CanBe

CanBe壊れた(T-T)

とは言っても実家に置いてある、結婚するまでサブで使っていたパソコンですが。

彼はPC-9821 Ct20というCanBeシリーズ最強最終モデルでした。
しかも、CPUはK6III+550MHz@600MHzに換装、ハードディスクは4.3GBの壁があるため、
chanponボードというSCSI+USB+LANが1枚になったマニアックなボードに
SDAT変換基板というE-IDE→SCSI変換をかませてATAPIのCD-RとHDDを繋ぎ、
ゲームをするわけでもないのに、9821最強のグラフィックボードを入れてあるという
おそらく日本で3本の指に入るCanBeではないかと思っています。
(ちなみにメインで使ってたのもCanBeのCu13というPC)

昨日は母が旅行に行ったので犬の散歩当番で実家に帰ってきたのですが、
毎度毎度ノートPCを持って来るのが面倒なので、
眠ってるCt20を使ってやろう!と一念発起、DD(WS002IN)やカードリーダーのドライバを入れました。

電源を入れたときからCDの読み込みが不安定で怪しい感じはしていましたが、
DDは無事に認識し、インターネットには繋がるようになりました。
ただカードリーダーが安定せず、CFを挿すと固まります。
やがてジー、ガタンガタン、ジー、ガタンガタンと見るからに怪しい音。
最近、周りでハードディスクが壊れたという話をよく耳にし、
壊れる前には変な音がすると聞いていたので、まさにコレか!!

バックアップとらなきゃ!と外付けのハードディスク探しているうちにまたフリーズ。
そのまま再起不能となりました。
SCSI BIOSでも認識されないので物理的に壊れてしまった模様。

多分5年ほど使ってなかったし、大事なデータはバックアップとってるはずだし、
そんなに痛手ではないはずですが、凹みますね…

さぁどうするか。
元々の2GBのハードディスクは生きてるので、そのまま使うか、
適当なハードディスク買ってきて環境を戻すか、悩むところです。

…とは言うものの、愛着あるから、結局中古でそこそこのハードディスク買ってそうですが。

ちなみに今日で彼を買ってちょうど9年です。
初めてCD-RがついてるPCを買って感動した日々を思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)