石坂線

今日の錦織車庫 ~10.07.25

昨日から子供たちと実家に帰っていました。
夕方自宅に帰る途中、西大津バイパスが混む時間帯だったので、
大津ICへ迂回したのですが、その途中、思い立って錦織車庫へ行ってきました。

最近、石坂線を利用することも何故か多く、
車庫の奥に坂本ケーブル塗装の611Fがパテで補修された状態で
留置されているのを何度となく目にはしているのですが、
なかなかカメラに収めることができていなかったので、
611Fの姿を確認しようと足を運びましたが、姿はありませんでした。

塗装に入ったのでしょうか。
どのような塗装で出てくるのか、気になりますね。

さて、一方気になるこの編成。

_MG_0092

先日から工場の奥に800系が分割されている姿が見え、
800系が入場しているのだろうな・・・とは思っていましたが、
足回りがピカピカなところを見ると、811Fが入場していたのでしょうか。

800系の検査期限はすべて把握していないので、自信はないのですが、
最近出てきたのには間違いなさそうな足回りの綺麗さでした。

・・・というか、車庫の裏側に回れるとは知りませんでした。

確かに昔から橋は架かっていましたが、
車庫とテニスコートの行き交いに使われる社有地内の橋だと思っていました。
実際に足を運んでみると奥の住宅とも繋がっているようなので、
ここまで足を運ぶのは問題なさそうですね。

またひとつ、楽しみが増えました。


応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石坂線の延伸計画

先日wikipediaで京阪の項目を調べていて気づいたのですが、
1930年に失効しているようですが、
坂本からさらに400m分の免許を持っていたそうです。

堅田あたりまで延伸計画があったと耳にしたことはありますが、
実際に免許を取得していたとは知りませんでした。

坂本から400m、どの方角かはわかりません。
駅前で直角に曲がり、参道を日吉大社に向かったり、
琵琶湖の方に向かい、港を目指すのも現実的ではないような・・・

そのまままっすぐ線を引くと
400m分だと大宮川を越えるか越えないかのところまで
線が引けます。


もう少し山手だったら里坊や寺院が多いですが、
このラインなら古い民家はありますが、
何とか線路は引けるかな・・・

また図書館に行ってみてこの辺りのこと
調べてみたいと思います。

ちなみに今の駅前は・・・

_mg_0840


真正面に市民センターがあります。
昔はここに学校があったらしいです。

採算が取れていたら、ここに線路が引かれていたのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津線のトーマス号

比叡山のライトアップに行くため、
昨日は実家に帰りました。
スタンプラリーもかねて淀屋橋から坂本まで
京阪でのんびり帰りました。

大学に進学してJRの定期を手にするまでは、
実家から大阪に出るとなれば、必ず京阪でしたから、
当時は何とも思っていませんでしたが、
JRの速さに慣れてしまうと、京阪は何とも遅く感じました。

・・・とはいうものの、車庫やすれ違う列車を見てると
全く飽きないのですが・・・

さて、昨日の目的のひとつ。
大津線のトーマス号です。

浜大津に着いた直後にトーマス号が来たのですが、
息子が暮らしっく広場で模型に夢中だったので、
石山寺行きはスルー、約30分間折り返してくるのを待ちました。

本線のトーマス号は内装までかなり気合いが入っていますが、
石坂線のトーマス号は車内はおとなしかったです。
トーマス狙いの親子連れがたくさん乗車されていたので、
車内の様子は撮影しませんでした。

坂本駅にて。
石山寺方から順番に写真を撮っていきました。

_mg_0819


石山寺方先頭車の正面の様子です。

_mg_0822


ゴードンはここにいました。

_mg_0823


ラッピングで車番がわからなくなるので、
車番は行先幕の横にインレタで表示されていました。

_mg_0824


_mg_0826


_mg_0830


_mg_0832


_mg_0834


坂本方先頭車です。

今回のトーマス号は600形2次車、
260形の車体を流用して代替新造した車両です。

写真を撮りながら
小学生の頃、きかんしゃトーマスの原作の絵本が好きで、
260形や350形に乗ってよく図書館に借りに行っていたことを思いだしました。
今も変わらず、子供たちに人気のあるトーマス、
顔は変わりつつも横顔は260形の面影を残しつつ、
今日も元気に走る600形・・・
変わりゆくもの、変わらないもの、
そんなことを考えながら、目頭が少し熱くなりました。

今回は都合で山側しか撮れませんでしたが、
また湖側も撮りに行こうと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪大津線 湖都古都おおつJAZZ電車

昨日、大津の京阪電車を愛する会から会報が届きました。
3月20日に「湖都古都おおつJAZZ電車」が走るそうです。
電車の中でJAZZを聞きながら、ことこと揺られる企画だそうです。
早速申し込みました。

詳しくは↓
 http://www10.ocn.ne.jp/~ok-love/event/jazz.htm

そうそう、大津の京阪電車を愛する会のサイトができたそうです。
リンク集にバナーを貼り付けましたので、
ご興味のある方は、一度訪問してみて下さい。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪坂本駅と皇子山駅

今日は地元の坂本駅を紹介します。

画像
1997年の現在の新駅舎に変わりました。 私の高校時代はまだ古い駅舎でしたから 正直この駅舎にはあまりなじみがありません。

今はワンマン運転・自動改札ですが、
私の学生時代は車掌さんが添乗し、
松ノ馬場を出ると車掌さんが乗車券の回収に回ってこられたのが
非常に懐かしく思えます。

駅の東側には小さい茶畑があります。

画像
伝教大師・最澄が唐に渡ったときに持ち帰った茶を植えた 日本最古の茶園です。

駅ホームから比叡山を望みます。

画像
左の奥の方が比叡山(大比叡)、右の山が八王子山。 春の山王祭の時には、山の上のお宮さんから御神輿が降りてきます。

琵琶湖方面。

画像
坂本小学校と、琵琶湖の向こうの山々が望めます。

駅の奥にはオブジェがあります。

画像
画像
成安造形大学の今井先生という方が作られたそうです。 天満橋-五条間が開通したときに使われていたレールを使ってるそうです。

続いて皇子山駅に移動します。

画像
皇子山駅も3年前に湖西線の高架下に移転しました。 以前の皇子山駅はこの辺りにありました。
画像
今年も『勝利を砂ポート』の配布をするそうです。

駅前には格安チケットの券売機ができていました。

画像
ジャスコの金券ショップが設置しているみたいです。 JRのみで、京阪の切符は扱っていません。 折角なので、この券売機で帰りの切符を買いました。

ちなみに写真はすべて1/2に撮影したものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の石坂線

を撮ろうと思いましたが、間に合いませんでした。

本日、未明に実家に帰ってきました。
3時半頃から結構雪が激しく降っており、
5時前にはそこそこ積もっていたので、
よっしゃ、今日は雪景色で写真が撮れる!と思っていましたが、
その後、9時半まで寝てしまい、すっかり出撃しそびれました。

少しでも雪が残ってくれていれば・・・と
一縷の望みをかけて坂本駅に向かいましたが、
ほとんど雪は解けていました。

明良踏切にて。

画像
子供の頃、このすぐ近くに住んでいて、 夜泣きをするとここで電車を見せられていたそうです。 全く記憶にはありませんが、思い入れのあるポイントです。

河原踏切にて。

画像
フェンスの向こうに少しだけ雪が残っていましたが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年早々の散財 ~356号の速度計

昨日、守口京阪の鉄道趣味の市で散々悩み、
妻に怒られることを恐れ諦めた350形の速度計ですが、
昨晩一晩悩みに悩んで、結局今朝一番で買ってきました。

画像
税込み21,000円。 店員さんには「21,000円ですが本当にいいですか?」と言われました。 そんなに売れない商品なんですか??
画像
356号って、浜大津の駅に最後まで留置されていた350形なんです。 漠然と昇圧の際に廃車された車両の廃品だと思っていましたが、 そういえば、浜大津駅に80形と350形が留置されていました。 留置されていた80形のうち 81号は正面がカットされ錦織車庫にモニュメントとして保存され、 82号は錦織車庫内で静態保存されていることは ご存知の方も多いかと思いますが、 留置されていた350形は356-357の編成で、 357号の運転台周りは大津市歴史博物館に寄贈されたそうです。 その相棒の356号の速度計などなんです。

昨日、帰宅後にこういった事実を知ると、
居ても立ってもいられなくなり、思わず買ってきました。

我が家で大事に保存します。
家を建てた暁には自分の部屋の壁に組み込みたいなぁ・・・

そういえば、昨日は気づきませんでしたが、
今日は1900系通勤色4連+2600系2連のBトレが走っていました。
うちの3歳の息子と同じ年頃の男の子がBトレに夢中で、
「1900系が走ってるよ!」
「あ!1900系と2600系が繋がってる!」と大はしゃぎ。

その1900系も・・・
きっと1900系が廃車になるなど、彼らにはわからないんでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お正月の石坂線

昨日、息子のお昼寝中に石坂線の電車を撮ってきました。
今年も新春の副標がついていました。

手軽に坂本で撮ろうかと思いましたが、
近江神宮前折り返しの電車が撮れないので
皇子山で撮ることにしました。
小雨がぱらついていましたが、
皇子山ならホームの端まで屋根があるので安心です。

まずは坂本駅にて。

画像
613Fは「謹賀新年」と書かれた初日の出と七福神の副標でした。

613Fに乗って皇子山へ。

画像
617Fは「丑」と書かれた副標。
画像
703Fは獅子舞と「あけましておめでとうございます」と「丑」
画像
615Fは丑の絵の副標でした。
画像
609Fも丑の絵の副標
画像
609F縁号・福号も丑の絵の副標
画像
丑の絵の副標のアップです。
画像
701Fも獅子舞と「あけましておめでとうございます」と「丑」
画像
坂本駅で折り返してきた617Fです。
画像
「丑」の副標をアップで見てみると、 バックに細かく「牛」「牛」と書かれています。
画像
皇子山に停車中のトーマストレイン619F。
画像
619Fの副標は「謹賀新年」と書かれた初日の出と七福神
画像
705Fも「謹賀新年」と書かれた初日の出と七福神の副標でした。
画像
705Fを流し撮り!
画像
707F Mother Lake号は「迎春」と書かれた副標でした。

これで、昨日の日中、営業運転に出ていた車両は
全部撮れたはずです。
石坂線も結構車番がステッカーになってますね。

今年は石坂線にもたくさん足を運びたいです!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大津線感謝祭のチラシ

北浜駅で見つけました。

画像
コレを見る限り、今年は80型は動かないのかな・・・

浜大津の暮らしっく広場がサテライト会場になるんですね。
懐かしの写真展が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪石坂線 ちま吉ラッピングトレイン Final

・・・ということで、本日大津祭のため実家に帰っていますが、
祭のためと言うより、ちま吉ラッピングを撮るためと申しても過言ではありませぬ。

9月8日から運転開始したちま吉。
早くも10月12日、大津祭の本祭の今日が千秋楽ということで、
忙しいはずですが、撮り鉄ってきました。
(ラッピング期間異例の短さじゃないですか??)

運良く、浜大津で遭遇したので、ダイヤを計算し、
今度は坂本駅で待ち迎えました。

坂本駅に入線してくるところ。

画像
702の先頭部。
画像
以下山側のラッピングを石山寺寄りから坂本寄りまで順次載せます。
画像
画像
画像
ちま吉とちま吉の間にうっすら何かの跡??
画像
ここにも・・・勘の良い方はそろそろお気づきでしょうか?
画像
画像
PiTaPa、そうPiTaPaトレインの名残り。 ・・・とは言ってもうっすらなので、実車を見たときは気づかず。 帰ってきてPCのモニターで確認して初めて気づきました。
画像
画像
画像
画像
701の先頭部です。
画像
トイレ前から先頭車正面を。

最終日に駆け込みでしたが、ちま吉を撮れて良かったです。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)