため、
ひこぼしには充当されないんじゃないかと邪推もしてみましたが、
先週末から菊人形副標が山側に移ったと聞いたので、もしや?と思ったら、
見事月曜日に枚方市泊りの運用に入ってくれました。

当日は、京橋駅は混雑が予想されるので、
中之島駅でひこぼしのHMが取り付けられるところを見に行くことにしました。

_MG_9560

山側に菊人形HMを掲出した10001Fがやってきました。

_MG_9565

車掌さんが川側にひこぼしのHMをはめられました。

_MG_9568

京都方へ移動し、10001号のヘッドマークを撮りました。

_MG_9569

幕はもちろん、快速急行 交野線私市です!

_MG_9577

そして定刻通り、ひこぼしは私市に向け、出発しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪100周年号見納め

京阪本線の100周年号が10月28日朝の運用をもって運転を終了するそうです。
今日は日中に撮影に行くのは無理なので、
昨日がラストチャンスだと思い、鳥羽街道に行ってきました。

1本前の電車で鳥羽街道に入り、
バッグからカメラを出したときに電池蓋が外れてしまい、線路へ落としてしまいました。
あまり時間がないので、撮影が終わってから取ってもらおうと思ったのですが、
電池蓋が閉まってないとカメラの電源が入らないんですね・・・

改札口まで足を運んで、駅員さんにお願いし、拾ってもらいました。
(有難うございました。お手数かけてすみませんでした。)

電池蓋を装着し、電源を入れると撮影可能枚数1枚
慌てて別のSDカードを探しますが、もう7002FはJRの線路を越えていたので、
諦めて1枚に賭けました。

_MG_0682

その1枚です。
チャンスが1回しかなかった割にはまぁまぁかなと思っています。

複々線区間でリベンジをと思い、丹波橋で特急を待っていると保育園から電話が・・・
次男が熱を出しているのでお迎えにきてくださいと・・・

残念ながら次のチャンスはありませんでした。
これが100周年号の見納めとなりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガス展ラッピング603F

浜大津から近江神宮前に向かう道中、604号の連結部に座りました。

そして603号の屋根を見上げます。

_MG_0450
種車となった300形の面影を最もよく残すこの丸妻。
600形の一次車に当たるとこの部分に目が行ってしまいます。

_MG_0451
ふと目をやると、下段窓が開かないようになっていました。
私が通学で利用していた頃は窓が開いていたと思っていたのですが、
wikipediaで調べると、3次車から下段窓が固定され、
その後1・2次車に関しても開かないように改造されたそうです。

石坂線の窓は空いてて田園地帯をのんびり走るイメージが強かったのですが、
上段窓しか開かないようになっていたとは知りませんでした。

近江神宮前到着後、603Fは一旦回送され、坂本発の電車が通った後、
近江神宮前発の電車として折り返します。

_MG_0457
折り返し待ちの間、坂本から来た100周年号と並びました。

こうやって並べてみると、700形の正面が平坦であるのに対し、
600形の正面が曲線を帯びているのがよくわかります。

_MG_0458
坂本発の電車が出発したのち、603Fが上り線に転線してきました。

右に見えるのは609-610編成菊人形HM付きです。
もう1本の菊人形HM付き707-708編成も車庫の奥で昼寝中でした。
ことごとく菊人形HM編成に避けられる私っていったい・・・

ところで、話を603Fに戻しますが、

_MG_0463
604号の妻面。
300形の面影を非常によくとどめています。

_MG_0465
さて603Fの新たなラッピングですが・・・

_MG_0466
ガス展のPRでした。
         _MG_0454
ちなみに車庫の奥には600形1次車の姿が見えました。
この日、601F、603F、605Fの姿は確認しており、
607Fの前回検査が19年9月であることから、
607-608編成が入場中とみて間違いなさそうです。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浜大津駅にて ~10.10.20

10月20日(水)夜勤明けで実家に帰る途中、
前回撮影できなかった大津線の菊人形HMつき電車の撮影に行きました。

_MG_0424
まずやってきたのは、613-614編成。
大津の京阪電車の愛する会感謝祭で描いたイラストでラッピングされています。

 _MG_0428
この日は私の描いた写真をカメラに収めることができました。

絵心がありませんので、拙作ですが、
こうして電車に貼られていると少々照れくさいものの、やはり嬉しいものです。 

_MG_0431
続いては705-706編成、100周年号。
本線の100周年号は10月28日までと発表がありましたが、
石坂線の100周年号はいつまで運行されるのでしょうか。
 _MG_0433
601-602編成、龍馬電車。

_MG_0436
703-704編成。
この編成にはラッピングや副標の掲出はありませんでした。
 _MG_0438
605-606編成。
この編成もラッピング、副標なし。
 _MG_0440
これは全くの余談ですが、ホームの端の方にビワローブの看板を発見。
インターネットのはしりのころから、結構リーズナブルな価格設定だったビワローブ。
今はDTIに事業を継承され、会社は消滅?しましたが、
今も変わらず、ビワローブのメールアドレスをメインで使っています。
何だか懐かしくて嬉しくなりました。
 _MG_0442
先月出場した611-612編成、坂本ケーブル号。
出場したばかりなので、まだピカピカです。
 _MG_0447
615-616編成、文化財号。

_MG_0448
603-604編成、ラッピングなし・・・と思っていましたが、
新たなラッピングが施されていました。
詳細は別記事にて紹介します。

これでほぼ一巡、残りは近江神宮前で観察しようと
603Fに乗って近江神宮前へ移動しました。

最新の大津線のラッピング・HM情報は懇意にさせていただいている
たまごさんのブログ「Let's take pictures!」で随時更新されていますので、
最新情報はたまごさんのブログをご覧ください。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GI開催による臨時特急運転!

昨日は京都競馬場で菊花賞が行われ、
恒例の淀発淀屋橋行きの臨時特急が運転されました。

午後から前の職場の同僚と会う約束があり、気がつけばもう16時前。
時間的に臨時特急に間に合わないかも・・・と思いつつも、
とりあえずB1600Zに飛び乗り、中書島を目指しました。

淀車庫では7003F菊人形HMつきが普通三条幕で出庫準備中、
その後ろには7203F菊人形HMつきも待機中。

臨時特急の正確な時間を覚えていなかったこともあり、
危険を冒すより、諦めて中書島で7003Fと7203Fを撮ろうと思っていました。

中書島に着く直前、中書島駅大阪方の留置線に停車していた6002Fが
4番線に向けて動き出しました。

GI開催日なので、中書島には臨時に充当される8連が
たくさん停まっていたのだろうなぁと思いつつ、急いで精算をし、2番線へ。

_MG_0669

2番線に降りると既に7003Fが入線してきていました。

_MG_0674

4番線の様子も気になりますが、まずは7003Fを見送ります。

_MG_0671

4番線に止まっている6002Fの前を宇治線の2623Fが3番線に入線します。

この後、7203Fが来るまで待つつもりでしたが、
やってきた普通電車の案内放送『樟葉で淀始発の臨時特急と連絡』と聞いて、
この普通が出た後、6002Fが回送され、特急に充当されると悟り、
急遽淀へ向かいました。

予想通り普通の続行で6002Fがやってきました。

そして

1年振りの『フィガロの結婚』♪
(一部映像を加工しています)

IMG_0680

そして6002Fは淀屋橋へ。
私は後続の快速急行で追い掛けましたが、
臨時特急は枚方市からは定期特急のスジなので、
枚方市で快速急行が臨時特急に追い付きました!

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (6) | トラックバック (0)

225系展示会in天王寺に行ってきました。

週末ごとにぎっしり鉄関係のスケジュールが入っており、
写真の整理もままならない今日この頃ですが、
昨日は天王寺駅で行われた225系の展示会に行ってきました。

9時45分頃に天王寺駅に着くと既に長蛇の列ができており、
車内へ誘導されたのは10時30分頃でした。

1番線で展示されていましたが、
ホームの端で先頭車を撮影する方を横目に一番奥の車両から入場。

車内の混雑は場所によりムラがあったので、空いたところから写真を撮っていきます。

車内は従来の阪和線仕様の223系と同じく、車端部を除き、1列+2列のシート配列になっています。

_MG_0618
こちらは1列の座席。
モケットは青地のものに変わっていて、特急列車を彷彿とさせるシートでした。

_MG_0622
和歌山よりの先頭車にはトイレがついています。
従来のものと比べ、間口も広く、ゆったりした印象を受けます。

が、

_MG_0626
トイレが広くなった分、貫通路へ通り抜けるのが窮屈になった印象を受けました。

_MG_0627
ドア付近や座席の握り手はオレンジ色に塗られ、ドアの戸袋部分もオレンジ色に塗られています。

_MG_0628
吊革です。
持ち手の部分がオレンジになり、従来のものより太くなった印象を受けました。
吊革は優先座席部分は緑色になっており、一目で優先座席とわかるようになっています。

_MG_0629
車内には321系同様、液晶テレビが設置されていますが、
この日はJR西日本のロゴが表示されているだけでした。

_MG_0630
2人がけの席に座ったところ、窓が開く席でした。
営業運転の列車ではなかなかこういうことできませんので、
窓から顔を出して写真を撮ってみました。

_MG_0642
2人がけの座席です。

_MG_0643
ドア横のドア開閉ボタン。
外側には「あける」ボタンしかなかったのですが、
写真に収めるのを忘れました。

_MG_0645
連結部もこのように周囲が黄色く塗られ、注意喚起が促されています。
 _MG_0649
天王寺寄りの先頭車には車いすスペースがありました。
 
_MG_0652
真新しい運転台の様子です。

_MG_0658
正面から写真を撮ってみました。

_MG_0665
帰り際、2つ隣のホームから展示会の様子を撮りました。

_MG_0661
帰ろうと改札に向かっているとちょうど103系混色編成がやって来ました。
オレンジにウグイスが挟まっているのはよく見かけますが、その逆パターン。
兼ねてから会いたいと思っていましたが、ようやく叶いました。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

JR西日本吹田工場一般公開 ~展示車両編

昨日行われたJR西日本吹田工場の一般公開に行ってきました。
吹田工場に足を運ぶのは実は初めてでした。

工場に着くと、記念オレンジカードの列ができており、
カードデザインが良さそうだったので、とりあえず並んでみますが、
購入まで小一時間かかりました・・・

カード購入後は、どのアトラクション体験コーナーも軒並み30分~2時間半待ちと
どこぞの某遊園地並みに混雑していましたので、体験ものは諦め、
展示物だけ見て帰ることにしました。

そこでまずはいちばん奥の車両展示コーナーへ。

_MG_0524
左から、225系5000番台、阪和線仕様の新型車225系です。

_MG_0525
カフェオレ色の113系。回送幕でした。

_MG_0527
クモハ183系200番台、かな?
スーパー雷鳥時代にこの顔の電車が登場したときには驚きました。

_MG_0528
サンダーバード681系。

_MG_0529
681系の隣には583系、その奥には485系?の中間車が繋がれていました。

_MG_0530
583系はB2編成。確か廃車にされたと聞いたのですが・・・
保存されるのでしょうか。

_MG_0535
485系はA10編成!幕は懐かしの白鳥でした。

_MG_0538
485系の白鳥とボンネットの雷鳥の並び。

_MG_0539
雷鳥のHMを掲出しているのは489系H02編成でした。

_MG_0540
小浜線用でしょうか、125系も並んでいました。

他の写真も追って載せたいと思います。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日の寝屋川車庫 〜10.10.20

昨日の昼過ぎの寝屋川車庫の様子です。

_MG_0468

集塵装置内に3000系の大阪方4両がいました。
入場中の3001Fは日曜日の段階で今から塗装に入る感じだったので、
編成組まれてるには早すぎる感があります。
しかも、解読出来ませんでしたが、車番が書かれていたことからも、3001Fではないでしょう。

ここで気になるのは火曜日から3000系運用の代走が2本に増えてること。
自分の目と運用板の目でこの2日間目撃情報がない3002Fでしょうか?

京都方が見当たらないのですが、まさか3001Fと同時入場じゃないですよね?
入場時は大阪方から入りますよね?

いずれにせよ、今晩も同じ状況だったので、明日も代走2本でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5555F菊人形HMつけて試運転!

昨日の午前中は愛犬の容態をみるために実家に帰っていました。
実家からの帰り、手早くJRで帰ろうかな・・・とも思ったのですが、
昨日は3000系運用に代走が2本入っているということで、
試運転がありそうな予感がして、のんびり京阪で帰ってきました。

京阪に乗って運用スレッドを確認すると、
なんと午前中に5555Fが菊人形副標をつけて試運転を行ったそうで、
さすがに午後からは試運転ないかな・・・と大阪方面に下りました。

京橋に着くと4番線に「回送」表示。
こんな時間に回送なんてあったかな・・・もしやと途中下車すると、

_MG_0477

ビンゴでした。
5555Fが菊人形副標をつけたまま試運転でやってきました。

_MG_0483

京都方に回ってみました。

_MG_0480

5555の車番、試運転幕、菊人形の副標です。

_MG_0484

5555号の京都方の扉の隙間から例のホースが出ていました。


復路は悩んだ結果、大和田で狙いました。

_MG_0511

スカートに縦のスジが入っています。

車輪に吹き付けているのも注目しいたので、
足回りに注目してみると・・・

_MG_0514

スカートについているのは結束バンドのようです。
扉から出ていたホースを固定するためのバンドでしょうか。

今回も車輪に向けて、何かが噴射されています。

_MG_0515

そして大和田を通過。

_MG_0517

後追いも車輪に注目してみました。

_MG_0518

下りホームには区間急行が停車中。
危うくかぶられるところでした。

※初出時、画像が表示されていませんでした。
申し訳ありませんでした。

2010.10.25 12:05 記事を一部修正しました。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の寝屋川車庫 ~10.10.18

ファミリーレールフェア翌日、10月18日お昼前の寝屋川車庫の様子です。

_MG_0395
ミュートレはレールフェア終了後間もなく
工場前からゆっくりと車庫内を移動しているのを確認できましたが、
やはり定位置に戻っていました。

_MG_0396
車庫の奥のいつもの線には
ファミリーレールフェアで運転台体験に抜擢されていた
8007Fの大阪方と思われる編成が留置されていました。

前日とは一転、工場前はがらんとしていましたが、
次に入場する編成は何でしょうか?


応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

485系3000番台が来阪

ファミリーレールフェアが行われた17日の夕方、
団体列車として485系3000番台が大阪にやってきていましたが、
車庫見学に夢中で間に合いませんでした。

復路は今日19日ということで、
そのまま宮原などに泊まってもいいと素人は思うのですが、
どうも一旦新潟まで帰っておられたそうで、
昨晩18日の夜に再度送り込み回送として大阪駅にやってきました。

_MG_0405


23時過ぎ、4番線は新快速待ちの乗客で混雑するなか、
3番線に彼はやってきました。

一昔前まで、新潟雷鳥としてリニューアル編成が入ることもありましたが、
今では関西圏で見る機会は非常に少なくなりました。

ここまでリニューアルされると485系とは思えません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のクリスマスマーケット情報

猛暑もいつの間にかどこへやら。
朝晩は少し肌寒くなってきましたが、比較的過ごしやすい季節になりました。
私的にも食欲の秋、鉄分の秋真っ盛りですが、
今年も残すところあと2カ月ちょっと。
我が家的に非常に待ち遠しい季節が近づいてきました。

そう、今年もクリスマスの季節がやってきます。
大阪のクリスマスマーケットの開催まであと1カ月を切り、
各地のクリスマスマーケットの情報も流れだしてきたので、まとめてみました。

ドイツクリスマスマーケット大阪2010
2010年11月19日(金)から2010年12月26日(日)まで
大阪・新梅田シティにて開催。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo
2010年11月26日(金)から2010年12月24日(金)まで
札幌・大通公園2丁目「さっぽろホワイトイルミネーション」会場にて開催。

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2010
2010年12月10日(金)から2010年12月25日(土)まで
東京・東京国際フォーラム地上広場にて開催。

昨年まで六本木ヒルズでも開催されていましたが、
今のところ、今年の開催について発表は行われていないようです。

弊ブログでも随時、クリスマスマーケットの様子を紹介したいと思いますが、
お近くの方はぜひ一度足を運んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミリーレールフェア2010 ~戦利品

ファミリーレールフェアの主目的は部品を買うことでした。
淀屋橋発の始発に乗って寝屋川車庫へ乗り込み、
何とか購入したのが、コレ↓

_MG_0413
昨年初めに解体された1929号車の正面車番。

今年はこの年末年始に解体された2200系・2600系の部品が出てくると予想し、
2218-2829編成の車内プレートが欲しかったのですが、
まさかの1929正面車番に遭遇して、思わず衝動買いしてしまいました。

他には2600系の懐中時計を入れるところや計器類を切り抜いたものや、
1900系のバンパーセットなどもありましたが、目の前で売れてしまいました。

_MG_0414
マンダリンオレンジの鉄板に1929の車番が取り付けられていますが、
車番をよく見てみると(写真では見にくいですが)、黄緑の塗料が付着していました。
通勤色で運用されていたころの名残でしょうね。

_MG_0411
一方こちらは、昨年4月18日に枚方市駅で行われた即売会で購入した
1991号の側面車番です。
この車番はカーマインレッドの鉄板に取り付けられています。

この時は深く考えずに残っていた車番から気に入った車番を選びましたが、
即売会が始まる前に撮った写真を見ると・・・


赤い鉄板、黄色い鉄板、濃緑の鉄板、薄緑の鉄板、
鉄板には4種類ありました。

なるほど、正面車番は黄色もしくは薄緑色のところに取り付けられ、
側面車番は下の方、赤色もしくは濃緑色のところに取り付けられているので、
取り付けられていた場所の色を忠実に再現して、
正面車番は黄色い鉄板または薄緑の鉄板に取り付け、
側面車番は赤い鉄板または濃緑の鉄板に取り付けられているようです。

ところで、今年春先には立て続けに大津線の車番も購入していまして・・・
大津線感謝祭では鉄板に打ち付けたものが販売されるようですが、
私が持っているのはコルクボードに打ち付けたものです。

_MG_0416
701号の車番、守口京阪の歩み展で買いました。
このときは鉄板打ち付けの車番もありましたが、
高価なのでコルクボードの方を買いました。

_MG_0419
612号の車番は、ゴールデンウィークの鉄道わくわくフリーマーケットで購入。
このときは、コルクボードに打ち付けたものしかありませんでした。
担当の方は「鉄板は重いから・・・」とおっしゃっていましたが・・・

_MG_0421


話はファミリーレールフェアに戻しまして、車番のほかはmini方向幕を買いました。
工場ブースで100個?限定での販売でした。

見本品はケースに入っていて回せるように加工されていましたが、
購入したのはミニチュアの幕だけなので、
ディスプレイ用のケースを作成しないといけません・・・

このほか、中之島線DVDとヘッドマークシールを購入しました。
おまけで、京都地下線20周年Kカードとあゆみ展の車内吊り広告をいただきました。

日比谷では1900系の鉄コレが出たということで、少し期待していたのですが、
寝屋川での販売はありませんでした。残念です。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファミリーレールフェア2010 〜入場中の8001F

ファミリーレールフェアのレポート、今回は入場中の8001Fについてです。
8001Fは昨年の9003Fと同じく集塵装置内に京都方4両が、
通路を挟んで同じ線の工場内に大阪方4両が留置されていました。
通路からは見えないように扉や幕で覆いがされていましたが、
両側先頭車は特に隠されていなかったので、
見せたくないわけではないのかなと勝手に想像していますが…

_MG_0232

工場内の8801、テレビカーの妻面です。
扉は封鎖されてましたが、横から様子が窺えました。

貫通路も開放されていたので中の様子も確認できました。
座席が撤去され、絶賛改造中でした。

右隣に運転台体験の10004Fが止まっていたので、
これに乗れたらもっと観察できたのでしょうが、整理券がもらえませんでした…

_MG_0240

工場内に入ると8051の姿が確認できました。

_MG_0242

8051の下半分です。
外装にはまだ手は加えられていません。

一方、集塵装置内の京都方ですが、幕の切れ目から中の様子が窺えました。

_MG_0351

川側の様子です。

ダブルデッカー車の時代祭の絵はそのままでしたが、
車端部の窓にはシートが当たる部分が黒く加工されていました。

_MG_0353

山側も同様でした。

_MG_0354

妻面は扉が閉まっていて中の様子は窺えません。
ガラス部分には記念フォーラムの車内吊り広告が貼られていました。

洗車でGO!に乗った際に8001の正面に回ることができました。

_MG_0331

が、如何せん洗車された直後。
窓が濡れていたので、右半分のピントが合っていませんでした…

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の馬急 ~10.10.17

ファミリーレールフェア終了後、寝屋川市へ戻りました。
龍馬伝号の運転については貼り紙がされていましたが、
馬急の貼り紙は見当たらず。
今日は意外にも馬急は走らないのか・・・となにわ橋のアートエリアB1へ向かいました。
(馬急って貼り紙は貼られないんでしたっけ?)

アートエリアB1で懐かしい駅の写真や電車のイラストを鑑賞し、
ふと携帯でツイートを確認すると、馬急についての情報をいただいていました。

運転ありということで、慌てて改札を通り、ホームへ。

_MG_0366
ギリギリのところで、1本目の馬急に間に合いました。

_MG_0371
1本目の馬急には9004Fが充当されていました。

_MG_0376
最近、臨時急行でよく見かけるオレンジの急行幕。

2本目の馬急を待っていると、今日の代走く急行がやって来ました。

_MG_0378
今日の代走快急には9005Fが充当されていました。

_MG_0386
そして2本目の馬急は9003Fでした。

_MG_0394

さて帰ろうかと階段に向かっていると、1本目の馬急の9004Fが回送されていきました。

短時間の間に立て続けに大好きな9000系を3本もカメラに収めることができ、
大満足で帰ってきました。
9001Fは枚方特急に入っていたので、9000系大忙しでしたね。  

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミリーレールフェア2010 ~ファミリーレールフェア号

今日はファミリーレールフェアが開催されました。
書きたいことはたくさんあるのですが、まずはファミリーレールフェア号のことから。

淀屋橋発の始発で寝屋川車庫入りし、部品販売を巡り、
旋削盤庫へ足を進めていると、洗車でGO!の列の向こうに3000系の姿が見えました。

_MG_0225
ファミリーレールフェア号の送り込み回送が出庫するところでした。

この後、工場のなかを一通り見学して、たまごさんと合流。
ファミリーレールフェア号を撮るため、一旦寝屋川車庫を後にしましたが、
工場前に集結している電車のかたわれが車庫の裏手に集められているのが気になり、
車庫の裏手に様子を伺いに行きました。

本当はもっと南の方まで足を伸ばしたかったのですが、
のんびり話をしながら萱島に向かったため、時間切れ。
混雑が予想され避けたかったのですが、大和田に行くのが精一杯でした。

大和田に到着すると上りホームに7001Fがやって来ました。

_MG_0246
入駅する際には7001Fとは気づかず、写真を撮っておらず、
停車後、先頃出場したばかりの7001Fであることに気づき、慌ててシャッターを切りました。

レールフェア号を待っていると2601Fがやってきました。

_MG_0259
_MG_0268
大和田-古川橋間で上り快急の3004Fとすれ違いました。

ファミリーレールフェア号は、D1100Zの続行で上ってきました。

_MG_0278
今日の大和田にはホームの南端に20名強が集結していました。

私たちは7連停止目標の少し前で撮っていました。
大和田駅は上手い具合にカーブしていますので、黄線に沿って並べばまったく問題ないと思うのですが、
今日はホームから身を乗り出して撮影する人が後を絶たず、
どうしても前の撮影者がフレームに入ってしまい、あまりいい写真が撮れませんでした。

最近、他のブログさんなどでも黄色い線を越えたとか、
色々撮影に関するマナーが問題視されているなか、
もっと自覚を持って行動してもらいたいと強く感じました。

今日の大和田駅の状況は非常に危険だと感じたので、
心当たりのある方は改めていただけると幸いです。

_MG_0279
このあと一旦自宅に帰らないといけなかったので、
次の下り列車に乗りたかったのですが、やって来たのは2614Fの混色。

_MG_0287
写真を撮ってしまい、見送ってしまいました・・・   

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

菊人形臨時急行に乗ってきました。

今日はひらかた菊人形の臨時急行に乗ってきました。
出遅れてしまったので、1本目には間に合わず、2本目に乗りました。

_MG_0157

淀屋橋に着くと、西改札内ののりば案内に
このように臨時急行が3番線から出発すると案内されていました。

_MG_0159

3番線の準急の行先表示の下、
次発の欄に臨時急行樟葉行きと案内されています。

_MG_0161

臨時急行の入線を待っていると、2番線に菊人形ヘッドマークを掲出した
1501Fがやって来ました。

_MG_0163

菊人形のヘッドマークと車番を撮ってみました。

_MG_0164

準急が出発したので、3番線の案内表示が
「臨時急行」に切り替わっていました。

せっかく、菊人形HM掲出の1501Fが2番線に停まっているので、
急行が入ってくるのと並べて撮ってみようと思いましたが、

_MG_0168

さすがに急行の動きは止めることができませんでした。
が!なんと、急行に充当されたのは2453F。
はからずしもHMつきの並びとなりました。

そして、運転手さんが菊急のHMを装着。
今日の2本目は豪華W副標での運転となりました。

菊急が守口市1番線に到着。
ここで特急の待避を行います。

_MG_0174

淀屋橋では2番線の列車が邪魔でうまく撮れなかったので、
守口市での待避の間に正面の写真を撮りました。

そして、菊急一番のお楽しみ?といえば、
守口市1番線で特急を待避したあと、A線に戻っていくところ。
営業列車では普段走らない渡り線を通るのが見物です。(と思っています)

その動画です。

そして菊急は終点樟葉へ。
樟葉の手前で妙に減速をするので、何だろうと前の様子を伺うと
先行の区間急行がまだ2番線に停まっていました。

区間急行が引き上げ線に移動した後、
菊急が2番線に入っていきます。

_MG_0184

2番線の向こうには引き上げていった区間急行7201Fと
1本目の菊急がHMを掲出したまま停車していました。

2453Fから降りると同時に1本目の菊急が動き出しました。
2453Fとの並びが撮れるかも・・・と思ったのですが、

_MG_0188

レンズが望遠だったので、めいっぱい引いてもこのアングル。
寝てしまった次男をダッコしながら挑んだので、設定もままならず、
まぁ、雰囲気だけ・・・

停車位置の関係で2207Fの姿は見えないので、3番線に移ったのですが、
菊急の副標は3番線到着後、すぐに外されてしまったようで、
菊急副標の並びは撮れませんでした。

それ以前に30分前に到着している菊急がまだ樟葉にいたのが驚き。
PRの折り返しの関係なんでしょうか?

_MG_0192

改めて、2453Fのダブルヘッドマークです。

_MG_0195

再度、3番線に移動すると、ちょうど2463のヘッドライトの確認をされていました。

ホームの端で写真を撮っている子供さんが映り込んでいますが、
樟葉は子供さんや親子連れの方が多く、平均年齢が若かったですね。

菊急HMの並びが撮れるならまた樟葉で写真を撮ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の寝屋川車庫 ~10.10.16

今日の10時半頃の寝屋川車庫の様子です。
_MG_0177
明日のファミリーレールフェアに向けて準備が整っているようです。

工場前には7200系、びわこ号、8000系の大阪方4両(8007F?)、
集塵装置内には旧塗装8000系の京都方4両(8001F?)、ミュージアムトレインが
スタンバっています。

いよいよ、明日ですね。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

683系3両編成の団体臨時列車が湖西線を走る。

10月号の鉄道ダイヤ情報によると
昨日、10月14日に大津京から余呉まで683系3両編成による
団体臨時列車の設定がありました。

関西圏で683系が3両で走るのは滅多にないだろうと湖西線に出撃してきました。

山科から大津京まで乗った113系はピーマン色の編成でした。。

_MG_0088
何度見ても趣味が悪く、好きになれません。

少し時間があったので、一旦大津京で途中下車し、
この列車に関する情報が得られないか観察をしてみますが・・・

_MG_0090
電光掲示板にも9時20分発の団体表示がありません。
同業者もほとんどいらっしゃらないので、運転取りやめ??と
コンコースに下りてみました。

発車まで20分程ですが、団体客の影は見当たりません・・・が、

_MG_0091
再度ホームに上がってみると、新快速の前に「団体」が割り込んでいました。

ほっと一安心し、次の普通で唐崎に向かいました。

_MG_0099
団体列車の前にサンダーバード7号が通過。

_MG_0109
そして団体臨時列車がやって来ました。

_MG_0113
湖西線で3両編成の683系って違和感がありますね。

車内はチラッとしか確認できませんでしたが、
ほとんど乗客は乗っていないように見えました。
しかし、この時期に余呉行きの団体列車、紅葉には早いですし、
どんな団体さんが乗っていらっしゃったのでしょうか。

今までならキハ65シュプール&リゾート編成が充当されそうな列車ですが、
何故683系??と謎に思っていました。
調べてみるとシュプール&リゾート編成は米子に疎開しているそうで、
今後も683系3連が団臨に入ることがあるのかもしれませんね。

このまま帰ろうかと思いましたが、
よく考えると、9時台国鉄色のゴールデンタイムの始まりです。

_MG_0118
もはや風前の灯火となってしまった485系雷鳥。
この日はA03編成でした。

_MG_0125
223系新快速が通過。

_MG_0131
日本海がやって来ました。
が、唐崎駅の北側ではあまりいい写真が撮れませんでした。

_MG_0133

そして117系です。
この117系に乗って実家へ帰りました。

↓応援のクリックよろしくお願いします! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大津の京阪電車を愛する会号

8月の大津の京阪電車を愛する会感謝祭で描いたイラストでラッピングされた
613-614編成が昨日から運転されているとtwitterで情報をいただいたので、
早速見に行ってきました。

坂本から電車に乗ったところ、穴太を過ぎたところで613Fとすれ違ったので、
近江神宮前で折り返して来るのを待ちました。

_MG_0149
今年の感謝祭号には613-614編成が充当されています。

近江神宮前停車中に湖側をざっと見ましたが、
私の絵は貼られていませんでした。

浜大津停車中に山側のイラストを探してみると・・・
 _MG_0151
4際の長男の描いたイラストがありました。

昨年もイラストを飾ってもらいましたが、
1年の間に絵が上手になったなぁ・・・と親バカですね。

私の絵も近くにありましたが、カメラに収める前に発車してしまいました・・・
 _MG_0153

また改めて出直したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津線のヘッドマーク掲出電車

10月9日からひらかた大菊人形をPRするヘッドマークが
京阪本線の10編成、大津線の2編成、叡山電車の1編成に掲出されています。
いつもお世話になっているたけひろさんのツイートによると
大津線では609-610編成と707-708編成に掲出されているそうです。

大津祭の帰り、ちま吉電車の見納めと思い、浜大津で待っていると・・・

_MG_0012
菊人形のHMを掲出した707-708編成マザーレーク号がやって来ました。

_MG_0014
HMは本線のものと同じです。

続いて1番線に617-618編成がやって来ました。

_MG_0017
この編成には、「大津百町大写真展」と「大津国宝への旅」の2つのHMが掲出され、
側面の写真は撮れませんでしたが、従来からの「湖の駅」に加え、
「大津百町大写真展」と「大津国宝への旅」の告知も貼られていました。

_MG_0020
そして、ちま吉!

_MG_0022
今年は車内もキャラクター紹介などで見どころ満載でしたが、
空いているときに乗ることができず、写真は撮れずじまいでした。

車内の様子はたけひろさんのブログ「京阪大津線~ちま吉トレイン2010~大津祭」で
紹介されていますので、よろしければこちらもご覧下さい。

_MG_0023 
今年もあっという間にちま吉電車の季節が終わりました。

次はそろそろ感謝祭の際に描いたイラストのラッピングトレインでしょうか?

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひらかた大菊人形臨時急行運転初日その2

前回の記事の続きです。

_MG_9895
1本目の臨時急行が通過した後、下り線には2604Fがやって来ました。

_MG_9898
そこへ先ほど下って行った9004Fが折り返し、枚方市行きの特急で上ってきました。
危うく2604Fに被られるところでした。

_MG_9900
5551Fが通過。
6001Fや1501Fに副標がついていたので、トップナンバーについているのかと思っていましたが、
5551Fにはついておらず。
そういう法則ではなかったようです。

_MG_9905
先ほど回送で下っていった2614Fが準急に就いていました。
1551Fが臨時急行に充当され、2614Fと差し替えられたようです。

_MG_9911
前日、寝屋川車庫で副標が掲出されているのを確認した7203Fがやって来ました。
この時点では1本目の運用において淀屋橋で差し替えが起こっていたことに気づいていなかったので、
7203Fが臨時急行に充当されるとは気づいていませんでした。

_MG_9913
野江の下手で、副標を掲出した7203Fと6001Fがすれ違いました。

_MG_9919
この日のもう1本のBH運用は7201F。

_MG_9923
枚方特急の続行で2633Fが下ってきました。
この時点では2633Fが2本目の臨時急行に入ると思っていました。

_MG_9930
2633Fの続行で3002Fが下ってきました。
1本目の時はかろうじて雨が上がっていましたが、段々雨が激しくなってきます。

_MG_9935
激しい雨のなか8002Fが上ってきました。

_MG_9939
3001F入場に伴う代走快急、この日は6009Fが充当。

_MG_9944
2601Fもヘッドライトを点灯してやって来ました。

激しい雨のため、前照灯をつける列車が多いなか・・・

_MG_9949
2604Fは前照灯消灯・・・

_MG_9960
2本目の臨時急行には7203FがW副標で充当されていましたが、
残念ながら前照灯は消灯されていました。

_MG_9961
1本目、2本目とも枚方特急に先行する準急が臨急に充当され、
その差し替えとして枚方特急に続行して回送が送り込まれていたようでした。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひらかた大菊人形臨時急行運転初日その1

昨日、10月9日からひらかたパークにて枚方大菊人形が開催されています。
それにあわせ、期間中の土日祝に淀屋橋発樟葉行きの臨時急行が運転されています。

昨日は運転初日ということで、生憎の雨模様ではありましたが、
写真を撮りに行ってきました。

子連れでの参戦、雨の中子供を連れて撮影に向かうのは至難の業。
昨日は駅前に駐車場のある駅ということで思いついた野江駅に行ってきました。

_MG_9853
ホームに上がると早速、菊人形のヘッドマークをつけた列車がやって来ました。
このヘッドマークは京阪本線の10編成、大津線の2編成、叡電の1編成に掲出されているそうです。

_MG_9854
振り向けば、いきなり菊人形HMを掲出した2編成がすれ違い。
区間急行樟葉行きの2453Fと準急淀屋橋行きの1501F。

心づもりができていなかったので、2453Fがぶれてしまいました・・・

_MG_9858
この日の枚方特の1本は9004Fでした。

_MG_9860
枚方特急の直後に混色編成2614Fが下っていきました。

京橋発の時刻が、快速急行40分、臨時急行43分、枚方特急46分なので、
枚方特急の前に送り込みの回送が通過すると踏んでいましたが、
それらしき列車は通過せず・・・

この混色編成がとんぼ返りで臨急に入るのかとこの時点では思っていました。

_MG_9862
野江で上りの特急8531Fとすれ違いました。
の方に向かう途中、8531Fの運用が確認できたので、
8531Fが上ってくるのを狙っていましたが、まさかの回送通過で8531Fが撮り逃しました。

_MG_9865
6001Fにも菊人形の副標が掲出されていました。

_MG_9867
野江駅停車中に菊人形のヘッドマークを撮ってみました。

_MG_9868
そこへ2216Fが回送幕で上っていきました。
先ほどの2614Fは2216Fと差し替えの回送だったのか?
ますます訳がわからなくなってきました。

_MG_9872
先週木・金と3000系の代走に入っていた7202Fですが、昨日はPR運用に入っていました。
周囲に気をとられているとカメラが傾いてしまいました・・・

_MG_9875
上り特急8003F。

_MG_9883
菊急に先行する快速急行がやって来ました。

_MG_9889
そして1本目の臨時急行には1501Fが充当されていました。
先ほど、準急で下っていったので、淀屋橋で差し替えられたようです。

菊人形のヘッドマークと菊急ヘッドマークのW副標!
まさか1000系のトップナンバーがW副標で充当されるとは夢にも思っていなかったので、
大興奮の一瞬でした。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7001Fが運用復帰!

予想通り昨日7001Fが試運転を行ったそうですが、
早くも今日運用に復帰していました。

いつもは試運転の翌日はお休み、翌々日から復帰というパターンなので、
明日からだと思い、今日の運用は特にチェックしていませんでした。

仕事帰り、B2103Aに乗って何気なく窓の外を見ていると新塗装の7000系とすれ違いました。
しかも車番の下1桁が「1」に見えたので、慌てて七条で途中下車しました。

運用板を確認するとK特急さんが7001F の運用を報告されていたので、
間違いないと確信、折り返しを待つことにしました。

_MG_9846
待つこと約30分。
新塗装のピカピカの7001Fがやって来ました。

せっかくなので、彼に乗って丹波橋まで行きました。
 
_MG_9848

気になるモケットですが、6000系と同様のものに交換済みでした。
先日出場した2634Fは交換されていなかったので、
5000系以降は交換していくということでしょうか。

_MG_9850
丹波橋にて。

今日は不意打ちを食らいました・・・ 

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (6) | トラックバック (0)

廃線跡探訪 ~野江の七曲り その1

夏の猛暑も和らぎ、心地よい秋風が吹く季節になりました。
廃線跡を歩きたくてうずうずしていたものの、暑くて出不精になっていましたが、
昨日、蒲生信号所-土居間の旧線跡を歩いてみました。

土居で下車した私は、線路沿いに歩き、
内環状線の歩道橋を渡ったところで、京阪の高架をくぐります。

ここで、土居の方を振り返ります。


_MG_0051
京阪の高架に併走している左側の道が旧線跡と思われます。

この場所から南を向くとこんな感じです。

_MG_0052
この道が京阪の旧線跡です。

この道を歩いて行きますが、新線に切り替わって約80年。
道路脇にも目をやりますが、廃線跡であることを示すものは何も見当たりません。

そして、滝井の駅前で旧線跡の道は途切れます。

_MG_0054
京阪の今年のDVDでも紹介されていたこの建物(地点①)。
先ほどの旧線跡を塞ぐかのように旧線跡の道と垂直に立っています。

交差点とはいえ、隣の民家は道に沿って建っているのに、
この建物はみちに対して斜めに経って建っています。

この建物の右手には関西医大滝井病院があり、
この建物の裏は病院の駐車場になっています。

この先は廃線跡に建物が建っていて通行できないため、
迂回してこの建物の裏手、廃線跡の先へ足を進めます。

_MG_0055
道路と斜めに交差する廃線跡と思われる路地に出くわします(地点②)。
帰宅後、地図で確認すると、この路地の横の建物こそが廃線跡のようです。
建物の写真を撮ってこなかったのが、悔やまれます。

一方、この先は・・・というと

_MG_0056
やはり廃線跡に沿って斜めに家が建っています。
     
右隣の家が道路と並行なのに対し、
左側の家は約45度傾いて建っています。
家の前のガレージの形状を見ていただくと一目瞭然ですね。

この先はまたしても道がないので、迂回して斜めの建物を探します。

_MG_0057
斜めの家を発見。
しかもその奥にも一直線に斜めに家が建ち並んでいます(地点③)。

_MG_0058
この先には1階に診療所の入ったマンションが建っています。
こちらも手前の駐車場と建物の位置関係を見ていただくと
道路に対して斜めに建っていることがおわかりいただけるでしょうか。

_MG_0060
診療所の入っていたマンションの裏側にまわってきました(地点④)。
マンションの裏手も旧線跡に沿って新しい家が建っています。

右隣の民家と比べていただくと、このマンションや新しい家が
斜めに建っているのがわかっていただけるでしょうか。

ただ、この先は斜めに建っている建物が見当たらず、
旧線跡を見つけるのに難儀しましたが、
建物に囲まれた一角に空き地があり、そこからのぞき込むと・・・

_MG_0061
奥に1軒だけ斜めに建っている家を見つけました(地点⑤)。
この辺りは区画整理で道に沿った形で家が建て直されているようでしたが、
その裏側に何とか痕跡を見つけることができました。

_MG_0062 
その先はパチンコ屋さんになっていました(地点⑥)。
この先で商店街を突っ切るのですが、あまり痕跡がなく、
しかもアーケードに入ってしまうと方向がわからなくなり、
しばし商店街で迷子になってしまいました。

続きは次回にさせていただきたいと思います。

今回紹介したエリアの地図です。
緑の線が旧線跡と思われます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

撮影記 ~10.10.05 土居にて

昨日のお昼前、寝屋川車庫を覗いたところ、
7001Fが検車庫の中に収容され、作業が行われていたので、
昨日の試運転はないと判断し、沿線で少し撮影をしてきました。

昨日は土居から京阪の旧線跡を歩いてみたかったので、
一路、土居を目指します。

_MG_0023
守口市で普通に乗り換えようと待っているとやって来たのは2631Fでした。

普通で野江に到着。

数日前に訪れた際には地上階のトイレが使えましたが、
昨日は地上階のトイレは閉鎖され、ホーム上の仮設トイレが供用開始されていました。

上りホームに移動し、代走快急を待ちます。

_MG_0024 
まずやってきたのは区間急行樟葉行きの6002Fでした。

_MG_0025
続行の上り特急には8008Fが充当されていました。
近々8007Fが出てきたら、8008Fが再改造されるのでしょうか。

_MG_0031
そして、昨日の代走快速急行、7201Fがやって来ました。

_MG_0040
その続行の区間急行には混色編成の2614F。

_MG_0043 
改札に向かって歩いていると背後から枚方特急がやって来ました。

_MG_0046 
昨日の枚方特急の1本は6009F。

先を急ぎますので、土居での撮影はこれにて撤収。
旧線跡を目指し、線路沿いの道を歩き始めました。
途中、土居-滝井間に内環状線をオーバークロスする歩道橋があります。
いつも車窓から気になっていた歩道橋。
ここで何枚か写真を撮ってみました。

_MG_0049   
下り快速急行の3005F。

そして、京阪の線路をくぐり、線路の北側に抜けました。

_MG_0051 
そこへ上りの普通2455Fがやってきました。
あおり気味のアングルで、秋の青空が印象的な
昨日一番のお気に入りの写真です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日の寝屋川車庫 ~10.10.05

今日のお昼前の寝屋川車庫の様子です。

_MG_0020
工場前には3001Fが留置中。
3001の京都方の扉が開いており、中で作業が行われていたようです。

_MG_0021
気になる7001Fはピット内で作業中。
ラインや車番が貼られ、いよいよ試運転のようです。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史探偵 ~びわこ号在りし日の東山三条

今年3月に大津パルコで開催されていた鉄道模型マーケットで
大津線の懐かしい写真を購入しました。
詳細については「大津線の昔の写真① (追記あり)」をご覧下さい。

その記事の中で購入した写真の紹介と場所の考察を行ったのですが、
先日、twitterで情報をいただいたので、今朝現地に赴いて来ました。

6
twitterでいただいた情報によると、
場所は「古川町と白川の間」で後方に移っているのは「前田文具店(?)」だそうです。

早速、yahoo!地図で調べると・・・



古川町通と白川の間に「紙嘉前田商店」という文房具屋さんっぽいお店があります。
さらに調べてみると創業300有余年とのことで、
古くからこの地にお店を構えていらっしゃるようでした。

早速、現地を訪れてみると・・・

「紙嘉前田商店」さんは文房具屋さんと言うより、
本当に古くから営業されている由緒あるお店でした。
お店の方に聞いてみようかと思っていたのですが、
入りづらい雰囲気でしたので、写真を撮ったであろうポイントを探します。

_MG_0014
通りの反対側からお店を撮ってみます。
ちょうどいい具合に京阪バスがやって来たので、びわこ号の代わりに入れてみました。

6_MG_0014 
並べてみます。

文房具屋さんの看板がなくなり、老舗っぽい看板に変わっています。

ここで間違いないのか自信はなかったのですが、右隣の電気屋さん。
看板こそ日立から三菱に変わっていますが、
ドアの形状は同じなので、ここで間違いなさそうです。

もう1枚。

京阪の軌道と直角に平面交差している併用軌道。
おそらく京都市電だと思われるので、東山三条の交差点と推測していたこの写真ですが・・・

6_MG_0017
望遠の関係で昔の写真の方が山が近く見えますが、
稜線の形状から判断して、東山三条の交差点に間違いなさそうです。

一方、写真の左端に移っている「うず潮」洗濯機の看板のある建物。
電気屋さんなのかな・・・と名残を探してみましたが、
特に名残は見つからず、マクドナルドに建て変わったのかとも思いましたが、
今日の写真の方で、ホテルの看板のある建物、
2階の窓の形状が同じではありませんか!

63号が休車になったのは1970年ですので、
少なくとも40年以上前の写真ですが、
探せば当時の名残が残っているのですね・・・

今日はこの2枚しか写真を持って行かなかったのですが、
他の写真についても検証してみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日の寝屋川車庫 ~10.10.04

今日の昼下がりの寝屋川車庫の様子です。

_MG_0009

車庫の奥に7001Fと思われる新塗装化された編成が見えました。

この写真では分かりにくいですが、
黄緑のラインや車番はまだ貼りつけられていません。

明日、試運転あれば行きたかったのですが、
明後日以降のようですね・・・


応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影記 ~10.10.04 9003Fが3000系を代走

今朝は激しい雨が降っていましたが、
午後からはぽかぽか暖かい陽気でしたので、
ふらっと中之島まで自転車で出勤してしまいました。

_MG_0003 
ホームに降りるとPR運用に9003Fが入っていました。

_MG_0005
そして1番線には本日の3000系運用代走、7201Fが入線しました。
 
よくよく考えてみれば、私が日勤の日によく利用するD0600Zと
夜勤の時によく利用するD1402Zが同一運用であることに今日気づきました。
先週半ば、3001Fの試運転が始まってから連日D0600Zが代走されていますが、
それすなわち、D1402Zも代走されているということですね。

D1402Zに乗るつもりでしたが、せっかく9003Fでもあったので、
区間急行で天満橋まで行き、淀屋橋発の特急に乗り換えました。

_MG_0007
せっかくなので、7201Fと9003Fの並びを撮りたかったのですが、
3番線にはロープが張ってあるので、
めいっぱい下がっても私のカメラではこれが限界でした。


応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2211の側面

先週半ば、寝屋川工場の前に留置されている
2211Fの京都方を目にしましたが、
先週金曜日10月1日、土居駅にて2211Fにお目にかかりました。

工場前に留め置かれていたのは何をされていたのか・・・と
車体をよく観察してみると・・・

image
写真では分かりにくいですが、側面に細かい補修跡が見当たりました。

この補修作業を行っていたのでしょうか??

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影記 ~10.10.01 9005Fが3000系を代走

先週は水曜日・木曜日と2日続けて3001Fの試運転が行われたそうですが、
金曜日も試運転があるんじゃないかと西三荘に出かけました。
道中、寝屋川工場の前に分割された3001Fを見かけたので、
うすうす試運転がないことを察知してはいましたが、
私のすぐ後を8531Fが追いかけていることを知っていたので、
せめて副標なしの8531Fだけでも思い、西三荘へ。

_MG_9551
まず、やってきたのは2600系30番台、唯一の原色となった2631Fです。

_MG_9553
続いては下り快速急行の3003F。

_MG_9558
上り特急の8002F。
 _MG_9564
そして8531F!
復帰からずっと60周年の副標が掲出されていましたが、
この日、10月1日から副標が取り外されました。
  _MG_9569
やはり試運転はなさそうなので帰ろうと、区急に乗ったのですが、
そういえば、3000系運用に代走が入っていたことを思い出し、
慌てて守口市から普通に乗り換えました。

深追いして撮り逃してしまうとまた30分待つはめになっていまうので、
土居で途中下車。

撮影ポイントへ移動していると、早々に快速急行の9005Fがやってきました。

_MG_9576
このあと、下りの特急に被られてしまい、いい写真は撮れませんでした・・・

_MG_9579
後追いで。

次の普通列車を待っていると、7203Fがやってきました。

_MG_9583
7200系、9000系、10000系と受け継がれたこの丸みを帯びたデザイン、
たいそうお気に入りなのですが、原色で残っているのは7203Fのみとなりました。
しかもこの7203Fも近々入場が予想され、見納めの日も近いことと思われます。

_MG_9584
さらに・・・

_MG_9590(トリーミングしています)
2200系後期更新車が3編成も!
残念ながら奥に見えるのは1000系です。

普通をもう1本見送って・・・

_MG_9599
8531Fが戻ってくるのを待ちました。

_MG_9604


8531Fの元気な姿を見ていると、こちらまで元気になってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

築港赤レンガ倉庫特別公開

大阪市港区築港にある赤レンガ倉庫が4年ぶりに特別公開されました。

大正12年(1923年)に住友倉庫によって作られたこの倉庫群は
1998年頃まで倉庫として使われていたそうですが、
閉鎖後、大阪市の手に渡り、ギャラリーなどとして活用されていたそうです。

2006年に耐震強度に問題があると閉鎖され、
現在はフェンスで囲まれ、その外から眺めることしかできませんが、
今日、4年ぶりに特別公開されることになりました。
(但し、耐震強度に問題があるため、倉庫内部の見学は不可)

公開は16時半まで、30分毎にツアーがあるとのことで、
子供たちの運動会が終わってから駆けつけましたが、
既に整理券の配布は終了していました。

_MG_9988

せっかくなので、フェンスの外から。

倉庫の前にツアーで入場された方でしょうか、
写真を撮影されている方がいらっしゃいました。

昭和60年頃まではこの倉庫の間に線路が敷かれており、
貨物の荷下ろしなどが行われていました。

フェンス内には入れませんでしたが、
当時の懐かしい写真の展示がされており、
それらを見学できただけでも行った甲斐がありました。

_MG_9993

南側の旧300倉庫です。

_MG_9995

北側の旧200倉庫です。

_MG_9999
ベイリバーサイトパーティー天保山エリア、みなと秋まつりの一環として
本日限りの特別公開が行われましたが、
来年も可能であれば公開したいと受付の方がおっしゃっていました。

耐震化工事十数億円かかるということで、
なかなか全面的な一般公開に向けて話は進まないようですが、
せめてフェンスの中に入れるだけでも・・・

_MG_9996

赤レンガ倉庫前ではライブも開催されていました。
背後に見えるのは阪神高速の港大橋です。

来年のみなと秋まつりでの公開に期待しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の寝屋川車庫 ~10.10.01 3000系入場?

昨日のお昼過ぎの寝屋川車庫の様子です。
今週、水曜日・木曜日と3001Fが試運転を行ったようですが、
そのまま入場となったようです。

_MG_9548
工場前には3001Fが分割されて留置されていました。
 _MG_9550

3001の一番京都寄りの扉が開かれ、中で作業が行われていました。

先日から試運転のあと、そのまま入場というケースが続いていますが、
3001Fも同様に試運転のあとそのまま入場となりました。

3000系はデビューから2年。
6編成を順番に検査していくと、半年で全編成の検査が終わります。
3000系も8000系同様2年半周期で検査を行って行くみたいですね。

約半年間、検査入場により3000系が1編成不足するので、
代走が頻発することになりそうです・・・

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »