京津線

歴史探偵 ~びわこ号在りし日の東山三条

今年3月に大津パルコで開催されていた鉄道模型マーケットで
大津線の懐かしい写真を購入しました。
詳細については「大津線の昔の写真① (追記あり)」をご覧下さい。

その記事の中で購入した写真の紹介と場所の考察を行ったのですが、
先日、twitterで情報をいただいたので、今朝現地に赴いて来ました。

6
twitterでいただいた情報によると、
場所は「古川町と白川の間」で後方に移っているのは「前田文具店(?)」だそうです。

早速、yahoo!地図で調べると・・・



古川町通と白川の間に「紙嘉前田商店」という文房具屋さんっぽいお店があります。
さらに調べてみると創業300有余年とのことで、
古くからこの地にお店を構えていらっしゃるようでした。

早速、現地を訪れてみると・・・

「紙嘉前田商店」さんは文房具屋さんと言うより、
本当に古くから営業されている由緒あるお店でした。
お店の方に聞いてみようかと思っていたのですが、
入りづらい雰囲気でしたので、写真を撮ったであろうポイントを探します。

_MG_0014
通りの反対側からお店を撮ってみます。
ちょうどいい具合に京阪バスがやって来たので、びわこ号の代わりに入れてみました。

6_MG_0014 
並べてみます。

文房具屋さんの看板がなくなり、老舗っぽい看板に変わっています。

ここで間違いないのか自信はなかったのですが、右隣の電気屋さん。
看板こそ日立から三菱に変わっていますが、
ドアの形状は同じなので、ここで間違いなさそうです。

もう1枚。

京阪の軌道と直角に平面交差している併用軌道。
おそらく京都市電だと思われるので、東山三条の交差点と推測していたこの写真ですが・・・

6_MG_0017
望遠の関係で昔の写真の方が山が近く見えますが、
稜線の形状から判断して、東山三条の交差点に間違いなさそうです。

一方、写真の左端に移っている「うず潮」洗濯機の看板のある建物。
電気屋さんなのかな・・・と名残を探してみましたが、
特に名残は見つからず、マクドナルドに建て変わったのかとも思いましたが、
今日の写真の方で、ホテルの看板のある建物、
2階の窓の形状が同じではありませんか!

63号が休車になったのは1970年ですので、
少なくとも40年以上前の写真ですが、
探せば当時の名残が残っているのですね・・・

今日はこの2枚しか写真を持って行かなかったのですが、
他の写真についても検証してみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

きかんしゃトーマス号2009ラストラン ~京津線

今日はトーマス号のラストランに4歳の息子と行ってきました。
午前中は大津線のトーマス号の追っかけです。

大津線には山科から入りました。

_MG_9582
京阪線には各駅に七夕の笹が置かれ、短冊がかけられていますが、
京阪山科にはこのような願いのボードが設置されてました。

大谷でトンネルから出てくるトーマスを撮ろうかと思っていたのですが、
息子が同伴だったので、人が多いところ、危ないところはパスということで、
まずは上関寺へ向かいました。

_MG_9585
到着してまもなく、浜大津行きの列車が来ました。

_MG_9590
トーマス号の数分前、先行する京都市役所前行きの列車が通過。
スプリンクラーから放出される霧が綺麗です。
カーブでの車輪のきしみを軽減するために水が撒かれているそうですが、
冬場の融雪のために設置されているのかと思っていました。

_MG_9592
トーマスが来るのを待つ間に、踏切を撮ってくるわーと
息子が写真を撮りに行きました。
今日は私のお下がりの一眼レフを持参です。

_MG_9598
トーマスはさらに高い位置から俯瞰気味に撮ってみました。
600形が1年に1回、京津線に入るトーマス号のラストラン。
今年度のトーマス号についてはまだ発表はありませんが、
今年もやってくれるのでしょうか・・・

_MG_9602
立ち去り際、踏切のそばにあった機器類を眺めていると、
「大津市企業局」と書かれた箱を見つけました。
スプリンクラー関係の機器が入っているのでしょうか。
 _MG_9603
せっかく上関寺に来たので、旧国鉄東海道線の橋台跡を撮りました。
旧東海道線の廃線跡も訪問したいと思いつつ、なかなか叶いません。

折り返しは蝉丸神社・・・とも思っていたのですが、
結構大勢の方がいらっしゃったので、スルーして併用軌道の入り口へ移動しました。

_MG_9609
そこへちょうど京都市役所前行きの電車が通過。

_MG_9622
先行する浜大津行きの電車に続き・・・

_MG_9633
トーマス号がやって来ました。
一度、京津線から石山寺に直通する電車に乗ってみたいのですが、
毎回撮り鉄に回っています。

_MG_9635
併用軌道に入っていくところです。
  _MG_9637
併用軌道に入ってすぐ、信号待ちでトーマス号は止まりました。
こんなところにいつの間にか、東横インができたんですね・・・     

そして、後続の電車で浜大津へ。
暮らしっく広場で、長男たっての希望の鉄道模型運転を楽しんだあと、
トーマス号で坂本へ向かいましたが、続きは次回にしたいと思います。

応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大津線の昔の写真① (追記あり)

山科の鉄ちゃんさんからフォローしていただきましたので、
記事に追記をさせていただきました。
追記分は青字で記載しています。(2010.03.26)


昨日まで大津パルコにて大津線ミニミュージアムが開催されていました。
(開催期間を間違えていたので、修正しました。2010.03.25 12:30)
3月28日(日)まで大津パルコにて大津線ミニミュージアムが開催されています。
ミニミュージアムについては懇意にさせていただいているたけひろさんが
詳細にレポートして下さっているのでそちらをご覧下さい。

私も3月13日に行ったのですが、もう一度じっくり写真を見たかったのと
同時開催されている鉄道模型マーケットに行きたかったので、
21日(日)に再度行ってきました。

鉄道模型マーケット・・・とはいっても模型はやっていないので、
Bトレやグッズがあれば・・・と覗いてみたのですが、
大津線や江若鉄道の写真を見つけて、大興奮。
予算の都合で、江若鉄道は諦め、大津線の写真を買ってきました。

9
併用軌道を行くびわこ号61号。
右端にバス停らしいものが写っていますが、
どこか同定はできませんでした。

→『三条通りでは有りませんか、パンタグラフの位置から割り出した向きと、
行き先看板が「四宮」となっている事から推測。』

私も行き先が「四宮」なので、京都市内かなぁ・・・と思っていましたが、
パンタグラフの位置から向きを割り出すとは思いつきませんでした。

1 
こちらも61号。
蹴上駅だと思います。

8
82号とすれ違うびわこ号63号。
奥に中央信用金庫と滋賀銀行が見えますので、
東山三条駅だと思います。
 
7 
こちらも63号。
奥に見えるのは東山の山々でしょうか。
よく見ると線路や架線が直角に交わっているようにも見えます。
東山三条辺りの市電との平面交差でしょうか。

6 
この写真はどこなのか見当もつかないのですが、
63号は専用軌道を走っているように見えます。
一方、反対側の線路は併用軌道のようにも見えます。

→『専用軌道ではなく軌道敷のアソファルトの更新工事をしている時の写真です、
写真の右端の歩道に洛東自動車教習所の看板が有る、東山三条~蹴上間なのでは?』

なるほどそうだったのですね。
片側だけ専用軌道というのも変ですし、専用軌道と言い切るのも・・・?と思っていました。
これだけの情報で場所が特定できるなんてすごいですね。
 
5
このカーブの具合・・・蹴上か三条かと思うのですが、
蹴上なら奥に蹴上発電所があるはずなのに奥がごちゃごちゃしています。
三条だと奥はすぐに三条大橋のはず、民家はないはず・・・
となるといずれも外れなのでしょうか。
 
→『三条京阪なのでは?電車の行き先看板の行き先からして向かって
左に旧カーブするところ、ほかに無い。


やはり、三条京阪ですか・・・
背景の民家のように見える建物は望遠の関係で
背景のものが近くに見えているのでしょうか。

2
この写真もまったく見当もつきません・・・

→『浜大津から上栄町へ向かっているところ。』

昔の浜大津ってこんな感じだったのですね。
 
4
四宮車庫の火災後、阪急から転入した18号。
背後に見える写真屋さん『森野写真館』と読めます。
・・・ということは浜大津、現・明日都浜大津の西側あたりです。

何だか鉄腕DASHの歴史探偵みたいな企画になってきました。
 
3     
50形の55号。
これもいまいちどこかわからない写真なのですが・・・
50形って他の電車よりも縦長に見えますねぇ。

→『東山三条から蹴上へ向かって登っているか、
浜大津から上栄町へ向かっているところ。どちらか・・・。』

なるほど、緩やかに右にカーブして登っているので、いずれかっぽいですね。
大津なら札の辻あたりになると思うのですが、
保険屋さんがこの場所にあったかですね。
今度実家に帰ったら母にも聞いてみようと思います。

貴重な情報有難うございました。

自分の好きなことを好きなように書き綴っている弊ブログですが、
気がつけば、前のブログからの通算で100000カウントを超えました。
コメントをつけてくださったり、フォローしてくださったり、
応援してくださっている皆さん、いつも本当に有難うございます。
今回も私の力だけではここまで謎は解けませんでした。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。


(元記事投稿日時 2010.03.23 01:05)

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京阪京津線旧線の廃線跡をゆく② ~白川から神宮道まで

前回は古川町から白川まで歩いてきました。
今回は白川から神宮道までを紹介します。

まず、この周囲の様子ですが、下の地図を参考にして下さい。

ちなみにこの地図を左右に走る破線は左京区と東山区の区界です。
廃線跡が町の堺になっていることはよくあることですが、
白川から東、建物の真ん中を境界線が走っているのが気になります。
小川の北側に線路があり、廃線後、道路または空き地になっていたが、
建物を建てるにあたり、北側の土地と併合したのではないでしょうか。
(昔の地図に道は載っているのですが、小川がなく、
  この部分の小川と廃線跡の位置関係がわかりません)

さて、白川は地図の上中央から左下にかけて、南西の方角に流れています。
この地図の中央あたりで東から流れてきた小川と合流します。

_MG_6669
地図の左の方、枡富寮の下、
白川に南北にかかっている堀池橋から撮りました。

左に曲がって言っているのが白川の本流、
正面右手に水路が見え、その奥に民家が建っていますが、
その手前ガレージの下を小川が流れているものと思われます。

今度は振り返り、廃線跡を撮ってみます。

_MG_6670
左奥に斜めに延びているのが、廃線跡の路地。
右端に用水路?と空き地のフェンスが見えます。

話は変わりますが、地元のおばさんが川の水を汲んでいらっしゃいました。
白川は街中とは思えない綺麗な川で、
地元の方の生活と密接していることが覗えました。

_MG_6671
そして、先ほどの写真に写っているフェンスの向こうには空き地。
その左には用水路がありました。
右側の川が白川です。

意味深な三角形の空き地。
用水路の石垣なども見てみましたが、
特に鉄道が走っていた遺構などはなさそうでした。

次に、この先の廃線跡は・・・と東側の小川の方を見てみます。

_MG_6672
小川との合流地点には水路がありました。
ぱっと見た感じ、民家が建っていてこの先に川があるとは到底思えません。

_MG_6673

白川に人用の細い橋が架かっていましたので、
その橋の上から北の方を撮ってみました。

何やら堰のようなものが見えますが、
位置的、形状的に鉄道の遺構ではなさそうです。

奥に平安神宮の鳥居が見え、桜もたくさん植えられていますので、
桜の季節は綺麗でしょうね。

_MG_6674
橋を渡り、東側の小川の上にやってきました。

河原?にごちゃごちゃ植物が自生しており、
川の様子はいまいちわかりません。

その奥に白川と並行に用水路が見えます。

_MG_6675
この地点から対岸の廃線跡を望むとこんな感じです。

お宮さんの前の鳥居の右側から、
この小川の右側に線路があったと考えるのが自然でしょうか。

・・・と現地調査はここまでなのですが、
家に帰ってきて色々調べてみると、

『車両発達史シリーズ1 京阪電気鉄道』(1991年2月刊行)に
『白川とその西側の用水路には現在も石積の橋台が認められる』とあり、
日本ナショナルトラスト 鉄道サークル会報 第78号』(1996年2月)にも
『殊に、『白川』に架かる鉄橋の橋脚が片方だけ残っているのは印象的だ』
とも書かれていました。

少なくとも1990年代半ばまでは橋台があったようですが、
今は残っていないのか、私が見落としただけなのか・・・
東側の用水路の辺りが怪しいとも思いますが、
上の写真の右端をよく見ると、途中から石垣の形状が新しくなっています。
最近、護岸工事が行われて、撤去された可能性もあるかもしれません。

また桜の季節にでも伺いたいと思います。

さて、この先は道がありませんので、南側の路地を通って迂回しました。

_MG_6676
大通りに出ると、そこは神宮道です。

東側を見ると、建物と建物の間に怪しい小屋があります。
どうやらこの下に先ほどの小川が流れているようなのですが、
ここが廃線跡と判断して間違いなさそうです。

_MG_6677
一方、西側は、マンションの駐車場へ向かう通路になっています。
この左手には小川が流れています。

昔の地図によると神宮道の西側に駅があったとのことなので、
ここが神宮道の駅跡と判断して間違いないでしょう。

_MG_6678

ちなみに神宮道はバス停の名称として残っています。

神宮道バス停と平安神宮の鳥居を撮ってみました。

次回はさらに東へ、広道駅跡を探しに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪京津線旧線の廃線跡をゆく① ~古川町から白川まで

今日は以前から気になっていた京津線の旧線の廃線跡を歩いてきました。

京津電気軌道によって敷設された当時の京津線は三条通が狭かったため、
東山三条-蹴上で晩年の三条通の併用軌道より北側に線路が曳かれていました。

今回は古川町(後の東山三条)から白川までを紹介します。
こちらの地図と照らし合わせながらご覧下さい。

_MG_6706
三条から古川町までは三条通に線路が曳かれていたものと思われます。

東大路通りを超え、古川町の商店街の前あたりに東山三条駅がありました。

_MG_6659
商店街の前から北東を望むと、交差点の向こうに斜めに駐車場があります(A地点)。

_MG_6658
駐車場の奥に見えるのが、京都文教短大附属小学校だと思われます。

この裏側にまわるべく、北側の路地(B地点)に移動しました。

_MG_6662
この路地を東に歩いて行くと、北東に斜めに傾いた倉庫を発見。

_MG_6660
その反対側には斜めに傾いた白い家があります。

路地に沿って直角に家が建ち並んでいるのに、
この2つの建物だけが斜めに建っているのは不自然です。

この一角を航空写真で見てみると・・・


左下の駐車場から、この斜めの白い家、倉庫と一直線に並んでいます。
おそらく廃線跡の空き地に後から建てられた建物なのでしょう。

先ほどの倉庫の少し東に駐車場があります。

_MG_6661
古地図と現在の地図を照合すると、
この先の廃線跡はもう1本北の路地だと思われます。

・・・となると緩やかに接続させるためには、
この駐車場の奥の方を斜めに横切っていたと考えるのが妥当です。

そこでもう1本北の路地に移動してみます。

_MG_6663
路地の入り口(C地点)です。
左側は京都文教学園の敷地です。
この写真の奥の方で、廃線跡と合流すると思われます。

_MG_6664
D地点で路地は左にカーブします。
この先の路地をまっすぐ伸ばし、緩やかに南にカーブさせると
ちょうど先ほどの駐車場を通り斜めの倉庫と繋がりそうです。

_MG_6665
この路地は緩やかに左にカーブしながら東へ向かいます。

_MG_6666
この路地から横にそれたところにお地蔵さんがありました。
何か手がかりになるかと思いましたが、残念ながら手がかりはありません。

さらに進むとやがて目の前に白川が見えてきました。

    _MG_6667
そこで振り向くとこんな感じです。
緩やかに右にカーブしています。
 _MG_6668
廃線跡と思われる路地は白川の河原に出ました。
ここから白川を渡り、神宮道駅に至るのですが、
この先は次回にさせていただきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和41年の四宮車庫

シルバーウィークに実家に帰り、父の写真の整理をしていたら、
昭和41年1月28日に撮った写真が出てきました。

Epson001_2


京津線の地下鉄乗り入れに際し、四宮車庫は留置線のみになり、
この建物も撤去されてしまいました。

建物内に留置されているのは、80型。
左側が81、右側は・・・??

Epson003


車庫内に留置中の260形。
ポール時代の写真です。
前照灯が2燈のものと、1燈のもの。
扉はいずれも両開き扉です。

Epson002_3


四宮駅の様子です。
ホームは拡張されましたが、面影は残っているように思います。

他にもたくさん写真が出てきたので、
ぼちぼちスキャンしていこうと思っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の落札物 『いにしえの情景~京津線追想録~』

先日、オークションで落札しました。
『いにしえの情景~京津線追想録~』

画像
買いそびれてしまい、ずっと欲しかった本です。

京津線の御陵~三条が廃止されて、もう12年。
高3の時は、三条の塾まで京津線で通っていました。
週1回、京津線に乗るのが楽しみでした。
渋滞に巻き込まれながらも、併用軌道を警笛ならしながら
ノロノロ走る姿が好きでした。
しかも80型の連結部が大好きだったので、
四宮まで無意味に普通で帰ることもよくありました。
蹴上の浄水場の桜やツツジも綺麗でした。

今となっては何もかもが懐かしい地上時代の京津線。
地下鉄に乗り入れ、渋滞に巻き込まれることはなくなりましたが、
あの懐かしい光景をもう見ることができないんですね。
しかも地下鉄に乗客を取られ、京津線の乗客は・・・

画像
地上時代の京津三条駅の写真も載っていました。

さらにその昔はこの線路が本線に繋がっていたんですよね・・・

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)