石山坂本線

水耕農場前駅の痕跡を探して①

京阪石山坂本線の滋賀里-穴太間に水耕農場前駅がありました。

厳密には滋賀里駅が戦時中、400m穴太方に移転、
2代目滋賀里駅を名乗っていましたが、
昭和30年、元の場所に滋賀里駅が復活し、
それにあわせて水耕農場前と改称されたそうです。
昭和31年に休止、昭和49年に正式に廃止されています。

ちなみに水耕農場とは、現在のJR唐崎駅の東側に米軍キャンプがあり、
そのなかに水耕農場があったこと由来するようです。

水耕農場前駅の存在は以前から知っていたものの、
当時は廃線跡巡りの趣味はなかったので、気にも留めていませんでした。

が、先日購入した日本鉄道旅行地図帳を眺めていると、
水耕農場前駅が気になり、色々調べていると、
米軍キャンプ、水耕農場、飛行場など・・・
隣町なのに知らなかった事実がたくさん判明し、
今日は水耕農場駅跡と、大津飛行場跡について調べてきました。

まずは、大津市立図書館へ行き、古地図を見たのですが、
肝心の戦時中~戦後の地図は見当たらず、地図では確認できませんでした。

となれば、現地調査です。
気になる水耕農場駅の場所ですが・・・


現・滋賀里駅から北へ400m、滋賀里4丁目交差点、
この北東には京阪電鉄の社有地があり、資材置き場として使われています。
おそらくこの交差点に水耕農場前駅があったのではないかと推測されます。

西大津バイパスの工事に際して作られた資材置き場かと思っていましたが、
廃駅跡だった可能性があると思います。

JR唐崎駅で下車、大津飛行場跡の調査で唐崎支所を訪れ、
その後、滋賀里4丁目の交差点を目指しました。

_MG_6485
東から滋賀里4丁目交差点を目指します。

踏切の道路標識がありました。
この先の赤信号が滋賀里4丁目交差点です。

滋賀里4丁目交差点の手前には、唐崎道踏切があります。
水耕農場前の名前がどこかにないかと探しましたが、
残念ながら見つけることができず。

_MG_6488
唐崎道踏切から穴太駅の方を望みます。

現在、京阪電鉄の社有地、資材置き場として使われています。
この先は西大津バイパスの立体交差工事で大きく変わってしまっており、
昔の面影を探すのは難しそうです。

一方、踏切の南西側を見てみると・・・

_MG_6489
現・滋賀里駅からずっとブロックの上にフェンスが張られ、
その外にガードレールが設置されているのですが、
唐崎道踏切から現・滋賀里駅の方へ、数十mだけ
ブロック+フェンスがなく、ガードレールのみが設置されています。

ブロック+フェンスがいつ設置されたものかわかりませんが、
この部分だけフェンスがないのはホームがあった名残でしょうか?

_MG_6495
踏切を渡り、滋賀里4丁目交差点から、現・滋賀里駅方面を望みます。

子供の頃から不自然に思っていましたが、
交差点の南西側だけ、道路が膨らんでいます。
特に交通量が多いわけでもないのに左折レーンがあります。

ただ、この交差点の北西角には昔ながらの簡易郵便局があり、
北西側の道幅は昔からぎりぎり片側1車線の細い道でした。
  _MG_6496
唐崎道踏切の南東側には線路沿いに三角形の土地がありますが、
形状からしてここに駅があったと考えるのは無理がありそうです。

_MG_6497
別角度から(南西から北東を向いています)です。

交差点の南側は片側1車線+西に曲がる左折レーン、
北側は片側1車線であまり余裕がありません。
ガードレールのところに駅があり、
少し道が左にそれていたと考えるのが妥当かと思います。


航空写真で見てみると、交差点の南西部が膨らんでいるのが
一目瞭然ですね。

_MG_6498
さらに南から撮ってみました。

途中までガードレールの向こうにブロック+フェンスがありますが、
踏切寄りは一段高くなっているものの、ガードレールしかなく、
やはり、ここが限りなく怪しいという印象を受けました。

次回は現・滋賀里駅を訪れます。 

 にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から「大津線ミニミュージアム」開催

開業100周年企画のひとつとして、
明日3/6から3/28まで「大津線ミニミュージアム」が開催されます。

ちょうど明日は489系団体臨時列車が運転されるので、
湖西線のどこかへ写真を撮りに行こうと思っており、
大津市立図書館で調べたいこともあるので、
湖西線→浜大津→京阪膳所とハシゴしようと思います。

大津の空模様も気になるのですが、
北陸の雪の具合も非常に気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津線感謝祭 ~展示物

大津線感謝祭からもう1週間経ちました。
相変わらず更新が追いついていない感じですが、
駆け足で車庫内の様子を撮った写真を紹介します。

まずは、行先表示器。

_mg_3139


スイッチで色々変更できるようになっていました。
やっぱり「準急 三条」が懐かしくて、この幕で1枚撮りました。

_mg_3140


800系のマスコンも展示されていて、
自由に触れるようになっていました。

_mg_3141


そして検車庫の奥には803Fのロングシートが取り外され、
立てかけられていました。

800系のシートの反対側にはユニットクーラーが展示されていました。

_mg_3142


600形・700形のユニットクーラー。

_mg_3143


800系のユニットクーラー。

東西線に乗り入れるため、600形・700形のものより
かなり薄くなっているそうです。

_mg_3147


構内入替車。
アント工業製だから「アント」と呼ぶそうです。

_mg_3146


説明書きによると、連結器の高さが調節できるそうで・・・
600形・700形と800系で連結器の高さが違うとは知りませんでした。

そして80型に乗車。

_mg_3150


今年は動くことはありませんでしたが、
車内には今回も変わらず、山本清治さんの素敵な懐かしい写真や
在りし日の京津線Kカード発売告知ポスターなど、
ちょっとした展示室でした。

グッズ販売の横では懐かしいヘッドマークの展示がされていました。

_mg_3152


懐かしいのですが、京津線→石山寺の直通運転は
物心がついた頃には廃止されていて、実物を見た記憶はありません・・・

_mg_3153

今年は駆け足で、体験系のイベントに参加できなかったのが残念でした。

息子さんは、ミニトーマス号に乗車、どこに着くのかな?で参加賞の定規をもらい、
バルーンアートで風船をもらい、ミニ電焼きを食べて、大満足のようでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JAZZトレインと感謝祭ラッピングトレインを追って

一昨日、11月1日は大津の京阪電車を愛する会会員限定感謝祭で描いた
イラストでラッピングされた電車の運行最終日ということで、
あいにくの雨模様でしたが、追いかけてきました。

・・・とはいうものの、息子の七五三だったので追いかけ開始はもはや夕方。
少しでも時間短縮するため、大津京までJRで、
皇子山でおなじみ湖都古都・おおつ1dayきっぷを購入してスタート。

幸先良く、いきなり皇子山で「大津市がん検診啓発トレイン“けんしん号”」に遭遇。

_mg_3199


大津線の電車はいろいろラッピングが施されていますが、
真っ白な車体はインパクトがあります。

そして石山寺行きの電車に乗って「感謝祭」ラッピング電車を探す旅に出ました。

まず「坂本ケーブル」号とすれ違い、そのあと併用軌道で「臨時」幕の619Fとすれ違い。
噂のJAZZトレイン、実はこのすれ違いが3回目の遭遇でした・・・

この週末にJAZZトレインが運転されているという予備知識がなかったので、
感謝祭の開場を待っているときに車庫から出庫、坂本へ走っていく619Fを見ましたが、
見慣れぬ副標がついている電車、
こんな時間に坂本に向けて出庫する運用があるんだ・・・と思いながら、
子供をダッコしていた関係もあって特に写真も撮りませんでした。

家に帰って、たけひろさんのブログをみてJAZZトレインの存在を知りました。
せっかく至近距離で目の当たりにしたのに写真を撮らなかったのが、悔やまれました。

2回目の遭遇は11月1日お昼過ぎ。
この日も運転されるという情報はたけひろさんのブログで入手していましたが、
七五三なので撮影は無理と端から諦めていました。
が、七五三を終え、坂本駅の前を通るとJAZZトレインが停まっていました。
・・・とはいうものの、車で、道も狭く、後続車もいたので、
駅に撮影に行くことはできませんでした。

そんなこんなで3回目の遭遇。
車掌台の後ろに座っていましたが、
予想外のタイミングだったので、またしても写真は撮れず。

そのあとすぐをマザーレーク号が走っていたので、
このまま近江神宮前止め→入庫という流れはないだろう、
坂本まで行って折り返して来るだろうと踏み、
あわよくば折り返しを撮れれば・・・と願いつつ、さらに先へ。

しかし、JAZZトレインとマザーレーク号の車間距離の近さ。
高校時代、朝ラッシュ時に前方に電車が数珠つなぎになっているのをよく見ましたが、
久しぶりに車間距離を詰めて走っている姿を見ました。

そして錦の駅を過ぎたところで、感謝祭のラッピングトレインとすれ違い。
膳所本町で途中下車し、下り列車に乗り換え、近江神宮前を目指します。

三井寺で坂本ケーブル号とすれ違い。
順当にいくと次がJAZZトレインですが、果たして間に合うのか。
何となく無理っぽい雰囲気が漂います。

別所の駅に着こうとする時、近江神宮前の上り線にテールランプが見えました。
・・・JAZZトレインが入庫?

もはや近江神宮前まではたどり着けない、せめて後ろ姿でもと思い、途中下車。
乗っていた電車が走りすぎるともうその姿は見えませんでした。

_mg_3202


そしてその次にやってきたマザーレーク号。

次の電車で近江神宮前へ向かい、車庫の様子を伺いました。

_mg_3204


車庫のいちばん右奥に619-620が停まっていました。
電気はついたまま、人影も見えますが、副標は外されていました。

_mg_3205


前日の感謝祭で公開されていた82号は
車内に看板のようなものが立てかけられているのが見えました。

近江神宮前の駅に着くと、ちょうど感謝祭のラッピング電車がやってきました。

_mg_3208


乗務員さんの交替の時間を利用して急いで息子と私の写真を撮りました。

_mg_3209


息子の絵、703だそうです。

_mg_3211


私の絵、260形を書いたつもりですが、それにしても絵心のないこと・・・

自分の絵が電車にラッピングされるなんて、恥ずかしいですが、
その反面、自分の絵を見つけたときはやはり嬉しかったり・・・

また来年もこのような企画を立てていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 京阪線へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (1)

石坂線の踏切は多い

石山坂本線の踏切は京阪本線の踏切より多いと言いますが、
今日運転席の後ろでかぶりついたところ、
実に多いことを実感しました。

画像
京阪石山-唐橋前間ですが、 架線柱1コにつき、1つずつ踏切信号がついています。

すごいですねぇ・・・

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津線 大津京ミュージック・トレイン

今日は大津線で大津京ミュージック・トレインが運転されました。

最近、大津線の情報にはめっぽう疎いのですが、
たけひろさんのブログで紹介されていましたので、
何とか都合をつけて写真を撮りに行ってきました。

坂本-石山寺間を5往復する車内で、
JAZZなどの音楽を楽しめる列車だそうです。
湖都古都おおつ1dayきっぷ代コミで700円ですから
結構お得な企画です。
 http://www.matius-8.jp/index.php

まずは小雨降るなか、浜大津へ。

私が撮ったのは2本目、B列車。
11:55に坂本を出発した「栗東少年少女合唱団」の列車です。

画像
充当されたのは705-706の「大津京への道」号です。

本線では新塗装化に忙しいのか、
9000系や8000系の改造に忙しいのか、
すっかりラッピング列車はご無沙汰ですが、
大津線は賑やかです。

画像
交差点を渡り、浜大津駅に入っていくところです。 人影がたくさん見えます。 車内ではどのような感じなのでしょうか。

ミュージック・トレインを見送った後、
後続の石山寺行きで石山寺まで追いかけました。

画像
石山寺駅1番線に停車中のミュージック・トレインです。 石山寺駅2番線に入ろうとする電車から撮りました。
画像
石山寺方の先頭車です。
画像
降車専用ホームから。 大津京への道号の全景を撮るのは初めてでした。
画像
改札を出て、唐橋前駅の方から撮ってみました。 1番線の「団体」表示がミュージック・トレイン、 2番線の615Fが乗ってきた電車、折り返し準備中。
画像
絶滅の危機にさらされているパタパタ。 「臨時坂本行き」は貴重ですね。
画像
705号車についていた副標です。
画像
石山寺方706号車にはお客さんがたくさん乗っておられますが、 坂本方の705号車は控え室として使われているようで、 荷物や販売物が置かれており、ドアは半開きになっていました。
画像
ドアのところには飲食物の料金が書かれていました。

そうこうしているうちに2番線に次の列車がやってきて、
ミュージック・トレインは出発してしまいました。

今日は時間の都合でここまでで帰ってきました。
次の機会には是非参加してみたいです。

↓応援のクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)